プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

ロンドン1泊旅行 その1

今週の火・水曜日に1泊2日でロンドンに遊びに行ってきました!
パリ北駅から国際列車「ユーロスター」で、片道2時間半の旅。
今までにパリから日帰り・1泊・2泊など「ちょっと遊びに行く」感覚で、何度も訪れています。

130127-01.jpg

パリからロンドンに向かう場合、時差のため時計を1時間戻すことになります。
電車に乗っている時間は2時間半ですが、実際到着してみると1時間半しか経っていない♪
ロンドンでの時間を有効に使えて、ますます近く感じてしまうのです

が、しかし。
冬の場合は要注意
寒波が重なって雪が降ると、日本の列車と同じようにユーロスターも遅れたり、キャンセルになる
こともあります。
今回はちょうどフランスとイギリスに大寒波が到来、前回のブログでもご紹介した通りパリ市内も
稀にみる積雪でした。
こればかりは予想できないので仕方がない…

なので今回は最悪ロンドン旅行が中止になることも想定しつつ、天気予報やユーロスターのホーム
ページをこまめにチェックしておきました。
旅行当日も何便かダイヤが乱れていて、予約していた朝7時台の便はキャンセルに!
早めに北駅のカウンターに行っていたので1時間後の8時台の便に変更が出来ました。
ホームページ上の情報は朝9時にならないと更新されないので、結局「早めにカウンターに行く」のが
一番良かったのだと思います。

パリを出てしばらく走っていると、窓の外はこんな風景

130127-02.jpg

晴れてはいるけれどすごい雪!
そのため列車の運行も少し徐行運転だったので、30分ほど長くかかってロンドンに到着
合計で最初の予定より1時間半ぐらいの遅れでした。
まさか午前中のうちにロンドンに着けるとは…
もっと遅れることも予想していたので、何だかすごい得した気分になってしまった(笑)

さてさて、ロンドンに着いたらまずは腹ごしらえ!!
ノッティングヒルのカフェレストラン「Granger&Co」へ行ってきました

130127-03.jpg

このお店は日本では「Bill's」という名前で展開していますね!
そのオーナーシェフの名前が「Grangerさん」だそうです。
本店はオーストラリアにあって、日本に進出するときのふれこみは「世界一の朝食」だったそうですね~。

130127-07.jpg

店員さんは全員男性で、必ずヒゲを生やしていました。
ロンドンはちょっとしたヒゲブームではないか??街中でもヒゲを伸ばしている若い人が多かったです。
こういう健康的でおしゃれっぽくて洗練された雰囲気のお店って“いかにもロンドンらしい”特徴の一つかも。
絶対パリには進出しなさそう、、、と思っていたので食べてみたかったのです!

130127-09.jpg

“世界一”と言われたら見てみないわけにいかない…と思って注文しました
↓こちらが「full aussie breakfast」(ランチメニューにもあります)

130127-05.jpg

すべてが上質の素材という感じで、とってもおいしい!
もう一つこちら↓「bill’s BLT」。クレソンたっぷりで、アイオリソースが効いています。

130127-04.jpg

これでお昼ご飯はおなかいっぱいだったのですが、おやつも外せない

130127-06.jpg

↑「ricotta hotcakes」、どっしり重くて結構な量だったのですが二人で一瞬で食べてしまいました!
今まで食べたパンケーキの中で一番おいしかった
オーストラリアって意外と食べ物がおいしいと聞きますが、本当にそうかもしれない。
生地が全然甘くないので、メイプルシロップをたっぷりかけても罪悪感を感じない!(笑)

外が寒かったので、結局このお店で午後3時ぐらいまでのんびりしていました。
この後はノッティングヒル周辺を散策
お買い物・お土産編は次回に続く…





店舗情報
「Granger&Co」
住所:175 Westbourne Grove London Wll 2SB
ホームページ:http://www.grangerandco.com/

ネスプレッソ・デビュー

この数日、パリは毎日雪が降っています

130120-01.jpg

↑昨日のサンジェルマンデプレ教会。一日中空が真っ白でどんよりしていました。
↓同じく昨日のルーブル美術館前。
全身ヒートテックを着込み、靴下(もちろんヒートテックの)も2枚重ね、足先と腰に貼るカイロ、ロングの
ダウンジャケット、ニット帽、マフラー、手袋…で完全防寒!
さすがに寒いのは顔だけでした。

130120-02.jpg

今日も朝からずっと雪が降り続いています。
パリでこんなに積もったのを見たのは初めてかもしれません

さてそんな中、雪にも負けずこの冬のソルドも頑張っています
今日はその戦利品をご紹介…!

130120-03.jpg

とうとう「ネスプレッソ」デビューしてしまいました~!
なんと定価149ユーロのマシーンを40ユーロでゲット
おうちで本格的なエスプレッソが飲める、画期的なネスプレッソ。
日常的にエスプレッソを飲む習慣があるフランス人に大人気、パリ市内にもどんどん店舗が増えて
いつも店内は混みあっています

でも先月、日本に一時帰国したときテレビでネスプレッソのCMが流れていてびっくり。
いつのまにか日本でもすっかり浸透していたのですね…
この「ピクシー」という名前のマシーンは日本でも販売されていますね。
すごくスリムで場所を取らないのが最大のポイントです!

130120-04.jpg

専用のカプセルと水をセットしてボタンを押せば、ほんの数秒でエスプレッソの出来上がり。
こんなおいしいコーヒーが家で飲めるなんて…
最初に16種類のお試しカプセルが付いていたので、限定販売以外のすべての味を試せるのもうれしい!
コーヒー豆の種類によって、苦味や酸味・ミルクに合うなどなどそれぞれ特徴があります。

130120-05.jpg

カプセルはネスプレッソの店舗で購入できます。
シャンゼリゼ、オペラ界隈(2店舗)、ボンマルシェ裏などパリ市内は今のところ6店舗です。

130120-07.jpg

“ネスプレッソの顔”と言えば昔から変わらずこのお方…ジョージ・クルーニー様。
何を隠そう、私は高校生の頃から彼のファン(笑)
日本で見たCMもビシッと決まってましたね~!

今回はお試しセットの中で気に入った「Arpeggio」と「Dulsao Do Brasil」の2種類を買ってみました。
このカプセルが高いんじゃないの~~??と思って今まで反ネスプレッソ派だったのですが、値段を
見てびっくり!

130120-08.jpg

10カプセル入って「Arpeggio」=3.50ユーロ、「Dulsao Do Brasil」=3.90ユーロ。
期間限定のカプセルでも4.20ユーロでした。
エスプレッソ一杯が35~40サンチームぐらい(カフェで飲むとだいたい2ユーロ以上)。
これじゃいつも買ってるコーヒー豆とほとんど変わらない値段じゃない!!
だからこんなに流行っているのか、、、今さら納得でした。

130120-09.jpg

日本ではこの同じカプセルが、倍ぐらいの値段で売っているみたいですね…
フランスは元々コーヒー豆の値段がとても安いのでネスプレッソもかなりお得です。

130120-06.jpg

しかもお店で何か購入してそのレシートを見せると店内のカフェでエスプレッソ1杯(お菓子付き)が
無料で飲めるんです。
16種類+限定豆の中から好きなものを選べます。
今回はお試しセットには入ってなかった2012年限定のヘーゼルナッツフレーバーのものを選んでみました。

ネスプレッソを愛用している方は、パリ滞在中にぜひ路面店へ
カプセル購入ついでにちょっと休憩も出来て、私もちょくちょく出没することになりそう~~
また別の味も飲んでみたいし…(これがネスプレッソの戦略か!)

130120-10.jpg

お湯で割ってアメリカン、泡だてたミルクでカプチーノ…などなど、どれもお店で飲む味!!
今回もソルドで良い買い物ができました

2月のイベント

今日は2月のイベントを2つご紹介します

まずは「salon l’Aiguille en fête(手芸国際見本市)

130113-01.jpg

日程:2013年2月14日(木)~17日(日)
時間:14、15日…9:30~19:00
    16日 10:00~19:00
    17日 10:00~17:00
場所:Parc des Expositions Porte de Versailles
地下鉄:12番線「Porte de Versailles」下車すぐ
通常料金:12ユーロ(1人)

毎年2月に行われる手芸の祭典です
パッチワーク、キルト、編み物、刺繍…とにかく手芸に関するあらゆるブースがズラリ。
パリ市内で手芸屋さん巡りをするよりもずっと充実した品ぞろえだと思います。

120211-11.jpg

写真は全て去年のものです。
会場が去年とは違う場所なのでご注意を!
今年はサロンドショコラなどが行われる見本市会場になりました。

120211-14.jpg

参考までに、去年の記事はこちら→2012年2月11日
今年も混雑が予想されますね。
フランス人にも大人気のイベントです

120211-04.jpg




そしてもう一つ大きな見本市が…
salon international de l'agriculture(国際農業見本市) 」です!
(写真は全て去年のもの)

120226-04.jpg

日程:2013年2月23日(土)~3月3日(日)
時間:9:00~19:00(3月1日のみ23:00まで)
場所:Parc des Expositions Porte de Versailles
地下鉄:12番線「Porte de Versailles」下車すぐ
通常料金:13ユーロ(1人)

120226-02.jpg

手芸国際見本市と同じ会場です
フランスの農業をテーマに、様々な農産物・乳製品などなど実際に見ながら触れながら体験する
ことができます。
さらにフランス各地&世界各地の物産展も大きな規模で開催されています。
↓こちらはカンタル地方名物「トリュファード」。

120226-08.jpg

いくつかのパビリオンに分かれていて、全部見て周るだけでも丸一日かかります
去年の記事はこちら→2012年2月26日
毎年フランス・アキテーヌ地方からやって来るアイス屋さん、今年も出店するといいなぁ…

120226-06.jpg

どちらの見本市もとっても楽しみです





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

バラール

コンバンション

ダンジグ

ブイエ


コーヒー専門店「Malongo cafe」

遅くなりましたが…新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします

130106-11.jpg

今日はお気に入りのカフェ「Malongo cafe(マロンゴ・カフェ)」をご紹介します

130106-01.jpg

「マロンゴ」は1934年創業のコーヒー豆専門店です。
フランス・ニースに本店があり、世界中のカフェやレストランに卸しています。
パリでも街中のカフェでこの「Malongo」のロゴを見かけたことがある方も多いのでは?
そのマロンゴの直営店として、15区に「マロンゴ・カフェ」があります
(※追記:15区の支店は閉店しました)

130106-02.jpg

入り口を入ってすぐに量り売りのコーヒー豆が並んでいます(紅茶もあります)。
量り売り以外に缶のパッケージの豆もあります。

130106-03.jpg

130106-04.jpg

1階にレジがあり、そこで注文&受け取り。
席は1階にも少しありますが2階の方が広くて空いています

130106-05.jpg

老舗のコーヒー専門店と言っても、店内はかなり素っ気ないです(笑)
特に雰囲気重視というお店ではないので、地元の人が気軽に買い物途中に立ち寄っていくという感じです。

130106-06.jpg

今日はカフェ・ラテ(小、3ユーロ)を注文しました
実際に作っているところが見えるので面白い!

130106-07.jpg

店員さんの慣れた手つきの速いこと!
透明なグラスに温めたミルクをいっぱいまで注いで、上からエスプレッソを落とします。
どんどんミルクが盛り上がってこぼれそうになりますが、泡がフタになって絶対にこぼれません
「カフェ・ラテ」、とってもおいしいです
チョコが一つ付いています。

130106-08.jpg

そしてこちらもおすすめ、パウンドケーキ(2.20ユーロ)
5種類ぐらいありますが、今日は「バナナ&くるみ」を選びました。
一切れ一切れラップに包んで置いてあるのでしっとり度マックス!!

130106-09.jpg

しかも分厚い!!(笑)
甘くて濃厚でずっしりしてます。
マロンゴカフェではコーヒーだけでなく是非パウンドケーキもお試し下さい
他にマフィンもあります。

最後にコーヒー豆も買って帰りました。
「Nicaragua(ニカラグア)」という中央アメリカのもの。

130106-10.jpg

さっぱりとした味で、冷めてもおいしい

マロンゴ・カフェはラファイエットデパートのグルメ館にも入っています。
カウンターのみですが、お買い物の休憩に本格的なコーヒーを味わえるのでおすすめです
コーヒー豆の量り売りもあります。





店舗情報
「Malongo cafe(マロンゴ・カフェ)」
店舗リスト:http://www.malongo.com/adresse.php


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

エミールゾラ

フェリックスフォール

オスカーロティ