プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

Meaux(モー)のマルシェレポート 2017春

先週の土曜日、毎年恒例パリ郊外のMeaux(モー)のマルシェへ行ってきました。

170430-01.jpg

パリ東駅から約25分で行けます。
過去のレポートはこちら→2013年その1その22014年2015年2016年春2016年秋
詳しい行き方や地図は2013年その1&2を参考にして下さい

170430-02.jpg

↑パリ東駅。
Meaux駅はパリを中心としたイルドフランス圏内の「5ゾーン」に位置するので、定期券Navigoが使える範囲です。
パリ市内と同様、改札でピッとタッチして郊外行きの列車に乗車することが出来ます。

170430-03.jpg

切符を購入する場合は券売機か、もしくは・・・

170430-04.jpg

窓口へ。
東駅からモーまで片道8ユーロです。

170430-05.jpg

モーのマルシェに到着しました。
着いたのは9時半頃。

170430-06.jpg

まずは一番にアスパラガス農家のブースへ!
のんびり1周まわってからだと売り切れてしまう場合があるので、アスパラをお求めの方は最初に購入することをおすすめします。

170430-15.jpg

ホワイトアスパラは太さによって値段が違います。
16mm~22mmが一番太くて高級品!
キロ当たり7.90ユーロです。
1キロ(13本)購入しました

そしてなんとグリーンアスパラがちょうど私の前の人で売り切れてしまいました・・・
遅かった・・・もう1本早い電車に乗るべきでした!
来年の自分に肝に銘じました。

170430-07.jpg

こちらも毎年恒例、キノコ農家。
マッシュルームが中心ですが、季節によってそれ以外のキノコも取り扱っています。
去年シイタケがとても美味しかったので、今年も購入
パリ市内のスーパーで買うシイタケより風味が豊かで素晴らしいです。

170430-12.jpg

日本のシイタケと似ているようでちょっと違います。
香りや味は日本のものと近いですが、食感は柔らかくまるでセップ茸(ポルチーニ)のようで洋風です。
ぜひ味わってみて下さい。

170430-14.jpg

モーまで来たらやっぱりチーズ「ブリー・ド・モー」は外せません。
今年は柔らかいタイプを選びました。
毎日少しずつ食べていますが、徐々に熟成が進んで変化していくので面白いです

170430-09.jpg

春の果物と言えば・・・イチゴ。
特に風味が良いと言われるフランス・ガリゲット種のイチゴもありました。

170430-10.jpg

1パック(500g)で2.99ユーロ。
2パックで5ユーロ。
あら、お得~と思って「2パック下さい!」と言ったら、お店の人「3パック買ったら6ユーロにするよ!」と言うではありませんか。
結局3パック購入しちゃいました
予定外にもイチゴ1.5キロで荷物ずっしり…

170430-11.jpg

買ったもの大集合。
左上に写っているのはにんにくですが、これも春が旬の「新にんにく」。

170430-13.jpg

↑左が普通のにんにく、右が新にんにく。
春になると登場する新たまねぎや新じゃがいもと同じく、フレッシュで水分の多い新にんにく。
表面の皮までしっとりしていて、中心に芯がありません。
普通のにんにくより甘くて香りが柔らかいのが特徴です。
丸ごとアルミホイルで包んでオーブンで焼いて食べました
これも今だけ、春の味覚です。

170430-16.jpg

以上、今年のMeaux(モー)のマルシェレポートでした。


春のベルギー旅行 後編 お土産いろいろ

先週のつづき…春のベルギー旅行・後編です。

170423-01.jpg

楽しみにしていたお買い物の一つ、ジュドバル広場の蚤の市へ行ってきました
パリからの国際列車「タリス」が発着する「Bruxelles-Midi」駅から歩いて15分程度のところにあります。

170423-02.jpg

ジュドバル広場の蚤の市は、朝7時頃から毎日開催されています。
季節や天候によって出店数やオープン時間が多少前後するようです。
今回は4月上旬で、朝8時~10時半にかけてゆっくり見てまわりました。
お天気も良かったのでたくさんの人でにぎわっていました

170423-03.jpg

掘り出し物いろいろ。
ベルギー製品だけでなく、フランス製品もたくさん混ざっていました。

170423-04.jpg

時計(正確に動きます)は8ユーロでしたが、他は全て3ユーロ以下
もちろん梱包材(プチプチや新聞紙)持参です。
これからどんどん暖かくなって、蚤の市の楽しい季節ですね♪

170423-05.jpg

また、散策中にたまたま発見したこちらのお店もおススメです。
キッチン用品の「International Home of Cooking」。
ブリュッセル(と近郊)に2店舗あり、住所は以下の2つです。

・Rue Leopold 3 B-1000 Bruxelles Belgique

・Chaussee de Charleroi 10 B-1060 Saint-Gilles Belgique(←今回行ったのはこちらです)

170423-06.jpg

パリでもこんなに品揃えの良いキッチン用品のお店は見たことがありません!
調理器具、カトラリー、プロ用、業務用、、、広い店内に世界中から集められたキッチングッズが並んでいます。

170423-07.jpg

パリで探しても見つからない、ドイツの鉄フライパンturk(ターク)もありました。
ずっと欲しかった大きさのものがちょうどあったので購入!

170423-08.jpg

手入れの仕方を書いた紙も付けてくれました。
とても丁寧でしっかりしたお店でした

最後にお菓子のお土産いろいろ・・・

170423-09.jpg

ベルギーのチョコと言えば、ピエールマルコリーニ。
パリにも(日本にも)店舗があるので、そんなにありがたみはないかもしれませんが
このギモーヴ(マシュマロ)チョココーティングは大好きで、買わずにはいられない!

今回初めてチョコなしギモーヴのみのバージョンも買ってみたのですが、、、やっぱりチョココーティングされている方が美味しいです。
ギモーヴ自体は同じですが、コーティングされている分しっとりしていて柔らかいんです

170423-10.jpg

こちらも以前買ったことのあるベルギー名産ジャム。
フルーツを煮詰めて作られている、素朴なペーストです。
2種類購入しました。
右側は砂糖なしタイプ。
スーパーで買うことができます。

170423-11.jpg

こちらのスペキュロス(スパイスクッキー)もスーパーで購入。
実はパリでは特別に美味しいという扱いをされているので、ずっと気になっていました。
ベルギーでは普通にスーパーで並んでましたけど、、、
味は期待できます!

以上、ベルギー旅行お土産いろいろでした






国際列車タリスのチケット予約代行もパリ生活社で承っております。
詳しくはこちらのページをご覧下さい→http://www.paris-seikatsu.com/yoyaku.html



春のベルギー旅行 前編 フォロン美術館&壁画

先週末、ベルギー旅行に行ってきました!
ブログでは前編・後編2回に分けて、ご紹介します。

170417-01.jpg

パリ北駅から国際列車タリスに乗って、約1時間半でブリュッセルに到着します。
↑朝6時の北駅タリス乗り場。
セキュリティーチェックがあるので、乗車前は行列が出来ています。

170417-15.jpg

ベルギー旅行については2014年の冬にも記事にしました。
こちら参照→「前編 ムール貝食べ比べ♪」「後編 フォロン美術館 」

そのとき訪れた「フォロン美術館」に再び行ってきました!
ベルギー人画家、ジャン・ミッシェル・フォロンの美術館です。
行き方は以前の記事を参考にしてみて下さい。
同じルートで行きましたが、特に変更はありませんでした
さらにブリュッセルにて、フォロンの壁画も見に行ってきたので合わせてレポートします。

170417-06.jpg

まずは「フォロン美術館」。
広大な敷地の公園内にあるので、美術館に着くまでの自然散策も楽しいです。

やっぱり春は気持ちいい!!
前回は真冬だったので、景色が全然違います。
ちょうど見頃の桜もたくさんありました。

170417-07.jpg

公園内にはお城もあります。

170417-08.jpg

15分ほど歩いて、フォロン美術館に到着です。
↑こちらは美術館の建物の中。
写真を撮っていいのはここまでです。
館内は撮影禁止なので写真はありませんが、子供から大人まで楽しめる美術館なのでとてもオススメです
家族連れで遊びに来られている方もたくさんいました。

170417-09.jpg

さてもう1つ、フォロンの作品はブリュッセルの中心部にもあります。
メトロ1番線の「Montgomery」駅に行ってきました。

170417-10.jpg

駅前に噴水があり、近辺はとても優雅な住宅街でした。

170417-11.jpg

地下のエスカレーターの正面、改札に入る手前に壁画があります。
ブリュッセル中心部と言ってもこの駅は観光地ではないので、観光客の姿はほとんどありません。
地元の方ですら「え?この絵ってフォロンだったの?」と驚かれていたくらい、地味なところです(笑)。

170417-12.jpg

プレートはなぜか改札の内側にあり、壁画からちょっと離れています。

170417-13.jpg

影になっていて見えにくいのですが、絵の右下にフォロンのサイン・タイトル「Magic City」・1974年11月と書かれています。

170417-14.jpg

フォロンお好きな方、美術館と合わせてこちらの壁画もぜひお忘れなく・・・
フォロンの大ファンである私は両方見ることができて感激でした。

また来週、春のベルギー旅行 後編に続く・・・






国際列車タリスのチケット予約代行もパリ生活社で承っております。
詳しくはこちらのページをご覧下さい→http://www.paris-seikatsu.com/yoyaku.html


Meaux(モー)のマルシェレポート 2016秋

ちょうど1週間前にパリは夏時間から冬時間にかわり、ググッと気温も下がってきました。
冬のはじまりですが・・・食べ物はもう少し秋の味覚を楽しみたいところ!

161106-01.jpg

毎年春に訪れているMeaux(モー)の街のマルシェへ、昨日買い出しに行ってきました
毎週土曜日に開催されているこのマルシェですが、秋に行ったのは初めてです。
パリ東駅から約25分で行けます。
(モーへの行き方はこちらの過去記事からどうぞ→2013年2014年2015年

161106-02.jpg

8時50分頃東駅を出発する電車に乗って、9時15分にモー駅に到着。
川沿いを歩いてマルシェまで

161106-03.jpg

規模の大きいマルシェではありませんが、パリでは普段見かけないような種類の野菜が豊富で、しかもパリよりもずっとお買い得
お気に入りのマルシェです。

161106-04.jpg

到着してすぐにきのこ専門店へ!行列が出来ています。
私の今回の一番のお目当てはキノコ、中でも「ジロール」を求めて来ました。
売り切れちゃう前に早めに買っておきます。

161106-05.jpg

ジロール茸は高級きのこの一つ。
もちろんパリでもあちこちで見かけますが、今年はお値段が高すぎる気がして手が出ませんでした
キロ当たり30ユーロ前後のものが多いです(例年は20ユーロ前後でも見かけるのですが、私は見つけられず)。
ここ、モーのマルシェではキロ当たり20ユーロ。
張り切って400g
シイタケも美味しそうだったので300g購入(キロ当たり12ユーロ)。
合わせて7.60ユーロ。
よく考えるとこの量でちょっと安すぎですね、お兄さん計算間違ってたみたいです、、、

161106-06.jpg

このきのこ屋さんの向いに、りんご&洋梨専門店もあり、こちらも人気です。
お店のおじいちゃんに「とってもとっても美味しい!おすすめ!!」と言われ、洋梨を2個買いました
この洋梨が信じられないくらい味が濃くて、本当に美味しかったです。

161106-07.jpg

前回も買ったクレソン(1束2ユーロ)も購入。

161106-08.jpg

そして最後にお昼ごはんを調達
↑こちらのお店はチキングリルの他に、テイクアウトの食事も豊富です。

161106-09.jpg

大きな鉄パンで3種類の屋台料理が並んでいました。
マルシェで定番の「パエリヤ」「シュークルート」、そして「Tartiflette(タルティフレット)」。

161106-14.jpg

タルティフレットはフランスの冬の定番チーズ料理!
もともとはサヴォワ地方のもので、グラタンのようなものですがとにかくチーズの量が多いです
このお店はじゃがいもは「ノワムーティエ使用」と書かれていました。
おいしいじゃがいもの代表ですね。

161106-11.jpg

一人分下さい、とお願いしてこんな容器に入れてもらいました。
量り売りだったので575gで5.60ユーロでした

161106-10.jpg

買ったもの大集合
お昼ご飯はタルティフレットを温めなおして、クレソンと一緒に頂きました。

161106-12.jpg

チーズが濃厚で、ベーコンとじゃがいももズッシリと重いので、サラダなどを付け合わせると食べやすいと思います。
色んな種類のチーズが入っていました。
美味しかったです

今日の夕食はきのこスパゲティです…秋の味覚を堪能します
以上、モーのマルシェレポート(2016秋)でした!


 おまけ 

161106-13.jpg

ギャラリー・ラファイエットにツリーが登場しました
今年はまっしろツリーです。

Meaux(モー)のマルシェレポート 2016春

160501-01.jpg

ここ数年春になると買い出しに行く、パリ郊外の街「Meaux(モー)」のマルシェ
今年はすでに4月16日と30日の2回行ってきました。

160501-02.jpg

毎年恒例になりましたが、春の食材をレポートしますね。
(モーへの行き方はこちら→2013年2014年2015年
パリ東駅から約25分で行けます

161106-01.jpg

まず4月16日に行ったときのこと。
モーと言えば「ブリー・ド・モー」。
↑こちらのGANOTさんのお店で選びます

160501-04.jpg

↑今回はこちらの乾燥タイプにしました。
通常のブリー・ド・モーをさらに熟成させて、セミハードタイプのチーズにまで乾燥させたものです。
白いブリーに対して「Brie Noir(黒いブリー)」という名前です
4分の1カットで4ユーロのものを購入。

160501-05.jpg

こちらも毎年買っているキノコ専門店。
このマッシュルームの食感と美味しさは別格です
500gで1.60ユーロ。

160501-06.jpg

クレソンも今が旬ですね。
こんな大きな束(約450g)が2ユーロ
ほどよい辛みでとっても美味しかったです。

ここで、一番のお目当てと思っていたアスパラガス農家のブースがないことに気づきました…
とっても楽しみにしていたのに、ちょっと時期が早かったからか出店していませんでした。

160501-07.jpg

というわけで、その2週間後の土曜日4月30日にリベンジ!
再びモーへ行ってきました。
16日にはなかったリンゴ農家のブースもあって、ますます賑わっていて嬉しかったです

160501-08.jpg

アスパラ農家も来ていました!
良かった~と思ったら、ホワイトアスパラしか見当たりません。
「グリーンは来週ね」と言われてしまいました
ホワイト&グリーンアスパラ両方買うつもりでいたので、残念。
この日はホワイトアスパラ500g(4.10ユーロ)だけ購入しました。
こうなったら来週も頑張ってモーまで行くしかないですね(笑)

160501-09.jpg

またまたマッシュルーム500gも購入

160501-10.jpg

前回買ったクレソンもあっという間に食べ尽くしてしまったので、これもまた購入。
ポタージュを作ろうと思います

160501-12.jpg

今回の戦利品、どれも美味しくて大当たり

160501-13.jpg

マッシュルームはあまり小さく切らない方が、噛んだときのはじけるような食感が楽しめると思います。
オリーブオイル・にんにく・塩コショウで、フライパンでじっくり炒めました

160501-14.jpg

ホワイトアスパラは春の野菜の王様ですね
最高~に美味しかったです。

以上、モーのマルシェレポート(2016春)でした!


桜の名所「Parc de Sceaux(ソー公園)」 2016

以前もこのブログで記事にした「ソー公園でピクニック
2012年に書いたものなので、4年も経っていたとは…久しぶりに桜の時期のソー公園に行ってきました。
RER・B線に乗って、パリ市内から20~25分です。
駅から公園まですっかり道順を忘れていたので自分で描いた地図を見ながら歩きました。
描いておいて良かった(笑)

160424-01.jpg

きれいに整備されたソー駅前。
パリは今、桜の季節でもありますがチューリップも同じくたくさん咲いています

160424-02.jpg

駅から歩いて10分ほどでソー公園の北の入口です。

160424-03.jpg

とにかく広いソー公園!
入口を入ってから桜のポイントまで歩くこと10分以上・・・

160424-04.jpg

到着しました
ちょうど満開です。
雨続きの天気予報なので、今後は徐々に散っていくと思います。

160424-05.jpg

日本の桜とは品種が違い、随分雰囲気も違いますね。
何だか力強い・・・

160424-06.jpg

勢いありすぎて怖い!という意見もありますが、私は結構好きです

160424-07.jpg

平日の午前中に行ったので人の数も少なく、のんびり見ることが出来ました。
土日にはお花見のレジャーシートを広げてピクニックする人で一杯になります
↓満開の中、1本だけまったく花をつけていない桜がありました…不思議

160424-08.jpg

ソー公園の桜の見頃はだいたい例年4月中旬~下旬です。
日本と同様、年によってその時期が多少ずれることもあります

桜観賞を終えて、再び駅の方へ戻ります。

160424-09.jpg

Rue Houdanの商店街を散策。
お目当ては、4年前に見て気になっていたお惣菜MICHEL BALLEREAUさんのお店です
お店の名前は「AU PORCELET ROSE」と言います。

160424-10.jpg

美味しそうなお惣菜がズラリ
このお店は「M.O.F.」という称号付きのお店。
MOFとは「Meilleur Ouvrier de France」の略で、日本語では国家最優秀職人賞と呼ばれるものです。
美味しいお店を見つけるときの基準の一つです

160424-11.jpg

中でもこちらの「Fromage de tete」は2007年に金賞を受賞したものです
フロマージュと言ってもチーズが入っているわけではなく、豚の頭肉を細かくしたものをジュレで固めたものです。
冷たい前菜としてフランスの定番惣菜です。

160424-12.jpg

試食を頂いたら、すっごくおいしい!!
1スライス250g購入しました(4.96ユーロ)。

160424-15.jpg

ゴロゴロとお肉が入っているので、食べ応えがあります。
テリーヌやパテとはまた違った美味しさがあるので、好きな方にはとってもおすすめです

最後に・・・
4年前の地図を持って自分で歩いてみたら、ちょっとわかりにくい部分もあったので
ソー駅からソー公園までの道をクローズアップして描いてみました。
良かったら参考までに(クリックすると拡大します)。

160424-17.jpg


パリからドイツへ小旅行・後編 Max Ernst(マックス・エルンスト)美術館

先週の「パリからドイツへ小旅行・前編」の続きです。
アウグストゥスブルグ城のとなりに「Max Ernst(マックス・エルンスト)美術館」があります

160319-15.jpg

マックス・エルンスト(1891-1976)は、ここドイツ・ブリュール生まれの画家・彫刻家です
絵画は油絵の他、コラージュなど様々な技法を用いた画家として知られています。
パリに拠点を置いていた時期もあり、パリで亡くなりました。

160327-01.jpg

日本では全国で展覧会が開催されたこともありますが、あまり知名度は高くないかもしれません。

160327-02.jpg

美術館の外にはこんな彫刻もあります

160327-03.jpg

マックス・エルンストの常設展はとっても空いていて(閑散としていて)、のんびり観賞することが出来ました。
静かでとても良い美術館です

160327-04.jpg

実はこのとき同時に企画展として「ティム・バートン展」が開催されていました
こちらはかなりの混雑!!
ジョニー・デップ主演の映画(シザーハンズやチャーリーとチョコレート工場などなど)でおなじみの映画監督、アーティスト。
ティム・バートン風のコスプレをした人が大勢集まっている光景はちょっとびっくりでした
ドイツのこんな小さな街に・・・マックス・エルンストの存在感を圧倒しています(笑)

160327-05.jpg

↑ティム・バートンのキャラクターをカバンにつけているマニアな若者も・・・

160327-06.jpg

美術館を観賞した後は、ブリュールの街を散策しました

160327-11.jpg

Brühl Mitte駅の近くは商店街になっていて、とてもにぎわっています。

160327-07.jpg

「CAFE GUGLHUPH」というお店のウィンドウには2013年に金賞を受賞したシュート―レンが並んでいました
マルシェも発見(この日は土曜日でした)。

160327-12.jpg

お腹がすいてきたので、屋台でお昼ごはん調達

160327-08.jpg

焼き豚サンド、豪快にお肉がサンドされています(4.50ユーロ)。

160327-09.jpg

プリプリのマッシュルームにたっぷりクリームがかかったもの(4.50ユーロ)
じっくり油で火を通してあったので、マッシュルームはかなりオイリーでしたが、、、やみつきになる美味しさでした!

160327-10.jpg

帰りはこちらの「Brühl Mitte」駅からケルンに戻りました
行きは「Brühl」という駅でしたが、2つの駅は歩いて15~20分くらいの距離です。
どちらもケルンから電車が出ています。

160319-03.jpg

以上、ドイツの小さな街「ブリュール」散策でした


パリからドイツへ小旅行・前編 世界遺産のアウグストゥスブルグ城

冬のはじめに、パリからドイツへ小旅行へ行って来ました。
ドイツ旅行と言えば・・・このブログでも「デュッセルドルフ(→その1その2)」と「ケルン(→こちら)」を紹介したことがあります。

160319-01.jpg

パリ北駅から国際列車「タリス」1本で行けるという便利さもあって、すっかりドイツリピーターになっています
今回はケルン近郊の街「Brühl(ブリュール)」まで足を延ばしました。

160319-02.jpg

朝早くパリ北駅を出発し、モクモクとした煙突の工業地帯が見えてきたらもうケルン近く

160319-03.jpg

約3時間20分でケルン駅に到着です

160319-04.jpg

ちなみにケルンはビジネス都市でもあるため、利用者も多く大きな駅です。
コインロッカーも設置されています。
まるで立体駐車場のように荷物が吸い込まれていくタイプのコインロッカー
料金はまず4ユーロを入れて2時間分、それを超えると24時間まで7ユーロ(残りの3ユーロは荷物を取り出すときに払います)。

160319-05.jpg

そしてケルンからはローカル線に乗り換えです。
券売機で切符を買いました。
↓これは大人用4回券、目的のブリュールまで2人で往復することもできます
ゾーンによって料金が変わります。

160319-06.jpg

ケルンからブリュールまでは約15分

160319-07.jpg

あっという間にブリュール到着です。

160319-08.jpg

駅を出るとすぐ目の前にお城が!

160319-09.jpg

ケルンからわずか15分なのに、緑に囲まれた静かな街にやってきました。
このお城は「アウグストゥスブルグ城」、世界遺産に登録されています

160319-10.jpg

私は中には入りませんでしたが、内部の見学は案内ツアーのみ可能です。
案内はドイツ語ですが日本語オーディオの貸し出しがあります。

160319-11.jpg

お城の後ろ側にまわると、広い庭園があります

160319-12.jpg

敷地は広く、並木道もあり、森のようです。

160319-13.jpg

着いたときは曇っていましたが、だんだん晴れ間が出てきて明るくなってきました

160319-14.jpeg

池の水面に映るお城も美しい
1時間ほどのんびり散策しました。

160319-15.jpg

この後は、アウグストゥスブルグ城のすぐ横にある美術館へ行ってきました!
ドイツ旅行後編に続く・・・



今年もMeaux(モー)のマルシェへ行きました!

毎年この時期に行く、パリから列車で30分の「Meaux(モー)」の街
毎週土曜日に開催されているマルシェへまたまた今年も行って来ました!
去年も一昨年も行ったので3回目です。

150524-01.jpg

詳しい行き方は過去の記事を参考にして下さい。
2013年その1その22014年

150524-02.jpg

今年も東駅から出発。
所要時間の短い急行列車に乗って、25分で到着です
↑8:51発の「Château Thierry」行きに乗りました。
これだと東駅からモーまでノンストップです。

150524-04.jpg

今年はさらに気合いを入れて、保冷バッグも持参
保冷剤がなかったので、氷を入れたジップロックを中に。

150524-05.jpg

モーに到着。
ここから川沿いを歩いて10分ほどでマルシェが見えてきます

150524-06.jpg

マルシェは相変わらず活気がいっぱい
週末の買い出しのお客さんで多くのお店が行列になっています。

150524-07.jpg

今年はイチゴのブースを発見
去年や一昨年にはなかったので嬉しい!
でも前にあったりんご専門店は今回は見当たらず・・・
開催日によってお店も少しずつ変わるようです。

150524-08.jpg

一番お目当てのアスパラは今回もありました。
ここも行列で大人気です
500gで4.20ユーロ。

150524-09.jpg

今回はお肉も購入。
真ん中の豚肉「Cotelettes(コートレット、骨付き背肉)」を2枚買いました。
約440gで5.74ユーロ。
シンプルに塩コショウで焼くだけでとってもおいしいんです
我が家ではステーキと言えば牛ではなく豚をよく食べます。
質の良い豚肉はしっとりして、まろやかで、まるで仔牛肉のようです。

150524-11.jpg

ここのキノコも忘れられない味でした!
ギューっと凝縮されたような食感と味は、この1年どこのブラウンマッシュルームを食べても
味わえなかったものです
500gで1.50ユーロ。

150524-12.jpg

そしてもちろんモー特産のチーズ「ブリー・ド・モー」も購入
去年と同じくガノーさんのお店で約400g5.75ユーロ。

150524-16.jpg

他にも鶏肉屋さんでレバーと砂肝も購入。
ショウガと一緒に和風に煮るのが好きなので、良い鶏肉屋さんがあるとついつい
買ってしまうんです

150524-13.jpg

イチゴは2パック(1.2kg、7.30ユーロ)買って正解!
珍しく甘くて、まるで日本のイチゴみたいでした。
大量にあったので2瓶ジャムを作りました

150524-14.jpg

豚ステーキをメインに、ホワイトアスパラ、オーブンで焼いたマッシュルーム、レバー&砂肝煮もあって
豪華な夕食になりました
食後にチーズとイチゴも。
どれもとってもおいしくて、大満足です。

他の季節にはどんな専門店が入っているか、とっても気になります、、、
また秋頃行ってみようかな?!と計画中です

以上、モーのマルシェレポート2015でした



ブリュッセル1泊旅行 後編 フォロン美術館

先週に引き続き、ベルギー旅行レポート後編です。
ブリュッセル郊外にある、フォロン美術館へ行ってきました

141129-20.jpg

ベルギー人画家、ジャン・ミッシェル・フォロンの美術館です。
日本に住んでいたときは名前も知らなかったのですが、パリに住むようになってから彼の
絵を色んなところで見かけるようになりました
明るく優しい色を使って、メルヘンな世界やときにはちょっとシュールで毒のある世界を
描いています。

141206-20.jpg

古い切手を趣味で集めているのですが、フォロンの切手もよく見かけます。
レストランでポスターが飾られていたこともありますし、ヨーロッパではとっても身近な画家のようです。
そしてパリ生活社のアパートの一つ、「サンジェルマン」にはフォロンの版画が2つ飾られています!
お部屋をご利用になる方はぜひ見てみて下さい、とっても素敵な雰囲気の作品です
ホームページ内の室内写真にも1枚写っていますね。

141206-01.jpg

順番に行き方から紹介していきます。
ガイドブックにはあまり詳しく載っていないので、たどり着くのは難しい!と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、本当に素敵な美術館&公園だったのでとてもオススメです
この情報がお役に立てますよう、できるだけわかりやすく書けるといいのですが、、、

私はパリからのタリスが発着する駅「ブリュッセル・ミディ駅」から出発しました。
↑上記の写真は駅の東側にあるトラム&バスの停留所です。
ここから81番トラムに乗って、Flagey広場まで行きます

141206-02.jpg

チケットを車内で刻印するシステムはパリと同じですね
ブリュッセル内のメトロ、バス、トラムの路線図や時刻表はこちら↓のページで検索できます。
http://www.stib-mivb.be/

141206-03.jpg

20分ほどでFlagey広場に到着!
土日はマルシェが開かれていて、とっても活気がありました~
パリでは見かけない、めずらしい野菜がたくさんあって見ていて飽きません。
芽キャベツって、こんなふうに一つの茎にぎっしり付いて出来るって知ってました?
これを見たときは衝撃でした(笑)
ちなみに芽キャベツは今が旬で、パリでもとってもおいしいです

141206-04.jpg

そのFlagey広場の近くに、郊外へ向かうバス停があります。
ここから366番のバスに乗ります
要注意なのは、このバス行きも帰りも1時間に1本しかありません!!
こちら↓のページで時刻表を検索できます。
http://www.infotec.be/

141206-05.jpg

ちゃんと時刻通りにバスが来ました♪
このバス停の名前は「Ixelles,Flagey(Etangs)」です。

141206-06.jpg

↑こちらがチケット。二人で6ユーロでした。
チケットは行き先を言って運転手さんから買います。

141206-08.jpg

25分ほどで、公園の入口に到着。
バス停の名前は「La Hulpe,Etangs Solvay」です

141206-09.jpg

ここはFerme du Château de La Hulpe(ラ・ユルプ城農園跡)という大きな自然公園です。
入口にあった看板に書かれている通り、フォロン美術館まで徒歩20分

141206-10.jpg

公園に一歩入ると、そこは素晴らしい空間でした
天気が良くて、気持ちいい~!
1キロほど歩くので、お天気はかなり重要だと思います。

141206-11.jpg

歩いていても、とても景色がきれいなので飽きません。
本当にのんびりとした素敵な公園でした
ちょうど紅葉もきれいに見えました!

141206-12.jpg

歩いていて分かれ道に来たら、ちゃんと「フォロン美術館はこちら」という看板があります。

141206-13.jpg

20分後、ようやく美術館に到着です。
フォロンさんの作品がお出迎え

141206-14.jpg

併設のカフェもあって、美術館観賞も合わせてゆっくりできる場所です。
カフェは店内もテラス席も広くて、意外にも家族連れがたくさんいて賑わっていました。
地元の人の憩いの場所という感じです
ちなみに私たちが到着したのは13時頃だったのですが、ちょうど美術館のスタッフの方々の休
憩時間だったようで、「すぐ戻ります」のメッセージがかかっていました。

141206-15.jpg

美術館の周りにもフォロンさんの作品がポツポツとありました。
15分ほど待って、スタッフの方が戻ってきたので美術館に入りました。
じっくり見て所要時間2時間ほどだと思います
中は意外と広くて、フォロンさんの世界をそのまま空間にしたような趣向を凝らした内容です。
こんなにこだわって作られた美術館はかなり珍しいと思います!
個人的に、私が今まで訪れた美術館の中で一番素敵な空間でした

141206-19.jpg

撮影禁止だったのでお見せ出来ないのが残念ですが、、
↑最後にポスターを1枚(12ユーロ)、カードやマグネットも購入しました。
家に帰ってからもこれを眺めてフォロンの余韻に浸っています

141206-16.jpg

帰りはまた公園の入口まで戻り、1時間に1本のバスに乗ります。
↑こちらの銅像は公園を出て左側のロータリーにありました。
美術館の前に立っていたものと似ているけれど、、、微妙に違います!

141206-17.jpg

帰りのバス停は公園を出て右手、少し坂をくだったところにあります。

141206-18.jpg

行きと同じく終点のFlagey広場まで乗りました
広場からはブリュッセル・ミディ駅方面のトラムの他に、セントラル駅へ行くバスなどもあります。
土曜日の夕方はとっても混んでいました

以上、ブリュッセル郊外の「フォロン美術館」レポートでした。
またいつか、あの広い公園と美術館に行きたいです!
何度でも行きたくなるような、本当にお気に入りの場所になりました







国際列車タリスのチケット予約代行もパリ生活社で承っています。
お気軽にご相談下さい。