プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリのお花屋さん No.12 1区「Vertumne(ヴェルチュム)」

久しぶりにお花屋さんの紹介です
パリ1区という中心地とは思えない、ひっそりとした小道にあるお店「Vertumne(ヴェルチュム)」。

160703-02.jpg

以前から通りかかるたびに素敵だなぁと気になっていたところでした。

160703-01.jpg

初めて店内に入りましたが、とっても素敵
お花が映えるような壁のペイント、、、独特の雰囲気が作られていました。

160703-03.jpg

お店の方に30ユーロ以内でブーケを作ってほしいことを伝え、店内のお花をじっくり観察。

160703-04.jpg

バラ、アネモネ、カーネーション・・・などなど季節のお花が豊富

160703-06.jpg

迷っているうちにど~んと大量の芍薬が登場して、これもまた素敵

160703-08.jpg

でも、店内でひときわ存在感を放っていたのは・・・大きなアジサイ!
今はパリの街中でもたくさん咲いています。
鉢植え、地植え、そしてブーケにも大活躍の季節ですね

160703-05.jpg

白、緑、赤、紫の4色がありました

160703-07.jpg

↑ちょっと変わった、ピンク×グリーンのアジサイもありました。

160703-09.jpg

結局ブーケはアジサイのみ、紫と赤を選びました。
12ユーロ×2本で24ユーロでした

160703-10.jpg

2本だけでもゴージャスで情熱的な感じに…
濃い色でとても力強いですね!
フランスでよく見かけるアジサイの色は青・紫・ピンク・赤などですが、多くが濃い色味です。
淡い水色や薄いピンクなどは少数派だと思います。

160703-11.jpg

また今度は色んなお花を混ぜてブーケを作ってもらうのも楽しみです
お気に入りのお花屋さんが一つ増えました。






店舗情報
「Vertumne(ヴェルチュム)」
住所:12 rue de la Sourdière 75001 Paris
ホームページ:http://atelier-vertumne.fr/fr/(音出ます)






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オペラ

パレロワイヤル

パリのお花屋さん No.11 6区「au nom de la rose(オ・ノン・ドゥ・ラ・ローズ)」

新年あけましておめでとうございます。
昨年は、パリにとって衝撃的な年となりました。
新しい年に平和を願う気持ちで、穏やかに年末年始を過ごしています。
今年もブログを読んで下さっている方に、いまのパリをお伝えしていきたいと思います。
身近なパリ情報が、パリに来られる方の少しでもお役に立てることがあれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

160103-15.jpeg

まったくパリらしくない写真ですみません
クリスマスからお正月にかけて、日本と同様フランスでも「買い出し」風景が見られます。
大晦日にパリ市内をあちこち歩いたのですが、混んでいるお店ばかり!
特にケーキ屋さん、お惣菜屋さん、そして魚屋さん。

我が家も大きなエビを求めて、行列の出来た魚屋さんに並びました。
大き目のgambasという種類のエビを購入し、煮つけました。
頂き物の金箔付きカツオシートはお正月にとっておいたもの
やっぱりお正月は雰囲気だけでも日本らしさを味わいたいです。

160103-01.jpg

さて、今回ご紹介するのはこの年末年始に用意したお花です。
今年はバラにしました
パリ市内17軒も支店を持つバラ専門店「au nom de la rose(オ・ノン・ドゥ・ラ・ローズ)」で購入しました。
↑こちらは6区にある店舗です。

160103-02.jpg

支店が多いので、パリに来られたことがある方は一度は目にしているかもしれません。
とにかくバラ尽くしのお店です。

160103-03.jpg

1年中、様々な種類のバラを置いています。
バラ以外のお花も少しだけあります

160103-04.jpg

ブーケだけでなく、小さなポットに入ったものも豊富なので手軽に部屋に飾れるのが嬉しいですね。

160103-05.jpg

カラフルなバラがひときわ目を引くお店ですね。
やっぱりバラは華やかで存在感があります

160103-06.jpg

足元にもバラの花びらが散らしてあります

160103-07.jpg

店内は撮影禁止ですが、外からならOKとのことです。

160103-11.jpg

ウィンドウに飾ってあるのはバラグッズ。
バラ風味の板チョコ、紅茶、ジャム、お菓子などもあります

160103-10.jpg

今回はバラ7本(14.70ユーロ)を選んでブーケにしてもらいました。

160103-12.jpg

少しピンクがかった白で、シンプルに

160103-13.jpg

バラのつぼみも1本飾りで付いています。

160103-14.jpg

新しい年を迎えるのにピッタリのお花で大満足です!
2016年がたくさんの人にとって、良きものとなりますように。





店舗情報
お花屋さん「au nom de la rose(オ・ノン・ドゥ・ラ・ローズ)」
住所:4 rue de Tournon 75006 Paris
ホームページ:http://www.aunomdelarose.com/(他の支店の検索も出来ます)





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

デプレA

デプレB

ジャコブ


パリのお花屋さん その10 7区「l'art en fleurs」

先日、7区を散策中に素敵なお花屋さんを発見しました

150621-01.jpg

「l'art en fleurs」
こじんまりとして、素朴な雰囲気。
季節のお花がウィンドウにたくさん飾られていました

150621-02.jpg

ちょうど今週はブーケが欲しいと思っていたので、さっそく作ってもらいました。

150621-03.jpg

紫色の小さ目のバラ(10本束で18ユーロ)と、大きな芍薬(5本束で14ユーロ)、カシスの葉(4ユーロ)を混ぜて
大き目のブーケに。

150621-04.jpg

前回ご紹介した「ODORANTES」もそうでしたが、今回も黒い包装紙。
お花の輪郭が際立って、すっきりとした印象になるのでお気に入りです

150621-05.jpg

結構大きくて重いです…
お花の種類にもよりますが、30ユーロ以上のブーケは結構ボリュームが出ます。
家の花器に合わせて、もう少し小さ目のブーケにしようといつも思うのですが、ついつい欲張って数種類のお花を
組み合わせてしまうのです

150621-06.jpg

長持ちしますように・・・

150621-07.jpg

場所はメトロ12番線「Sèvres Babylone駅」と「Rue du Bac駅」の中間地点
まわりにはおいしいケーキ屋さん、パン屋さんがたくさんあるので、寄り道の楽しいエリアです。





店舗情報
お花屋さん「l'art en fleurs」
住所:38 rue de Varenne 75007 Paris





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

バビロン

オルセー

パリのお花屋さん その9 6区「ODORANTES(オドラント)」

青天の続くパリ
カルーゼル橋を渡るバスの中から撮った写真です。
空の色が濃く、春はもうすぐそこ!という空気になってきました。

150307-01.jpg

ちょっとずつ気温も暖かくなってきて嬉しいです。

さて、先週お祝い事があって素敵なブーケを頂きました

150307-02.jpg

夜だったので暗い写真ですみません
綺麗なピンクのチューリップ、花弁の端がギザギザになっているタイプです。

150307-03.jpg

花束を黒い紙に包むなんて、、、斬新!
でもすっきりした印象で、とってもおしゃれ

150307-06.jpg

このお花屋さんは私も大好きなお店で、パリ6区にある「ODORANTES(オドラント)」です。
以前一度入ったことがありますが、とてもフランス・パリらしい

ブーケを買うときに「リボンの色どれにする?」と聞かれたそうですが、たくさんのリボンを
見せてもらってびっくり…微妙に色味の違う、全部こういう↑渋~い色だったそうです
お花もお店もすべてに統一感があり、「オドラントらしい」とすぐにわかるような雰囲気を
持っています。

150307-04.jpg

翌朝、明るくなってから写真を撮ってみました
白い水差しに活けると、またガラッと雰囲気が変わります。
チューリップ自体も素敵ですが、周りの黒っぽい葉も良いですね

150307-05.jpg

チューリップを見ると気分はすっかり春です

そして…こちらもびっくり。

150307-07.jpg

ブーケを買ったら、オマケにこのお花の球根をくれたそうです
実際にこのチューリップに付いていたもので、ブーケを作るときに切り離した球根です。
しっかり乾かしてから新聞紙を包んで保管し、秋頃植えると来年の春には花が咲くとのこと。
植物を育てるのは苦手なのでうまくいくかどうか自信はないですが…

150307-09.jpg

今日お店の前を通りかかったので外観をパチリ
パリ6区の「ODORANTES(オドラント)」、個人的にはパリで一番好きなお花屋さんです。
サン・シュルピス教会のすぐ近くにあります

150307-10.jpg


 今日のおやつ 

150307-08.jpg

「セバスチャン・ゴダール」はチョコもおいしいと聞いて、キューブ状のプラリネチョコ(14ユーロ)を
買ってみました!
小さい一口サイズで食べやすい…こういう形はついつい食べ過ぎてしまうんですよね。
口いっぱいにナッツの香ばしい風味が広がって、とってもおいしい






店舗情報
お花屋さん「ODORANTES(オドラント)」
住所:9 rue madame 75006 Paris
ホームページ(音が出ます):http://www.odorantes-paris.com/





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

デプレA

デプレB

ジャコブ

バビロン

パリのお花屋さん その8 7区「Moulié Fleurs(ムリエ・フルール)」

今週はお花を買いに、7区の「Moulié Fleurs(ムリエ・フルール)」へ行ってきました

140913-01.jpg

最寄り駅はメトロ12番線「Assemblee Nationale(アサンブレ・ナシオナル)」駅です。

140913-02.jpg

駅名の通りすぐ近くにAssemblée Nationale(国民議会)であるブルボン宮があり、そこに面した
ブルボン広場にムリエ・フルールもあります。

140913-03.jpg

↑ブルボン宮
場所柄ムリエ・フルールは政治関係の注文が多く、大統領官邸であるエリゼ宮のデコレーションも
担当しているそうです。
ホームページにはオペラ座を豪華な花で飾る写真が載っています

140913-04.jpg

そんな本格的なお花屋さんですが、普通にブーケも購入することが出来ます。
↑お店の前に看板犬?

140913-05.jpg

・・・と思って近づいたらリアルな置物だった(笑)。

140913-06.jpg

お店の外も植木で一杯です

140913-07.jpg

一歩店内に入ると、とっても良い香り

140913-08.jpg

たくさんのお花があって、どれもこれも美しい!

140913-09.jpg

30ユーロぐらいで花束を作りたいとお願いして、色々オススメを教えてもらいました。

140913-10.jpg

スタッフの方が「今はコスモスが季節のお花で、とても綺麗よ」と言われたので、コスモスに決定
フランス語でもコスモスは「コスモス」と言うのですね。

140913-11.jpg

出来上がったブーケを見てビックリ!
全体がビニールで包まれている…こんなラッピングは初めて見ましたが、お花が保護されて
持って帰りやすかったです。

140913-12.jpg

結構大きなブーケになりました。
これで29ユーロです

140913-13.jpg

久しぶりに見たコスモス、お花自体がとても大きくてしっかりしています

140913-14.jpg

少し緑を混ぜてもらったのですが、それがフランボワーズ(ラズベリー)でした
普通のお花屋さんでは何でもない葉っぱが多いのですが、凝ってますね~。
置いているうちにだんだん色づいてきました。

140913-15.jpg

ふんわりとしたコスモス、独特の雰囲気があってとても気に入りました
お花の種類が多くて迷ってしまいましたが、是非また行きたいお店です。








店舗情報
お花屋さん「Moulié Fleurs(ムリエ・フルール)」
住所:8 place Palais Bourbon 75007 Paris
ホームページ:http://mouliefleurs.com/index.htm
近くに蘭専門の支店もあります。






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ファベール

オルセー


パリのお花屋さん その7 6区「GUILLON FLEURS(ギヨン・フルール)」

今週はお花を買いに、6区の「GUILLON FLEURS(ギヨン・フルール)」へ行ってきました

140621-12.jpg

最寄り駅はメトロ12番線の「Notre-Dame des Champs(ノートルダム・デ・シャン)」です。
駅前にお店があります

140621-01.jpg

ウィンドウは白一色
特に白いお花を中心に扱っているお店です。

140621-02.jpg

店先には様々な形の鉢植えや、白以外のブーケもあります。

140621-03.jpg

↑結構大きな花束ですが、1束12ユーロ

140621-04.jpg

玄関にはかわいい温度計
店内もセンスの良い空間でした。
本当はかわいい看板犬がいるのですが、この日は残念ながらお散歩中で不在でした

140621-06.jpg

今が旬のあじさいも豊富

140621-07.jpg

今日は30ユーロぐらいで自宅用のブーケを作ってほしいとお願いして、お花はおまかせ

140621-08.jpg

とっても手際よく、パパパっとお花を選んでブーケを作っていきます。
感性的・芸術的な手つきで鮮やかに形を整えていく作業は見ていてとても面白かったです

140621-09.jpg

そして出来上がったブーケはこちら↓

140621-10.jpg

いつの間にこんなたくさんの種類の花を・・・?!とびっくりするほど盛り込まれています。
間に入れてもらった緑も数種類使ってあります。
ここまで統一感のない花束は初めてかも!(笑)
でもこういう左右非対称で組み合わせが自由、という雰囲気はとてもパリらしくて私は大好きです
型にはまらず、センス良くまとめる感性はさすがです。

140621-13.jpg

完成したブーケは32ユーロでした。
季節のお花を組み合わせて、自然な感じが気に入っています

140621-11.jpg



 おまけ 

140621-05.jpg

↑「ギヨン・フルール」に飾ってあったぬいぐるみ
ワールドカップ、フランスは絶好調のようです。





店舗情報
お花屋さん「GUILLON FLEURS(ギヨン・フルール)」
住所:120 Boulevard Raspail 75006 Paris
ホームページ:http://www.guillon-fleurs.fr/





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

バビロン

パリのお花屋さん その6 4区「Verttge(ヴェルティージュ)」

今日は4区を散策
午前中は風があるけれど気持ち良く晴れていて、暑すぎず寒すぎずパリ歩きには最適な気候でした。

140323-10.jpg

ヴォージュ広場をぐるぐる歩いて…本当はお目当てのカフェがあったのですが、一周しても見つからず
地図も忘れてきたので結局たどり着けませんでした~とほほ。。。
カフェはまた改めて来ることにして、ずっと気になっていたお花屋さんに寄りました

140323-01.jpg

特に定休日はなく、日曜日でも開いているのがうれしい
「Vertige(ヴェルティージュ)=めまい」という、ちょっとカッコイイ名前のお店です。

140323-02.jpg

小さい店内に季節のお花や植木鉢がたくさん

140323-03.jpg

とてもセンスの良いお花屋さんです。

140323-04.jpg

今日は店内にあったお花の中から、バラとスイートピーを選んでブーケを作ってもらいました(22ユーロ)

140323-05.jpg

小さいバラですが、とっても良い香りがします。

140323-06.jpg

最寄り駅はメトロ1番線「St-Paul(サンポール)」です

140323-07.jpg

早速キッチンに飾ってみました!
部屋の中が明るくなって、なごみます
長持ちしますように…

140323-08.jpg







店舗情報
お花屋さん「Vertige(ヴェルティージュ)」
住所:11 rue de Sévigné 75004 Paris
ホームページ:http://www.vertigemarais.com/



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


サンポール


マレ


パリのお花屋さん その5 16区 CHRISTIAN COLLIN

今日はパリ16区のお花屋さんをご紹介します

130914-01.jpg

高級住宅街の一角にある「CHRISTIAN COLLIN(クリスチャン・コラン)」です

メトロ9番線「Jasmin(ジャスマン)」駅を下車、「Avenue Mozart(モザール通り)」を南へ徒歩1分の
ところにあります。

130914-07.jpg

鮮やかなお花がいっぱいです

130914-02.jpg

↓こんな立派なひまわりもありました。
花は人の顔より大きい!
高さも人の背丈くらいあります…よっぱど大きな花瓶のある大きな家でないと飾れませんね~

130914-03.jpg

先日、このお店でブーケを作ってもらいました。
ちょうどお店に置いてあった小さなブーケ↓が綺麗だったので「これと同じような感じで!予算は
30ユーロ。」と伝えました。
あとはおまかせ
ちなみに↓このブーケは花器付きで22.50ユーロの小さめのブーケでした。

130914-04.jpg

そして出来上がったのがこちら

130914-05.jpg

大きなあじさいを1本、それにバラとダリアを組み合わせてもらいました!
たまたまこの日はすべて同系色のものしかなかったので、全体が濃いピンクに
ちょっと派手な感じですが、ゴージャスでいい感じです。

しかし大きい!(笑)
30ユーロぐらいで作ってもらうと種類によってかなり大きな花束になるので要注意です。
ちょっと大きすぎたかも…?と不安でしたが、ギリギリ我が家の花瓶に入って良かった…

130914-06.jpg

お店の前を通るたびにセンスを感じるお気に入りのお花屋さんです







店舗情報
お花屋さん「CHRISTIAN COLLIN(クリスチャン・コラン)」
住所:113 Avenue Mozart 75016 Paris


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


ジャスマン

パリのお花屋さん その4 5区 fj

6月21日に夏至を迎え、一年でもっとも日の長い季節ですね!

130623-01.jpg

午後10時半頃のノートルダム寺院。
この時間でもまだうっすらと夕焼けが残っています


さて、先週このブログで「5区はお花屋さんが多い」と書きましたが、またまた5区内に素敵なお花屋さんを
発見したのでご紹介します

130623-02.jpg

地下鉄7番線「Place Monge(プラス・モンジュ)」駅徒歩1分のところにあるお花屋さん「fj」です。

130623-07.jpg

130623-08.jpg

モンジュ広場から「Rue Monge(モンジュ通り)」沿いに北側へ。

130623-03.jpg

隣はbio(有機)のパン屋さんです

130623-04.jpg

お店の外にも季節のお花が盛りだくさん
鉢植えも色んな種類があります。

130623-05.jpg

撮影は「お店の外だけOK」だったので、残念ながら店内の様子はお見せできませんがとっても
素敵なディスプレイでした

今回は旬のスイートピー(1束14ユーロ)を購入しました。
自宅用なので手軽なものを…と思ったのですが、店員さんがミントの葉を混ぜてかわいいブーケに
仕上げてくれました

130623-06.jpg

ピンクの画用紙を無造作に巻いて、あっという間に出来上がり!
すごく手早いのに色のバランスも良くて、センスを感じました。
ミントの葉っぱがとってもいい香りです。

130623-09.jpg

5区内、たくさん花屋があるけど今の所このお店が一番好きです




店舗情報
お花屋さん「fj」
住所:69 rue Monge 75005 Paris




この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


コントレスカルプ


ムフタール



パリのお花屋さん その3 5区 Clos de Lias

今日は5区のお花屋さん「Clos de Lias」をご紹介します

120929-01.jpg

地下鉄10番線「Cardinal Lemoine(カルディナル・ルモワヌ)」の駅前の交差点に面しているお店です。

120929-02.jpg

店内は結構広くてたくさんのお花があります

120929-03.jpg

花器や鉢植えも豊富です

120929-04.jpg

今回はマリーゴールドを1束買いました。
私は色んな種類を花を組み合わせたブーケがど~しても苦手で、最近はもっぱら単品で花を買うことが
多いです。
買ってきた日はいいけれど、花瓶にバランス良く花をさすセンスがまったくないので…
素敵なフラワーアレンジメントが出来る人がうらやましい!!

120929-05.jpg

このお店からモンジュ通りをまっすぐ南に行くと、右側にお気に入りのケーキ屋さんもあります

120929-06.jpg

昔コルドン・ブルーで講師をされていた「Pascal Pinaud(パスカル・ピノー)」さんのお店です。
おすすめはこの、ボテっとした形の(笑)エクレア

120929-07.jpg

普通のお店の1.5倍はありそうな大きさです。
これを独り占めする幸せといったらもう!!





店舗情報
お花屋さん「Clos de Lias」
住所:30 rue Monge 75005 Paris
ホームページ:http://www.closdelias.com/

ケーキ屋さん「Pascal Pinaud」
住所:70 rue Monge 75005 Paris


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

コントレスカルプ

ムフタール