プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

ボンマルシェ オリジナルグルメ

170820-01.jpg

8月はバカンスシーズン、一番夏らしい季節のはずですがパリは涼しい毎日です。
日差しだけは強くてジリジリと焼けます

170820-02.jpg

今回はボンマルシェのグルメ館へ、フランスらしいお菓子を探しに行ってきました!
現在、「Souvenirs Rive Ganche(左岸のお土産)」という企画展が開催中。

170820-12.jpg

グルメ館オリジナルのエコバッグも登場しています(15ユーロ)

170820-03.jpg

今回気になったのは、こちら。
ケーキコーナーの一角にドドーンと並べられたギモーヴです。
ギモーヴとは…マシュマロのようなフランスの伝統的なお菓子の一つです
お店によって作り方は異なりますが、ゼラチンや卵白を使ったフワフワ・モチモチとした食感で、見た目も可愛らしく定番の商品です。

170820-04.jpg

ボンマルシェでは、この棒状の大きなギモーブをカット売りしています。
作りたて、切りたてなのでとっても柔らかい
約5cm角で1つ1.50ユーロ。
味はバニラ、ローズ、オレンジ花水の3種類です。

170820-05.jpg

3切れ入りの袋もあります。
ちょっとお得で、1袋4.20ユーロ。

170820-08.jpg

バニラギモーヴを買ってみました
バニラビーンズたっぷり。

170820-07.jpg

この感触は表現が難しい・・・赤ちゃんのほっぺのようにすべすべ・フワフワしていて、やや弾力もあります

170820-06.jpg

ここまでしっとりフレッシュな食感はなかなかありません。
大き目サイズも珍しく、1個でも満足感があって嬉しい!
(ボンマルシェでは、この他にもお菓子コーナーに「Guimauve à l’ancienne」という名前の200g袋入りギモーヴも置いています(12.80ユーロ)が、そちらはやや堅めです。)

170820-10.jpg

もう1つ、ボンマルシェオリジナル商品でおすすめなのがこちら。
100~150gのケース入りチョコボール、アーモンド入りやノワゼット入りなど種類が豊富
ケースはプラスチックなので軽くてお土産にもおすすめです。
お値段は6~13ユーロくらいです。

170820-11.jpg

今我が家ではミルクチョコとダークチョコの2種類が入ったものを食べています。
カリカリシリアルがチョコでコーティングされています。
チョコの味が濃厚で、美味しい!





店舗情報
デパート「Le Bon Marché」の食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」
住所:38 rue de Sèvres 75007 Paris

国際農業見本市 番外編 ・ お土産いろいろ

パリ市内、桜が満開になっているところも出てきました。
日当たりによって開花具合にかなり差があります

170402-01.jpg

さて、今週は「国際農業見本市・番外編」ということで・・・おすすめのお土産をご紹介します。
今年の会場レポートはこちらの記事へ→「国際農業見本市 2017

170402-02.jpg

少し早いですが、来年の日程も発表されました
2018年2月24日~3月4日です!
パリ滞在の計画に、参考になれば幸いです。

170402-03.jpg

農業見本市で買ったもの、その1。
↑左のソーセージのようなものは、先日のレポートで既に紹介しましたアンドゥイエット。
この同じブルターニュのブースで右側の「ANDOUILLE DE LANGUE」も購入しました。
LANGUE、つまりタン(豚タン)のハムです。

170402-04.jpg

薄く切って食べます。
しっとり柔らかく、とろけるような食感
アンドゥイエットも美味しかったですが、このタンハムもおすすめです。
約200gで6ユーロ。

170402-05.jpg

続いてこちらのブース、飴の専門店「CDHV」です。
ロレーヌ地方のコーナーに毎年出店されています。
パリに店舗はないので見本市のときにだけ出会える嬉しいお店です

170402-06.jpg

飴の種類がかなり豊富で、選びきれないほどですが・・・
今回は30周年記念の大きな飴の形の缶を発見。
CDHVの代表的な飴が6種類入っています。

右の袋はフルーツゼリーです。
お気に入りで必ず毎年買っています

小さな缶の飴はお土産にピッタリですね。
一つ一つ絵が違っているので集めたくなります。

170402-07.jpg

そして同じくロレーヌ地方のブースにて、嬉しい発見。
ナンシーまで行かないと手に入らないと思っていたお菓子がありました。

170402-08.jpg

それがこちら、ナンシー名物の昔風マカロンです。
現代マカロンと違ってクリームは挟まっておらず、素朴な焼き菓子。

以前、ナンシー日帰り旅行の記事を書きました(こちらの記事参照)。
その時もちろんこのマカロンもお土産に買ってきて「パリでは買えません!!」と自慢気に書いていましたね。
まさか農業見本市で買えるとは・・・!

170402-09.jpg

カリカリの生地はアーモンドの香ばしさも素晴らしく、究極のシンプルですがとても美味しいです。
12個入り9.50ユーロ。

170402-10.jpg

最後にゲランドの塩です。
フランスを代表する塩「ゲランド」は、農業見本市では生産者から直接買うことが出来ます。
右の「fleur de sel」は、特に希少で高級な塩なのですが、左の1kg袋(あら塩)を買ったらオマケで付けてくれました
後で値段を見たら、あら塩(1.70ユーロ)よりも高価だったので謎のサービスでした。

170402-11.jpg

会場で無料配布されていた農業見本市らしいエコバッグ。
よく似たデザインの有料バージョンもありましたが、そちらは買いませんでした。

以上、国際農業見本市お土産編でした
ぜひ来年の参考に・・・!






国際農業見本市
会場:Paris Parc des Expositions
住所:1 place de la Porte de Versailles 75015 Paris
公式サイト:https://www.salon-agriculture.com/


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

バラール

エグゼルマン

エグゼルマン 2

ボンマルシェ食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」 オリジナルブランド発売

先週からメトロやバス停の広告で見かけるようになった、ボンマルシェ食品館の広告。
ズラ~っと並んだボンマルシェオリジナルのバター、ジャムの写真
「ついに、オリジナルブランドの発売!」とのことで、今年の1月頃からたくさんの商品が店頭に並んでいます

160521-01.jpg

6月25日までの毎週末(金曜&土曜)、ボンマルシェ食品館にてこのオリジナル商品の試食が色々登場します。
さっそく行ってみました~!

160521-02.jpg

店内は入口からドーンと陳列されています。

160521-04.jpg

とにかく種類が豊富です

160521-03.jpg

パッケージも素敵で、ついついじっくり見てしまいました。

160521-05.jpg

↑チョコペースト類、ホットチョコレートドリンク…

160521-06.jpg

ジャム類だけで20種類以上。

160521-08.jpg

クッキー類も豊富。

160521-09.jpg

冷蔵コーナーもお見逃しなく、、、こちらはタラマ(魚卵ペースト)。

160521-10.jpg

乾燥キノコまであって、お土産にもオススメです

160521-11.jpg

缶詰コーナー。

160521-07.jpg

さらにダメ押し!
オリジナル商品の発売に伴って、グッズまで
マグカップ1つ12.50ユーロ。

160521-14.jpg

買い物バッグ1つ15ユーロ。
ホームページにて全ての商品を見ることが出来ます。
http://www.lagrandeepicerie.com/marques/la-grande-epicerie-de-paris.html

我が家もさっそく試してみることに。
ビオの紅茶(ダージリン)、バタークッキー、シャルドネ(ブドウ)ジュース、オリーブオイル、クレモンティーヌジャム。
とっても楽しみです

160521-16.jpg

滞在中の食材や、お土産調達に、ますます気になるボンマルシェです






店舗情報
ボンマルシェ食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」
住所:38 rue de Sèvres 75007 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

オルセー


フランス玩具メーカー 「Vilac(ヴィラック)」

5月と言えば菜の花

160508-12.jpg

パリ近郊を走るRERの車窓からこんな見事な菜の花畑が見えました。
もっとじっくり見たくなって、近くまで行ってみました

160508-01.jpg

菜の花を見るといよいよフランスにも春が来たなぁ~と感じます!

さて、今回はフランス土産について。
今年の冬に帰国したときに持って帰ったお土産の一つをご紹介します

160508-02.jpg

1911年創業の、フランス老舗玩具メーカー「vilac(ヴィラック)」。
木製のおもちゃが定番です。
日本にも直営店があり、人気のあるお店ですね

160508-03.jpg

ボンマルシェ・デパートの子供服&おもちゃのフロアにて見つけたヴィラックコーナー。
大人が見ても楽しめる素敵なデザインだと思います。

160508-04.jpg

キャラクターっぽいものでも、どこか温もりがあってフランスらしいセンスを感じます。

160508-05.jpg

男の子向けの車、飛行機などのおもちゃが多いですが、女の子向けのおもちゃもあります

160508-07.jpg

こちらはパリ生まれのアーティスト、NATHALIE LÉTÉ(ナタリー・レテ)のイラストのパズル。
ナタリー・レテのイラストがデザインされたおもちゃは他にも色々ありました
大人でも欲しくなってしまいます・・・

160508-08.jpg

カラフルなボーリングおもちゃ。

160508-09.jpg

子供用の傘まで!

160508-10.jpg

私が買ったのは一番上の写真の車のおもちゃ(12ユーロ)。
小さい子供の手でも持ちやすいように軽く薄っぺたい形をした車です
車体に「made in France」と書かれてあります

160508-11.jpg

「プレゼント用です」と言ったら、こんなラッピングをしてもらえました。
去年のクリスマス包装紙の残りだとは知ってるんですが(笑)、なんだか大人っぽくて素敵ですね

「vilac」・・・子供用に、自分用に、おすすめのフランス土産です






店舗情報
デパート「Le Bon Marché」
住所:24 rue de Sèvres 75007 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オルセー




上質な食材を求めて…「CAUSSES(コース)」

先月このブログで紹介したお菓子屋さん「ア・レトワル・ドール」のすぐ近くに、上質な食材を扱うスーパー「CAUSSES(コース)」があります。
この辺りはグルメにこだわるパリジャン・パリジェンヌが多く住む地域でもあり、このお店には地元フランス人が集まっています。

151220-02.jpg

店内には豊富な食材が並んでいます
生鮮は野菜も果物も一通りそろっています。

151220-03.jpg

ビオ(有機)製品もあります。

151220-04.jpg

フランス各地のお菓子も豊富で、普通のスーパーでは見かけない厳選された商品がたくさんあります。
お土産調達にもオススメのお店です

151220-06.jpg

フランス以外にもイギリスやイタリアのお菓子もあります。

151220-07.jpg

特にクリスマスの時期に合わせて、毎年違う種類のパネトーネをイタリアから入荷しています

151220-14.jpg

店内は結構広く、冷蔵コーナーもあります。
チーズがたくさん
お惣菜も量り売りで購入できます。

151220-08.jpg

パンまであります
ここで一通りの食材がそろいますね。

151220-09.jpg

そして特に充実しているのが乾物の量り売りコーナー。
自分で好きな量を袋に詰めて、レジに持って行くシステムです。

151220-10.jpg

ドライフルーツやナッツなどなど
オリーブオイルまであります。

151220-11.jpg

私のお目当ては…コーヒー豆
これも量り売りなので、何グラムからでもOKです。

151220-12.jpg

コーヒー豆用の袋はこちら↓
「Servez vous!」…セルフサービスです。

151220-13.jpg

「SIGRI PAPOUASIE」という豆を選びました。
袋に入れたらそのままレジに持って行き、豆の名前を自己申告。
お店の方が重さを量ってお会計です。
265gで8.43ユーロでした。

151220-15.jpg

早速飲んでみたところ、なかなか美味しいコーヒーで大満足です





店舗情報
スーパー「CAUSSES(コース)」
住所:55 rue Notre-Dame de Lorette 75009 Paris
ホームページ:http://www.causses.org/



 おまけ 

今週はクリスマスですね。
今年のラファイエットデパートのウィンドウは、スターウォーズの影響か(?)宇宙をテーマにしたストーリーになっています。
たくさんのお客様に見守られながら、機械の不具合を修復中・・・
音が出ます ジングルベルジングルベル





お土産いろいろ 2015夏・後編

今週も日本一時帰国中です。
日本らしい夏を過ごしています和菓子もおいしい。

150829-01.jpg

でもやっぱり、パリが恋しい・・・!
定期的にフランスらしいケーキを食べたくなってしまうんですよね

150829-02.jpg

↑ピエール・エルメの期間限定ケーキたち。
特に左にある丸いケーキ「INFINIMENT CITRON(アンフィニモン・シトロン)」がお気に入り
パリでも日本でも味はまったく変わらず素晴らしい!
日本では販売終了しましたが、パリでは明日8月30日まで販売中です。

さて、先週のお土産レポート後編です。
すべてラファイエットで調達しました

150822-13.jpg

以前ご紹介した「ジャン=ポール・ゴルチエ展」とのコラボデザインのKUSMI TEAです。
昔はラファイエットのグルメ館でクスミティーの取扱いがありましたが、現在はラファイエット本館に大きく店舗が
入ったのでグルメ館では買えません。
ゴルチエ展は終わりましたが、このデザインの缶は現在も販売中です

150822-10.jpg

家族に好評だったのが、こちらのイタリア産バルサミコ酢。
ハチミツのようにトロリとした液体で、サラダにも、チーズにも、アイスクリームにも相性GOODです。
ハーゲンダッツのバニラアイスにかけたら絶品でした。

150822-11.jpg

チーズも欠かせません!
真夏の帰国なので、ハードタイプのものを選びました。
フランス・バスク地方で作られた「Ossau Iraty(オッソ・イラティ)」というチーズ(羊乳)。
クセが少なく食べやすいチーズだと思います

150829-03.jpg

このチーズにも先ほどの濃厚バルサミコ酢がよく合いました


以上、オススメお土産レポート後編でした!

お土産いろいろ 2015夏・前編

先週に引き続き、日本からブログ更新します

150822-01.jpg

今回の一時帰国もお土産いろいろ選んできました!
すべてラファイエットデパートで調達しました。

150822-02.jpg

まずは、一番オススメ
こちらの素朴なマカロンクッキー。
以前このメーカーの蜂蜜がおいしいと紹介したことがありますが、このクッキーもとってもおいしいんです。

150822-03.jpg

フランス南東部、ローヌ=アルプ県にあるJoyeuse(ジョワイユーズ)という土地で作られている、とってもシンプルな
お菓子です
パリで見かけるマカロンとは違って、デコボコとした生地でクリームは挟んでありません。
大きな缶タイプは260gで16.85ユーロ、小さな箱タイプは100gで5.95ユーロ。
メレンゲの軽い食感とアーモンドの濃厚な風味がクセになります

150822-04.jpg

これはフランスではなくイタリアのお菓子、ビスコッティ(6.70ユーロ)です。
フィレンツェ近郊の小さな街で作られているもので、ずっと食べてみたいと思っていたんです。
まさかラファイエットでも売っているとは!嬉しくてつい買っちゃいました
今まで食べたビスコッティとは全然違う…生地が黄色くてやさしい卵の風味がおいしい!

150822-05.jpg

今回もジャムを持って帰りました。
色々ありすぎて迷いますが…
ひとつは前回も持って帰って、最高においしかったのでまたまたフェルベールのマーマレード(右・8.35ユーロ)

150822-06.jpg

もう1つ、お気に入りのジャムメーカー「LA TRINQUELINETTE(ラ・トランクリネット)」のレーヌクロードジャム
(左・3.20ユーロ)。
「ラ・トランクリネット」はパッケージが素っ気ないし瓶も大き目なので重いし・・・お土産にはあまり選ばれないかも
しれませんが味はしっかり濃厚で、ジャム通の方に是非オススメです

150822-07.jpg

続いてこちらは、ちょっと変わったお土産です。
スペインの老舗メーカー、ortiz(オルティス)社の缶詰シリーズ
アンチョビやオイルサーディンなど、魚介系の高級缶詰が豊富なお店です。
ラファイエットデパートにはたくさんの種類がそろっています。

150822-08.jpg

「ピミエント・デル・ピキージョ」という炭火焼きしたスペイン産の赤ピーマンの水煮の中に、鬢長カツオのペーストが
入っています
防腐剤や着色料は一切使わず、他にはトマト、玉ねぎ、小麦粉、オリーブオイル、塩などシンプルな材料です。

150822-09.jpg

まわりのトマトソースがたっぷりで、少しオリーブオイルをたらすとさらにおいしい
あまったトマトソースがとても美味しかったので、次の日ジャガイモとチーズを入れてオーブンで焼いてみました。
最後までしっかりおいしく頂きました

後編に続く・・・




お土産いろいろ 2015

約3週間、日本滞在を満喫しました。
最後の週は東京では桜が満開!

150404-11.jpg

先日は六本木の国立新美術館へ「マグリット展」(6月29日まで)を見に行って来ました
隣の展示室では「ルーヴル美術館展」も開催中(6月1日まで)です。
↑美術館に入る前に、桜にうっとり・・・

さて、今週はお土産いろいろ。
今回の日本帰国で調達したお土産を紹介します
ちなみに年1回帰国時のお土産紹介は今年で4回目、過去の記事はこちら→2012年2013年2014年

150404-01.jpg

先月、このブログで紹介したところ家族や友達からリクエストが多かったマルレットのお菓子キット
左上から時計周りに「パンケーキ(またはゴーフル)」「スコーン」「シリアルバー(いちじく&アプリコット)」
「キャロットケーキ」の4種類を選んで持って帰りました!(6.40~7.80ユーロ)

150404-02.jpg

↑こちらはラファイエットデパートのグルメ館で購入した、キャラメルクッキー(4.95ユーロ)。
2012年にも同じくクッキー(箱入りタイプ)を紹介しましたが、相変わらずおいしい

150404-03.jpg

↑こちらもラファイエット・グルメ館で購入のゴーフル(2.50ユーロ)。
素朴で優しい味、ときどき食べたくなります
親戚の子供たちに、、、BIO(有機)製品です。

150404-04.jpg

実家に毎年1瓶選んで持って帰る「フェルベール」のジャム。
今年は「マルタ島オレンジのマーマレード、ラム酒入り」を選びました(8.35ユーロ)
これがとっても美味しかったです!
苦味のまったくないタイプのマーマレード、ラム酒はほとんど感じません。
子供から大人まで幅広く好まれる味だと思いました

150404-05.jpg

バターも家族みんな大好き。
今年はこちらの3種類を持って帰りました
ラファイエット・グルメ館にて「BORDIER(ボルディエ、4.80ユーロ)」と「beillevaire(ベイユヴェール、
3.95ユーロ)」を購入。
ミニサイズの「CANTIN(カンタン、2.16ユーロ)」はパリ7区のお店にて。
寒い季節の帰国はバターを持って帰ることが出来るのが嬉しいです

150404-06.jpg

↑こちらは最近はまっているドライフルーツ…「Mûres blanches(白ミュール)」です。
日本では「桑の実、マルベリー」と呼ばれるもので、黒い色が一般的で白はあまり
見かけません。
スーパー・モノプリで購入

150404-07.jpg

見た目はあまりおいしそうに見えない(?)かもしれませんが、しっとりした食感と
イチジクやレーズンのような甘い味がクセになります
栄養価が高く、美容健康に良いそうです。

150404-08.jpg

しょっぱい系のお土産も一つ、ボンマルシェデパートのグルメ館で購入。
こちらはトリュフ専門店の「MAISON de la TRUFFE」のスティック状のおつまみ
トリュフの上品な香りと、控えめな塩気でとてもおいしかったです!

150404-09.jpg

最後は毎年定番のポワラーヌにて、サブレ
これもリクエストされることの多いおやつです。
去年も紹介しましたが、デパートやスーパー・モノプリでも買えます(賞味期限は約2週間以内の
日付けが表示されているものが多い)。
ポワラーヌの店舗で買うと出来立てなので、3週間の賞味期限です。
店舗ではかわいいエコバッグもあります
ホームページ:http://www.poilane.com/

150404-10.jpg

そして最後に、今回一番頑張って持って帰ったのがこちら!
ポワラーヌのクロワッサン10個(笑)。
つぶれないように、スーツケースの高さにピッタリのケースにちょうど10個入りました
日本に到着したらすぐに1個ずつラップに巻いて冷凍庫へ。
風味が変わらないうちに早めにお召し上がり下さい。

以上、今年のお土産いろいろ紹介でした
来週はまたパリから更新いたします。

パリ9区 「MARLETTE(マルレット)」

今日はパリ9区にある素敵なカフェ、そしてお土産にぴったりなお菓子作りキットをご紹介します

150221-01.jpg

昨年オープンしたばかりの「MARLETTE(マルレット)」。
カフェが出来る前から、スーパーやデパートで買えるおいしい「お菓子作りキット」のお店
として評判でした

150221-02.jpg

「パンケーキミックス」のような、家で卵や牛乳を用意すればあとは混ぜて焼くだけで出来るという
すぐれもの。
しかも原材料はすべてオーガニックで、種類が豊富!

150221-03.jpg

こちらのカフェで実際に食べることもでき、キットを購入することも出来ます。
フォンダンショコラ、クレープ、クッキー、キャロットケーキ…などなど甘い系、しょっぱい系、
パンまであります

150221-08.jpg

今回「SCONES À L'ANGLAISE(イギリス風スコーン)」を買ってみました
レーズン入りのシナモン風味のスコーンが6つ出来ます。
1箱6.80ユーロです。

150221-05.jpg

ミックスされた粉が1袋、説明書(フランス語・英語・その他)が入っています
日本語表記はありませんが、手順は簡単
「溶かしバター60g、卵1個、牛乳180cc」を用意し、粉と混ぜて6等分し、190度の
オーブンで25分焼きます。

150221-06.jpg

粉の袋を開けたら、シナモンとレーズンの良い香り!
ゴロゴロと大きなレーズンが大量に入っていました

150221-07.jpg

箱の写真のような、きれいな形には出来ませんでしたが
ずっしりと重いスコーンが完成です!

150221-09.jpg

早速、朝食に~
バターとハチミツをたっぷり付けて、頂きました。
こういう市販のキットとは思えないほど本格的です!
レーズンがしっとり柔らかいというのが嬉しい

お菓子作り、パン作り好きな方はお土産におすすめです。
種類がありすぎて迷っちゃいますね、、、
下記のホームページに全種類が紹介されています。





店舗情報
カフェ「MARLETTE(マルレット)」
住所:51 rue des Martyrs 75009 PARIS
カフェのホームページ:http://www.cafemarlette.fr/
手作りキットのホームページ:http://www.marlette.fr/

モンマルトルの生地屋さん ~手作りtorchon(トーション/トルション)

久しぶりにモンマルトルへ行ってきました

140413-01.jpg

お目当ては、生地屋さん街。
以前このモンマルトルのサクレ・クール寺院のふもとにたくさんの生地屋さんが集まっていることを
紹介しました(2011年11月27日の記事参照)。

140413-02.jpg


今回はtorchon(トーション/トルション)という、フランスの家庭で広く使われているキッチン布巾を
手作りしよう♪と思って材料を買いに行きました
メトロ最寄り駅は2番線の「Anvers(アンヴェール)」です。

140413-03.jpg

いつ来ても混みあっている生地屋さん「DREYFUS」。
この2階でキッチンや寝室まわりの生地&既製品を扱っています

140413-04.jpg

↑こちらが既製品のトーションです。
素材は綿か麻で、大きさはだいたい40cm×60cmぐらい。
洗い終わった食器を拭いたり、グラスを磨いたり…キッチンに掛けておく布巾のようなもの。

140413-05.jpg

消耗品なので今まではIKEAで定期的に買い換えていましたが、トーション用の布が売っていると
知って手作りに挑戦してみました

140413-06.jpg

↑こちらが「DREYFUS」2階のすみっこに置かれているトーション用の布。
量り売りなので欲しい分だけ買えます

140413-07.jpg

既製品に比べてシンプルで、結構種類もあります。
こちらも素材は綿か麻で50~60cm幅のロールです。
値段は綿だと1mあたり3ユーロ台、麻だと1mあたり12ユーロ台なので麻の方がずっと高級品
手触りも麻の方が柔らかく、使いやすそうです。

140413-08.jpg

この布はそれぞれメートルあたりの値段が書かれていますが、最短50cmから買うことが出来ます。
店内に何人か立っている裁断担当の人に声をかけて切ってもらいます
1メートルの木のものさしをも持っているのが目印です。
混んでいるときはこの人がなかなかつかまらなくて、待たされます

140413-09.jpg

選んだ生地を切ってもらったら、↑こんなふうに紙に書いてもらい、レジに持っていきます。
今回は初めてなので綿と麻、それぞれ1mずつ買いました
合わせて15.90ユーロでした。

140413-10.jpg

左が綿・右が麻です。
けっこう糊がきいているので、しっかり洗ってから2つに切ってミシンで直線縫い。
4枚のトーションが出来ました

140413-11.jpg

余った布を細く折って一緒に縫っておくと、フックに掛けやすくて便利

140413-12.jpg

手芸好きの方はぜひこういう日常に使えるパリのお土産も嬉しいですね。

140413-13.jpg







店舗情報
生地屋さん「DREYFUS」
住所:2 Rue Charles Nodier 75018 Paris