プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ8区 一つ星レストラン「L'Orangerie (ロランジュリー)」

今週は年に一度の特別ディナー
2016年6月にオープンし、今年2月にミシュラン一つ星を獲ったばかりのレストラン「L'Orangerie (ロランジュリー)」へ行ってきました。

170723-03.jpg

場所はパリ8区のフォーシーズンズホテルの中です。
パリの5つ星ホテルの中でも特別に「パラス」という称号を与えられている10軒のホテルの一つです。

170723-02.jpg

パラスホテルの前でよくある光景・・・カメラを持ったパパラッチ&出待ちのファンらしき人々がいました。
結局わかりませんでしたが、この日はどなたか有名人が滞在していたようです。

170723-01.jpg

レストラン「ロランジュリー」は中庭に面した場所にあり、〝ロランジュリー=温室〟という名前の通り、ガラス張りの明るい店内もしくは屋外のテラス席が選べます。

170723-04.jpg

公式のホームページで簡単に予約することが出来ました。
http://www.lorangerieparis.com/
予約開始は60日前から。
日時を選んで氏名、メールアドレス、電話番号などを入力するだけで、クレジットカード番号の入力はありませんでした。
予約日の3日前にレストランから返信不要の予約確認メールが送られてきたので安心でした。

170723-05.jpg

メニューはアラカルトの他に、95ユーロのMENU DÉCOUVERTEコース(前菜、メイン、デザートをそれぞれ3種類の中から選択)と125ユーロのMENU DEGUSTATIONコース(前菜2種、魚メイン、肉メイン、デザート)があります。
これもホームページに掲載されているので、事前に予習してから行きました

170723-06.jpg

今回は125ユーロのMENU DEGUSTATIONコースを頂きました。
予約時間は20:00にしましたが、夏はまだまだ明るいです。

170723-07.jpg

パンはこの2種類の他にバゲットもあり、好きな物を選べます。
ほんのり温かく、どれもとっても美味しい!
この後もちろんバゲットも追加で頂きました。
フランスでは、つい「どこでもパンはそこそこ美味しくて当たり前」と思ってしまいがちですが、この日のパンは久しぶりにハッとするほど美味しいものでした。

そしてバターにご注目
「LE PONCLET」という、限られた場所でしか手に入らないフランス最高級バターです。
今までに食べたどのバターとも違う、素晴らしい風味のバターでした!

170723-08.jpg

素晴らしいお料理、順番に紹介していきますね
↑まずはアミューズ、シブレットのムース。

170723-09.jpg

前菜1、大きくて肉厚な手長エビ。
下の白い部分はお米で作った泡状のソースです。

170723-10.jpg

前菜2、スズキのマリネ。
マリネやカルパッチョというと、フランスでは紙のように薄く切った繊細なものが多いですが、これは1cm以上の肉厚な切り身。
ねっとりと噛みごたえがあり、塩が効いていて、適度なボリューム。

170723-11.jpg

魚メイン、ヒラメと貝。
魚介ソースの濃厚なこと!
ソースの中に隠れている小さな空豆もとても美味しかったです。

170723-12.jpg

肉メイン、子羊です。
付け合わせはチーズやオリーブをズッキーニの花で巻いたもの。
南仏らしく、夏の肉料理という雰囲気でした

170723-13.jpg

ようやくデザートを食べる頃になって日が沈んで空が暗くなってきました(22:30頃)。
↑デザート前の口直し、チェリーのアイス。

170723-14.jpg

そして最後に、この日最大の感動はこちらのデザートでした!
フランボワーズとミントのヴァシュラン(メレンゲとアイスのデザート)。
花びらのように薄いメレンゲが、一枚一枚綺麗に整列してアイスに立ててあります。
見た目だけでなく、味も素晴らしいものでした。
大満足です

170723-15.jpg

最後にプチフール(小菓子)も付いています。
紅茶(ダージリン、7ユーロ)も頂きました

夏休みはバカンスに入ってしまうレストランもありますが、ここは無休です
限りなく2つ星に近い1つ星と言われている「ロランジュリー」、今後ますます予約が取りにくくなりそうな予感です。






店舗情報
レストラン「L'Orangerie (ロランジュリー)」 Four Seasons Hotel George V内
住所:31 Avenue George V 75008 PARIS
ホームページ:http://www.lorangerieparis.com/

Comment

Re: ありがとうございまsita!

★risuさま

そうですね、お店のサービスや雰囲気って大事ですね^^♪
お店によっては気分屋さんのスタッフの方もいて、手を焼くこともありますが…(笑)それはそれでフランスらしい光景かもしれませんね。
risuさんの次回のパリ滞在が充実したものになりますように。
日本未上陸のお土産、たしかに重要ですよね。
最近は日本進出のスピードが速くて驚きます。
これからも色々とアンテナを張って、探していきます!

ありがとうございまsita!

パリ生活社様

お返事ありがとうございました^^
サービス&居心地が良ければ、言葉の壁も気にならないですね。以前フランスへ行った際、1人で出かけていたのですが、どこのお店へ入ってもみなさん快く接して下さいました。フランス語も英語も苦手ですが、簡単な単語は覚えて行こうと思います♪

これからも素敵なお店の紹介、楽しみにしています^^
あ、最近は日本へ出店しているお店も増えているので、フランスでしか買えないお土産になるような物があれば紹介していただけると大変嬉しいです☆宜しくお願い致します。

Re: タイトルなし

★非公開コメントさま

なんと、星を取る前にL'Orangerieに行かれたんですね!
オープンして間もない頃ですね~^^
本当におっしゃる通り、サーヴィスの方々も素晴らしい接客でした。
食事はもちろんのこと、雰囲気も楽しめましたし、温かいおもてなしで「また行きたい!」と思わせる素敵な時間でした。
ご友人の方も予約されているんですね。
人気があるのがわかります。
またぜひぜひ行きたいレストランです♪

Re: 言葉について

★risuさま

コメントありがとうございます!
いつもブログを見て下さっているとのこと、励みになります^^
こちらのレストランですが、フランス語/英語どちらでもOKでした。
実は私もフランス語はほとんど話せません(^^;)
英語も苦手です。。。
お店の方とのやりとりは簡単なフランス語と英語を混ぜながら、なんとか意思疎通できた(?)と思います。
ただ食材だけはわからないまま注文したくなかったので、事前にHPで予習してから行きました。
でもこちらのお店の方はとてもフレンドリーで、ニコニコ気さくな雰囲気で、言葉の壁も気にならないような接客をして下さいました。
緊張することなく、リラックスして食事を楽しむことが出来ました。
挨拶や「美味しかったです」などはフランス語で言えるようにしていますが、特に構える必要はないお店だと思います!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

言葉について

突然のコメント失礼します。いつもブログを楽しみに拝見しています^^
こちらのレストラン、とても素敵ですね!HPを見てみたのですが、私でもできそうなので、今度フランスへ行く機会があったらぜひ伺ってみたいなと思っています。ただ、私はフランス語が話せません。英語も得意ではないのですが、大丈夫でしょうか?いつも素敵な情報をお伝えしていただき、早くフランスへ行きたくて仕方ありません。アパルトマンも機会がありましたら利用したいです。今後も、いろいろな情報を楽しみにしています♪スタッフの皆様ご自愛の上、お過ごしください。
非公開コメント