プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

メトロ・バス料金改定

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

気がつけば6月ももう終わり。
猛暑も予報より少なく3日ほどで終わり、しばらく過ごしやすい日が続きそうです。ヨカッタ。 ε=(´o`A゙

さてさて、7月といえば、恒例の…

RATPの値上げ があります。( ̄▽ ̄;)!!


20110629_512.jpg


RATPというのは、パリ交通公団。パリのメトロやバスなど公共交通機関を運営するところです。
毎年、7月1日に料金が改定されるのですが、もちろん下がることはなく、上がる一方です。

今年の値上げで、パリ短期滞在のかたに関係するようなところでは…

1-2ゾーンのカルネ(1回券きっぷ×10枚) 12,00ユーロ → 12,50ユーロ

1回券きっぷ(TicketT+)は、券売機では1,70ユーロで据え置きですが、
バス乗車時に、運転手から購入する分は、1,80ユーロ → 1,90ユーロに値上げだそうです。

あとは、Navigoの月定期が値上げ。
たとえば1-2ゾーン 60,40ユーロ → 62,00ユーロ (既に6/20より新料金になっています~)

週定期はそのまま据え置きのようです。(1-2ゾーン18,35ユーロ
…と見せかけて、実は0,50ユーロ上がっていました。。。 18,85ユーロです。 (7月2日追記)

しかし…サービス面とか、決して少なくはないストや運休なんかを考えると、
高すぎるような気がしてなりません。

他の都市なら、1回券で1,5時間以内なら、何度でも利用可だったりするのに!(・ε・)
パリは、バス(orトラム)→バス(orトラム)の乗り継ぎはできても、メトロ⇔バスの乗り継ぎや、
一旦改札を出ると、再入場などはできませんからね、、、
(スタッフNの知る限りで、ヨーロッパでいちばんケチ! なシステムだと思います)

こんなに値上げするならサービスも上げてくれ!と思うのは、わたしだけじゃないはず…┐( -"-)┌

ま、サービス改善の期待はしても無駄ですので、
スタッフN、明日さっそくカルネをまとめ買いしようと思ってます。
0,5ユーロでも、4~5回でカフェ1回分と考えると…(セコい!?)

あ、ちなみに、カルネ(もちろん1回券もですが)は有効期限ありませんので、次回もご使用になれますし、
古いきっぷをお持ちのかたも、未使用なら、使用することができるはずですよ。


7月1日追記

なんと!ロワシーバスや1日乗車券モビリスも値上げになっていました。。o( ̄▽ ̄メ )

ロワシーバス(シャルル・ド・ゴール空港⇔オペラ 片道) 10,00ユーロ (ついに大台…きりはいいけど)

オルリーバス(オルリー空港⇔ダンフェール・ロシュロー 片道) 6,90ユーロ (こっちはなぜか端数)

モビリス 1-2ゾーン(1日乗り放題) 6,30ユーロ

詳しくは、RATPのサイトでご確認ください。(日本語サイト…ちょっと怪しい翻訳になっていますが。)


現代版画のサロンをお忘れなく!

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

今日は天気予報どおり、暑い暑い1日でした… (´Д`;)
(こんな予報は当たらなくてもよいのに)


20110627_512.jpg


ふだんは太陽大好き欧米人も、さすがに日陰を選んで歩いていました。

明日も午後は36℃まで上がる見込みです。
パリ滞在中の方は、水分を十分とって、体調を崩されぬようお過ごしください。。


さてさて、この暑い中ですが、
現代版画のサロン、いよいよ明日になりましたのでお知らせです!


salon_512.jpg


Journée de l'estampe contemporaine (現代版画の1日サロン)

 とき : 2011年6月28日(火) 14h-22h (入場無料)

 ところ : Place Saint-Sulpice, 75006 Paris (サン・シュルピス教会前広場)


お時間のあります方は、ぜひお立ち寄りくださいね。


夏のソルドはじまりました

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

フランスでは、6月22日(水)から夏のソルドが始まっています。(7月26日(火)まで
デパートをはじめ、6月26日(日)や7月14日(祝)も特別営業をするお店も多いですよ。


20110623_512.jpg


スタッフN、初日は行くことができず(涙)今日、時間延長していたデパートへ寄ってきました。
しかし、ずっと涼しい日が続いていることもあって、ついついコートとかカーディガンとか
羽織ものばかりに目がいってしまいます。。

さてさて、

○月にパリに行くんですが、どんな格好していったらいいですか? ( ・◇・)

と、友人知人を含め、よく聞かれますが、これ、一番困る質問なのです。

ここ数年異常気象続きで、今年はとくに4月なのに真夏のような日があったり、
6月なのに最低気温ひとケタ台、最高気温も20℃に満たない日が続いたり…
(21日のフェット・ドゥ・ラ・ミュージックも、平日、しかも天気のせいで出足が鈍かったような…)
また、1日の中でもコロコロ天気が変わりやすく、曇りだと肌寒いけど、日が照ると暑い…
天気予報もアテにならないし、体感温度は人それぞれだし…ということで、結局

そうですね、調整のきく服装がいいのではないでしょうか。 (・▽・)ノ

と、無難なお返事をすることになりますが、こうしか言えないというのが正直なところなんです。

ところで、

パリといえば、ファッションの街

と思われている方も、まだ多い…ですかね?
一度でも来られた方は気づかれていると思いますが、
雑誌とかに載るような、おしゃれな人は、ほんの一握り。
しかもフランス人ではなく、外国人だったりします。(住んでる人も、観光客も多いですし)
あとは普通…というか、日本のほうが断然平均水準は高いのではないかと。

日本と違うところは、みんな、着たいものを着たいときに着ているというところです。
日本にいると、季節感を無視した格好ってしにくいんですが、
先日も書きましたが、6月なのにダウンのコートを着る人もいますしね。 ┐(´-`)┌
夏の終わり頃なんて、キャミソールにサンダルの人もいれば、
ウールのコートにロングブーツもいる…とバラエティ豊か過ぎて笑えます。
しかも、同じ服が続くのも普通、「あれ?昨日も着てたよね」なんて言う人もいません。
逆に毎日とっかえひっかえ…というほうが珍しいような。

そんなパリ、というか、フランス全体の傾向ですが、ソルドにかける気合はすごいです。
そして、ソルドが始まった途端、おしゃれな人が急増したりします。

で、何が言いたかったかといいますと、ま、そんな感じですので、
荷物を詰められる際、服装はそれほど悩まなくていいですよ、ということが言いたかったのです。
H&Mやモノプリをはじめ、普段から安いお店はたくさんありますし、
ユニクロさんなんかも、また新しい店舗ができるというくらい人気ありますからね。
現地調達はいくらでも可能です。そういう意味ではファッションの街ですかね。

実はパリ、今週末からまた暑さが復活し、予報によると月曜は36℃まで上がるらしいのですが…。

えーと、今日は最高でも20℃ないんですけど?

何をどうすれば、こうまで極端になるのか?不思議でなりません~ (--;)

音楽の祭典

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

パリはどうしたことか、パッとしない天気が続いています。
ほんとなら1年でも一番気持ちの良い季節のはずなんですけれど ( -_-) =3
肌寒くってトレンチコートが手放せません。
きのうなんて、ファーつきダウンコートを着たマダムを見かけましたよ。
ま、大げさな人々で構成されている国ですから、驚きませんけどね。 ┐(´-`)┌

それでも、夜の10時ぐらいまで明るいパリ。
それもそのはず、もうすぐ夏至なんですよね!

夏至といえば、あれですよ、あれ!


download_fichier_fr_fete_musique_250.png


毎年 6月21日、1年でいちばん日が長い日に行われる音楽のイベント、
Fête de la musique (フェット・ドゥ・ラ・ミュージック:音楽の祭典)

この日のパリは、朝から夜中まで音楽一色。
さすがに平日なので、夕方からのイベントが圧倒的に多いですが、
路上、公園、広場、教会、美術館…ありとあらゆるところで、
クラシックからジャズ、ポップス、ロック、ヒップホップ、ブラスバンド、民俗音楽…
ありとあらゆるジャンルの音楽が楽しめます。

それこそひとり道端でピアノを弾いているお兄さんから、
ラジオフランスやオーケストラ・ド・パリといったプロのオーケストラまで。
今年は海外領年ということで、南国ムードも楽しめそうです。

街をぶらぶら散歩しながら、いろんな音楽を聴きかじるもよし、
公園や広場に設置されたステージのライブで盛り上がるもよし、
カフェでジャズ演奏をおされに楽しむもよし、
教会でパイプオルガンやコーラスに心を洗われるのもよし、
オルセーやルーヴルで気合を入れてオーケストラを聴くもよし。

プログラムを紹介したかったのですが…公式サイト、はっきりいって見にくいです。┐( -"-)┌

フェット・ドゥ・ラ・ミュージックのプログラム検索へ (クリックすると開きます)

どうしても計画だてて回りたい!というかたは、
parisなどと入力(またはプルダウンメニューで選択)して、検索してみましょう。

でも、プログラムなんてなくても、そこらじゅうで何かやってますから、それなりに十分楽しめます。
スタッフN、リュクサンブール公園からカルチェ・ラタン、バスティーユ、マレ、レ・アール、
パレロワイヤル、ルーヴル…と、聴きかじりながら歩いたことがありますもん。(;^◇^;)ゝ

お天気が気になるところですが…せめて雨は降らないことを望みます。


そうそう、この音楽の祭典、
発祥の地、フランスでは今年で30周年を迎えますが、いまや世界中に広がり、
なんと日本でも、もう10回目なんですって!w(゚o゚)w 
日本にいるかたも、お近くのイベントをチェックしてみてくださいね!

現代版画のサロン

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

6区のサン・シュルピス教会の修復工事が、今年の2月にようやく終了してスッキリしました。
足場のないこの姿、なんと12年振りなんですよ!(冬の写真でゴメンなさい)


20110615_512.jpg


この教会前の広場、古本やアンティークなどのサロン(見本市)がよく開催されるのですが、
このたび、現代版画のサロンがありますのでお知らせです!


salon_512.jpg


Journée de l'estampe contemporaine (現代版画の1日サロン)

 とき : 2011年6月28日(火) 14h-22h (入場無料)

 ところ : Place Saint-Sulpice, 75006 Paris (サン・シュルピス教会前広場)

版画といっても多種多様な技法が存在し、各地から版画家自らがスタンドに立ちますので、
直接作家と会話も交わせるサロンです。
アートに興味のある方には楽しめるイベントだと思います。

と、パリスタッフIも申しております!

といいますのも、パリ生活社、版画をやっているスタッフが数名おり、
このサロンにスタッフIとスタッフTがスタンドを借りて出品することになりまして。
(内輪ネタでゴメンなさい)

でも、いろんな版画を一堂に見ることができるよい機会ですので、
お時間のありますかた、ぜひぜひ立ち寄ってみてみてくださいね。

旬のくだもの

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

パリに住む前は、毎週日曜の朝はマルシェに行って~などと考えていましたが、
実際住んでみると、そうそう行かないものなのです(えっわたしだけ?)

ここのところちょっと余裕がなかったこともあるのですが、
すっごく久しぶりに近所のマルシェに行ってみると、旬の果物がたくさん出ていました!


20110612-1_512.jpg


マルシェというと対面販売。
しかも価格表示が「キロいくら」なので、

ぜんぶキロ単位で買わなくちゃいけないの?щ(゚ロ゚щ)

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、どんな買い方でも可能なんですよ。
短期滞在だけど、いろんなものを味見してみたい!という方、ご安心を。( ̄▽ ̄)b

ポワールペッシュなど大きめのものは1コ単位でもOKですし、
(例:ドゥ・ポワール・エ・ユヌ・ペッシュ・シルブプレ → 洋ナシ2コと桃1コください)
スリーズレザンなど房もの、粒ものは「アン・プー・ドゥ・・・(~をちょっと)」とか言ってみると、
「これぐらい?」と店の人が袋に入れてくれるので、それでよければウィ、
もうちょっと欲しければ「アン・プー・プリュス」など言うとよいだけです。

フランス語に自信がない…という方は、指差しでもOK、ですが、
気持ちよい1日を過ごしたければ(笑)まずは、ボンジュ~と「笑顔で」挨拶を忘れずに!( ̄▽ ̄)b

商品ごとに秤で量って、登録されているキロ単位の値段をもとに計算されます。
1コだとこんなに安いのか~!と驚くこともしばしば。


20110612-2_512.jpg


きょう買ったのは、スリーズ(フランス産)を1キロと、アブリコ(スペイン産)を1/2キロと、
ペッシュ・プラットを味見用に1コ。これで6ユーロぐらいです。

ヨーロッパは4、5月と暑い日が続いたので、スリーズアブリコも甘くて美味しい!

ペッシュ・プラットはその名のとおり、「平べったい桃」ですが、
こちらでペッシュといえば水っぽいものが多い中、日本の桃に匹敵する美味しさです。

あと、ムロンも飛ぶように売れていました。
「いつ食べる予定?」と聞いてくれて、食べごろにあわせて選んでくれます。
生ハムメロンもいいなぁ~と思いつつ、今回はお見送り。
そうそう、パステックを抱えたムッシュウもいましたよ。
また、旬のものが登場したら、追ってお知らせしますね。

この季節、パリ滞在の方はぜひ!マルシェで旬の味を楽しんでみてくださいね。



文中の果物のカタカナ表記、どう表現すべきか?と考えたのですが、
フランス語の読みに近い表記にしました。このまま言ってみても、なんとか通じるはず。
(ただし、大きな声で堂々と。ぼそぼそ言うと負けです(笑))
なんのこっちゃ?と思われた方は、以下をご参照ください。

ポワール Poire : 洋ナシ
ペッシュ Pêche : ピーチ、桃(白桃はペッシュ・ブランシュ、黄桃はペッシュ・ジョーヌ)
スリーズ Cerise : チェリー、さくらんぼ(ナポレオン、アメリカンチェリーなど)
レザン Raisin : レーズン、ぶどう
アブリコ Abricot : アプリコット、あんず
ムロン Melon : メロン
パステック Pastèque : スイカ