プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ8区 「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」マドレーヌ店

お出かけ日和の青天が続いているパリ
春はもうすぐそこ!という感じがします。

170219-01.jpg

今週はバレンタインデーがあったので、チョコレートを調達してきました。
パリ8区マドレーヌ寺院のすぐそばにある、「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」へ行ってきました
ちょうど一年前にもこのブログで紹介しました(→こちらの記事参照)。
冬はチョコを日本へのお土産に持って帰ることができる季節ですね。

170219-02.jpg

マドレーヌ店は広くて目立つ外観です。

170219-03.jpg

個性的なチョコオブジェがウィンドウに並んでいます。

170219-04.jpg

美味しそうなチョコもズラリ
この右下のトリュフが今回のお目当て!

170219-10.jpg

購入したのは袋入りタイプ。
店内にはすでに袋詰めされたものが並んでいます。
大小2種類ありますが、これは小さい方で18粒入っていました。
一応目安として14ユーロと書いてありましたが、袋ごとに量り売りなのでレジで量ってもらいます。
これは13.92ユーロでした

170219-05.jpg

さらに試食として1粒頂きました
これは!パトリックロジェの代表作、半球型のチョコレートです。

170219-06.jpg

トリュフチョコは気温20度以下での保存が望ましいので、夏場は持ち歩きは難しいですね。
パトリックロジェでは年中販売されているそうですが、日本まで持ち帰るなら冬限定でオススメします

170219-11.jpg

お味は・・・とっても濃い
かなりビターで大人っぽい味です。
そして中のガナッシュは固めです。
こんな濃厚なトリュフは初めて食べました!美味しいです。
もし生チョコっぽいクリーミーなタイプがお好きだったら、ビター過ぎると感じるかもしれません。

ちなみに・・・

170219-12.jpg

以前食べたものですが、↑こちらは「メゾン・デュ・ショコラ」のトリュフ。
パトリックロジェに比べるとずっとクリーミーで、定番トリュフといったお味だと思います
中は柔らかめ。
または・・・

170219-13.jpg

↑こちらは「ル・ショコラ・アランデュカス・マニュファ クチュール・ア・パリ」のトリュフ。
3種類の味がセットになったものです。
どの味も個性的トリュフ!

トリュフにも色々ありますね~
また他にも食べ比べを続けていきたいです






店舗情報
チョコレート「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」 マドレーヌ店
住所:3 place de la Madeleine 75008 Paris
ホームページ:https://www.patrickroger.com/(他の店舗の詳細はこちらをご覧ください)






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オペラ


「Place Henri-Barbusse(アンリ・バルビュス)」のマルシェ

今週末はグッと冷え込んだパリ
来週は一気に気温が上がるという予報もあり暖かく感じられそうです。
寒暖の差が激しいですが、とにかく春が待ち遠しい!

170212-01.jpg

さて、今週は土曜日にマルシェに行ってきました
メトロ3番線「Louise Michel」駅下車、徒歩3分の「Place Henri-Barbusse(アンリ・バルビュス)」のマルシェです。
この駅はちょうどパリ市とお隣のルヴァロワ・ペレ市の境目付近にあり、マルシェはルヴァロワ・ペレ市に位置します

170212-02.jpg

珍しい屋内式マルシェです。
屋内式と言っても常設ではなく、オープンしているのは火・金・土・日曜日の午前中です。
土曜日の午前中に行ってみたら・・・半分以上がクローズしていました
どうやら曜日によって店舗数が変わるようです。
また別の曜日にリベンジしてみます!

170212-03.jpg

それでも一部は営業中でお客さんもたくさん。
賑わっていました

170212-06.jpg

その中で面白いお店を発見!

170212-07.jpg

↑ビオ(有機)の野菜や果物を扱うお店「Les 3b」です。
3bとは・・・「c'est bon, c'est beau, c'est bio」の3bです

170212-08.jpg

種類が豊富で珍しい野菜もたくさんあり、値段もお手頃です。

170212-09.jpg

170212-10.jpg

↑シトロン・セドラは皮が分厚いのが特徴
まるごと砂糖漬けに向いている品種で、時々フランスのお菓子屋さんで加工されたものを見かけます。

170212-11.jpg

170212-12.jpg

↑山芋まである!

170212-13.jpg

↑これはベルガモット。
ベルガモットキャンディーや紅茶のアールグレイなどで味や香りは知っていても、生のベルガモットは初めて見ました。

170212-14.jpg

購入したいものを自分で袋に取って、レジに持っていきます。

170212-15.jpg

ケールとベルガモットを買ってみました。
ちょっとお試し、という感じで少量だけ購入。
合わせて75サンチーム(笑)

170212-16.jpg

ベルガモットはドレッシングに。
オリーブオイル、塩コショウと一緒にサラダにかけました。
ベルガモット独特の香りが素晴らしい!
フレッシュなので、フルーティーでみずみずしくサラダによく合います
皮はとっておいてオレンジと合わせてジャムにしようと思います
ビオなので皮まで安心して食べられます。

170212-17.jpg

ケールはオリーブオイルと塩をかけて、オーブン(150~170度くらい)で15分ほど焼きました。
パセリのように焦げやすいので注意です。
ケールチップスの出来上がり
青汁の原料にもなっているケール。
思ったより苦味がなく、甘味があって美味しい~!

以上、アンリ・バルビュスのマルシェレポートでした






マルシェ情報
「Place Henri-Barbusse(アンリ・バルビュス)」のマルシェ
住所:Place Henri-Barbusse 92300 Levallois-Perret






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ポルト・マイヨー


卵黄の行方…「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」その2

160619-02.jpg

↑去年、このブログでご紹介した「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」

160619-03.jpg

一度見たら忘れられない、メレンゲとクリームのお菓子。
(記事はこちら

160619-04.jpg

この時の記事で次回ぜひ食べてみたい!と書いていたのは・・・
もう1つの名物、ブリオッシュ

160619-06.jpg

メレンゲ作成で使われる大量の卵白から、残りの卵黄の有効活用。
つやつやと黄金に輝くブリオッシュはメレンゲケーキと並ぶ人気商品です。

170205-10.jpg

今回は4区の店舗に行ってきました。

170205-03.jpg

商品はいたってシンプル…相変わらずのメレンゲケーキ(味は6種類)。

170205-04.jpg

そしてブリオッシュ!
今回はチョコ入りと、砂糖入りがありました(他にレーズン入りもあります)。
直径20cm以上で3.40ユーロ。
砂糖入りを購入しました

170205-05.jpg

そしてせっかくなので、メレンゲケーキも
前回は1人用サイズを試しましたが、今回はミニサイズを。
一口サイズの極小ケーキです。

170205-07.jpg

ピンクがチェリー味、白は前回も食べて美味しかったホワイトチョコ&スペキュロス味。
チェリーはこのミニサイズのみの販売です。
小さすぎて一瞬でなくなりました・・・2つじゃ足りません

170205-08.jpg

ブリオッシュ、かなり期待して頂きましたが…期待以上のおいしさ!

170205-09.jpg

しっとりとした食感も、甘めの味もとっても好みでした。
砂糖が表面にも見えていて、かなりベタベタ。
そこがまた美味しい…オススメです

 おまけ 

Aux Merveilleux de Fredはどの店舗も全面ガラス張り。
メレンゲケーキの製造風景がすぐ近くで見られます
注:音出ます



やっぱりミニじゃなくて大きいサイズを買えば良かった・・・






店舗情報
「Aux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)」
住所:24 rue du Pont Louis Philippe 75004 Paris(他にも支店あり)
ホームページ:http://www.auxmerveilleux.com/home/






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


サンポール


マレ


パリ19区 コーヒー豆焙煎所「Belleville」

美味しいコーヒー豆を求めて、パリ19区へ行ってきました
お目当ては「Belleville(ベルヴィル)」というお店です。
一般にオープンしているのは土曜日だけで、カフェではなく焙煎所です。
パリ市内のカフェやレストランにコーヒー豆を卸していて、ここ数年「Bellevilleのコーヒーを扱っています」というお店が増えました

170129-01.jpg

最寄り駅はメトロ11番線「Pyrénées(ピレネー)」駅。
駅を出たら「Avenue Simon Bolivar」という道をまっすぐ歩き、ビュット・ショーモン公園の方向へ。

170129-03.jpg

「Rue Pradier」という道を左に曲がります。

170129-02.jpg

駅から焙煎所までは500mくらいですが、周りには特にオシャレなお店もなく、こんなところに人気のコーヒー屋さんが?という雰囲気ですね
看板も出ていないので、ちょっとわかりにくいかもしれません。

170129-04.jpg

ありました!こちらが焙煎所「Belleville」。
小さな店内ですが、毎週土曜日はコーヒー豆やコーヒー器具の小売りや、コーヒー講習会(約1時間半の講習で30ユーロ、コーヒー豆1袋お土産付き)も開催されています。

170129-06.jpg

コーヒー豆の種類は全部で6種類。
今回はこちらの「La Fontaine」(300g、14.90ユーロ)を購入しました
希望に合わせて挽いてもらうこともできます。

170129-07.jpg

La Fontaineは10区にあるカフェで、このコーヒーはそこで使われているもの。
3種類の中米産のコーヒー豆がブレンドされています。

170129-08.jpg

さっそくハンドドリップでいれてみました
色が薄く見えたので、ちょっと軽いのかな?と思いましたが、一口飲んでみると味はしっかり!
とっても美味しい~大満足です。
濃いチョコレートやケーキと合わせても、負けることなく深みのある味と香りが感じられます。

もう少しフランス語が上達したら、ぜひコーヒー講習会にも参加してみたいです


 おまけ 

170129-05.jpg

ピレネー駅前からエッフェル塔が見えました。
結構離れていますが、この辺りは高台になっているので綺麗に足元まで見えます
もっと天気の良い日なら、きっとクッキリ見えると思います。






店舗情報
「Belleville」
住所:10 rue Pradier 75019 Paris
ホームページ:https://cafesbelleville.com/