プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリのアメリカ人

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

金曜日にシャトレ劇場で行われたセザール賞(フランス版のアカデミー賞)の授賞式。
今年のプレジデント(審査委員長)は、あのジョディ・フォスターでした。
アメリカ人独特の訛りが全くない、美しいフランス語にビックリ! w(゚0゚*)w
(高校時代はロスのリセ・フランセに通っていたそうで、納得~)

しかし、なぜアメリカ人のジョディ・フォスターがわざわざプレジデント?と思ったら、
現在パリ滞在中で、(今年の監督賞を受賞した)ロマン・ポランスキー監督の新作を撮影中とのこと。
運がよければ、ロケ現場に遭遇するかも?(←ミーハー…)

さてさて、パリに住むアメリカ人…ときいて、皆さんなら誰を思い浮かべますか?

最近なら、映画監督のソフィア・コッポラ…?

もっとずーっと遡ると、作家のアーネスト・ヘミングウェイが有名ですね。

ヘミングウェイがパリに住んでいたのは、1921年の暮れから1928年の春。
1920年代のパリは、世界中から芸術家が集まる、まさに世界の芸術・文化の中心でした。

パリに来た当時のヘミングウェイは、まだ本を一冊も出していない22歳の若者。
最初に借りたアパートは、5区のカルディナル・ルモワーヌ通り74番地の3階で、
プレートには1922年1月から1923年8月までここで(最初の)妻ハドリーと暮らした、とあります。


20110228-1_512.jpg


もうひとつ、仕事場として借りていたといわれるのが、デカルト通り39番地の屋根裏部屋。
(詩人ポール・ヴェルレーヌが亡くなった建物。隣の37番地には作家の辻邦生さんが住んでいました)

いずれも、コントレスカルプ広場のすぐそばです。
噴水の周りをカフェが取り囲み、ソルボンヌの学生たちで夜遅くまで賑わう広場。
若き日のヘミングウェイは、この広場を行き来しながら、作品の構想を練っていたのでしょう、
ヘミングウェイを一躍有名にした「日はまた昇る」(1926年出版)には、この界隈が頻繁に登場します。

そして、ヘミングウェイの死後に出版された短編集「移動祝祭日」(原題:A moveable feast) は、
ヘミングウェイが当時を回想して、自殺の前年の1960年に書き上げたもの。

この本の序文に記されている、1950年に友人に語った言葉、

 “If you are lucky enough to have lived in Paris as a young man,
  then wherever you go for the rest of your life, it stays with you,
  for Paris is a moveable feast.”

 (もし幸運にも、若い頃をパリで暮らすことができたなら、
  その後の人生をどこで過ごそうとも、パリはついてくる。なぜならパリは移動祝祭日だからだ。)

ヘミングウェイの中には、パリを離れてからもずっと「パリ」があり、死ぬまでにどうしても
ここで過ごした日々を書き残しておかなければならないと思ったのかもしれません。


20110228-2_512.jpg


パリ生活社には、部屋からこの広場が見渡せるアパートがあります。
その名も、コントレスカルプ。 ( ̄∀ ̄)b
この広場を眺めながら、ヘミングウェイのいた頃に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

もうひとつ、ムフタールのアパートも、(部屋からは見えませんが)この広場に面した建物に入っています。



※ちなみに、Contrescarpeの読み方ですが、「コントルスカルプ」では?とのご指摘もありますが、
 escarpe(エスカルプ=堀の内岸壁)という単語に、接頭語contre(コントル)がついて、堀の外岸壁を表す
 contrescarpe、(コントル・エスカルプ → コントレスカルプ)からきており、パリ生活社でもこの表記を用いています。


チケットを手に入れるには?

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

パリにいらっしゃる皆さん、農業見本市は行かれましたか?
スタッフNは、夜遅くまでやっている、金曜を狙っています (・▽・)ノ
事前にEチケットを買うという手もあり、これなら入場券の列に並ばなくても済みますし♪

このEチケット、最近グランパレなど美術館の特別展などでもお馴染みになっているシステムですが、
なぜかフランスのEチケットって、手数料がかかってしまうんです!

日本人の感覚からいくと、逆にEチケットなら割引あってもいいんじゃない?と思うんですが、
フランスの場合、「並ぶ時間を買う」というふうに考えるみたいですね。
ちなみに、FNACやカルフールなどのプレイガイドで受取るようにすれば手数料はかかりません。
ま、この見本市の場合は、1枚あたり0.50ユーロなので、それほどの負担にはなりませんが…。



さてさて、チケットといえば全仏オープンテニスの一般販売が今日から始まりました。


20110223_512.jpg


本戦は5月22日からなのに、もう?という感じですが、「もう」なんです! (`ロ´;)

パリ生活社のHPでもご案内していたとおり、
不正売買を避けるため、購入条件がかなり厳しくなっているにもかかわらず、
メインコートは、今日の夕方時点で全日程、ほぼ完売 ( ̄□ ̄;)!!

メインコート以外を自由に見て回れる「アネックスコート」チケットですら完売の日が出ています。
会場の雰囲気だけでも…と考えておられる方は、
早めに「アネックスコート」チケットだけでも入手しておくことをおすすめします。
(この券がなければ、会場に入場すらできませんので、ご注意!)

…ということは…もう今年の全仏オープンは観戦できないの…?щ(゚ロ゚щ)

というみなさん!
近々、ロラン・ギャロスの公式サイト上に、合法的な不要チケット売買システムが登場します!
こまめにチェックしていれば、希望のチケットがとれる可能性も…!

くれぐれも、当日、ダフ屋から…というのは、売る方だけでなく買う方も罰せられますから、
絶対に避けてください!!


チケットと名のつくもの、ほとんどネット予約が可能で、もちろん日本からも簡単に予約できますが、
フランス語や英語での予約はどうも自信が…という方、パリ生活社では、年間を通して、
オペラ・コンサートのチケットや、列車・ホテルの予約代行等も行っています。
どうぞ、お気軽にお問合せください。(詳細は↑上記↑をクリック!)


農業見本市

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

今週末からパリの公立の学校などは、冬休み、別名「スキー休暇」に入りましたが、
毎年この休暇にあわせて開催される、フランス人に大人気のイベントがあります。


20110213_512.jpg


それは、SALON INTERNATIONAL DE L'AGRICULTURE
(サロン・アンテルナショナル・ドゥ・ラグリキュルチュール)、日本語にすると、
国際農業見本市、といったところでしょうか。


Logo-sia_medium_245.jpg  公式HPへ(フランス語)


今年は、2月19日(土)から 2月27日(日)まで

フランスという国、日本人にとっては、「ファッション」「美食」といった華やか(?)なイメージ先行ですが、
この国を支えているのは、農業です!
と言い切ってしまえるぐらい、この見本市ではそれを実感できます。
実際、食料自給自足率は111%(2007年)と世界でもトップクラス。 (※農林水産省データより)


パリ南西端、ポルト・ド・ヴェルサイユの広い広い展示場は、大きく4つに分かれます

・動物系パビリオン(牛、羊、山羊、馬、豚、鶏、ウサギ…などの畜産関連)
・植物系パビリオン(穀物、野菜、果物、花…などの栽培関連)
・技術・雇用などに関するパビリオン
・農産物販売パビリオン

が、ここで簡単にまとめるのは無理… ( ̄∇ ̄;)

というのも、たとえば動物系パビリオンだけでも、
生きた牛や羊を間近で見たり触ったりできるほか、家畜コンテスト、ひよこ孵化観察、
乳製品のクイズラリー、食肉、皮革、毛糸…などの加工デモンストレーション、
飼料、農具、トラクター…など、あれも、これも!と関連の展示が盛りだくさん過ぎて。

農産物販売のパビリオンに至っては、さながら巨大物産展会場
フランスの各地方、海外領はもちろんのこと、ヨーロッパ、アジア(もちろん日本も)、アフリカ、アメリカ…
と、まさに世界中の特産物が一同に集結!飲食店のブースも充実!

たとえば、軽く思い出しただけでも
・ボルドー・ブルゴーニュをはじめ、各地のワイン
・ブルターニュやノルマンディーのバター、チーズ、ガレット、シードル
・アルザスのシュークルート、ソーセージ、ビール
・フランス南西部のフォアグラ、リムーザン牛
・タヒチのヒナノビール
・スイスのチーズフォンデュ、ラクレット
・スペインの生ハム、タパス、パェーリャ
・イタリアのパスタ、チーズ、ジェラート
  …など、など、まだ、まだ…

とにかく、すごい! このひとことに尽きます。(我ながら貧弱な表現力…)

フランス各地からやって来る農業関係者や家族連れで連日ごった返し、
入場の列も半端ではないのですが、それだけ訪れる価値のある見本市です。

朝から入場して、動物とふれあって、各地の名物を味わって、お土産をどっさり買い込んで…
充実した1日を過ごせること間違いなし! ( ̄‥ ̄)

熱く語ってしまいましたが、この時期パリにいらっしゃる方は是非!おすすめです。


Paris Expo - Porte de Versailles
1 place de la Porte de Versailles
75015 Paris
+ 33 (0)1 49 20 45 12

2月19日(土)~ 27日(日)の毎日 9:00-19:00 (25日(金)のみ23:00まで)
入場料12ユーロ (6~12歳の子どもと中高生は6ユーロ、6歳未満無料)

Porte de Versailles ⑫, Balard⑧


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細がでてきます)
バラール 
コンバンション
ダンジグ
ブイエ
その他メトロ8番線沿線のオスカーロティボスケファベールなども便利です

アラブなひととき

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

あっという間に2月になってしまいました。
しばらくマイナス気温が続いたパリも、ここ数日は最高気温が10℃前後。
日も長くなってきて、春が近づいてきたな~という感じです。
(って言ってると、また寒さが戻ったりするんでしょうけど!)

さてさて、そんな春を感じた日曜日、こちらへ行ってきました。


201102061_512.jpg


Institut du monde arabe (アラブ世界研究所)。

5区のセーヌ川沿いに建つ、ひときわ近代的な建物は、建築家ジャン・ヌーベルによるデザイン。
カメラの絞り機能を応用して、館内の明るさを調整する仕組みをもつ
南側のガラスのファサードはあまりにも有名です。
アラブ諸国の情報・文化を発信する場所として、1987年にオープンしました。

もちろん、アラブ文化の展示も大変面白いのですが、
なんといってもおすすめは…。


201102062_512.jpg


ここの屋上テラスから眺めるパリ。 

展示は有料ですが、屋上テラスやレストラン、カフェ、ショップへのアクセスは無料なのです。
入口で荷物検査を済ませ、そのまま高速エレベーターで9Fまで。
レストラン手前の出入口からテラスに出ると、ノートルダムを臨む、セーヌの眺めが広がります!


さてさて、目で満足したら、お茶でも。
こちらのレストランでもよいのですが、せっかくなら足をのばしてモスケまで行ってみましょう。


201102063_512.jpg


初めてだとちょっと入りにくい感じですが、門をくぐったら、その雰囲気に(いい意味で)驚くはず。

お茶だけでいいなら、建物前のテラスか、建物入って左奥の屋内テラスへ。
空いている席をみつけたら、座ります。すると、給仕のおじさんがやってきて、
ミントティーを置いてくれますので、その場で2ユーロ払います。 (※コップ1杯2ユーロ)

これだけ ( ̄▽ ̄)b

もちろん、甘いアラブ菓子など、他のものも注文できるのですが、まずはミントティーをお試しあれ。
疲れを癒す程よい甘さで、クセになってしまいます。

ちなみに建物入ってすぐ右手はレストラン。本格的なクスクスやタジンが味わえます。

そして、もっとアラブに浸りたい人は、是非ハマム(トルコ式蒸し風呂)へ!(要水着)

こういう異国情緒が気軽に(しかもかなり本格的に)味わえるのも、移民の街パリならでは。

天気の良い日は、隣接する植物園の散策もおすすめですよ。


Institut du monde arabe 
1 rue des Fosses Saint Bernard
75005 Paris

火~日 10:00~18:00 (月曜、5月1日休)
http://www.imarabe.org/

Jussieu⑦⑩  Cardinal Lemoine⑩


La Mosquée de Paris
39 rue Geoffrey Saint-Hilaire
75005 Paris

サロン・ド・テ :9:00~24:00頃
レストラン:12:00頃~24:00頃 いずれも年中無休

Censier Daubenton⑦  Place Monge⑦  Jussieu⑦⑩


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細がでてきます)

サンジェルマン (アラブ世界研究所のすぐ近く)

ドーバントン (モスケのすぐ近く)