プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

15区 Convention(コンバンション)のマルシェ

明日(3月31日)から夏時間になるというのに、パリの気温は最高気温が5~7度くらいの肌寒い日
が続いています…
日本は春(ほとんど初夏?!)らしくなってきているところもあるようなので、この時期パリ滞在される方は
気温差にお気を付け下さい!

さて、今週はパリ15区・Convention(コンバンション)駅前のマルシェに行ってきました
メトロ12番線「Convention」駅前から東に、Rue de la Conventionの両側に週3回(火・木・日)マルシェ
が立ちます。

130330-01.jpg

野菜・肉・魚・花、などなど一通りのお店が並びます
庶民的な雰囲気で、マルシェのスタンド以外にもパン屋、お惣菜屋、ケーキ屋もあって活気のある通りです!

130330-02.jpg

季節によってはキノコ専門店やりんご専門店などのスタンドもあります。

130330-03.jpg

今回は春らしく明るい色を…と思って黄色のお花を買いました

130330-04.jpg

ラナンキュラス、10本で6ユーロでした

130330-09.jpg

そして今が旬のイチゴ!
赤くていかにもおいしそう~~~に見えますが、要注意!

130330-11.jpg

フランスのイチゴは日本のイチゴに比べてかなり甘みが少なく酸味が強いです。
値段の高いブランド品種“gariguette(ガリゲット)”と呼ばれるイチゴでも、日本人には
「なにこれ?!酸っぱい!」と思ってしまうほど…
そのかわり酸味を活かしてジャムにするととってもおいしいのです

きっとフランス人も日本の甘いイチゴを食べたらビックリするでしょうね

そしてこのコンバンションのマルシェへ行ったらこちらでおやつを買うのも忘れずに…

130330-05.jpg

ケーキ、パン、チョコの「Laurent Duchene(ローラン・デュシェーヌ)」。
どれもこれもおいしそうでいつも迷ってしまうのですが…
ここは2012年にパリでナンバーワンのクロワッサンに輝いているのです!

130330-06.jpg

小ぶりですがバターの香りたっぷりでとってもおいしいクロワッサン。
ぜひぜひオススメです

130330-10.jpg

レジでマカロンの試食も頂きました~!
ミント風味でこれもすごくおいしかったです。

130330-08.jpg

ちなみに、お店の前に5月のお休みの張り紙がありました。
日本と同じくフランスも5月は祝日が多いのでお店の営業時間には要注意です!

130330-07.jpg

通常の定休日は月・火曜日ですが、それに加えて5月8日(水)は8:30~13:30、
5月1日(水)と9日(木)はお休み、となるそうです。





店舗情報
Laurent Duchene(ローラン・デュシェーヌ)
住所:238 rue de la Convention 75015 Paris
ホームページ:http://www.laurent-duchene.com/(音が出ます)

マルシェ(朝市)
場所:Rue de la Convention
曜日:火・木・日



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

コンバンション


ブイエ


ダンジグ

デュッセルドルフ1泊旅行 その2

130323-01.jpg

素敵な蚤の市巡り…デュッセルドルフ1泊旅行、2日目
朝6時半にデュッセルドルフ駅へ!
日曜日だというのに、なんと早朝5時半から普通にお店がオープンしているそうです。
真面目!!(笑)
平日6時でもパリ北駅は全部閉まっていたのに、、、フランスではそれが当たり前
ドイツとフランス、それぞれのお国柄ですね~。

駅のパン屋さんでプレッツェルとカフェオレを買って、朝ごはん

130323-02.jpg

毎月第2日曜日に開催される、デュッセルドルフの巨大蚤の市「GROSSMARKT(グロースマルクト)」
に向かいます。
デュッセルドルフ駅前から、D-Unterrath行きの707番のトラムに乗って20分程度(12個目の駅)で到着です。
トラムは30分に1本しかないので、事前に時刻表をチェックしておくことをオススメします。

130323-03.jpg

↑トラムの中はこんな感じです。
大きなカートを持って蚤の市に向かう人もちらほらいました。

130323-04.jpg

降車駅「GROSSMARKT」から歩いてすぐの所に入り口が見えてきました!
グロースマルクトとは「大きな市場」という意味で、その名の通り体育館のような?倉庫のような?建物が
いくつも並んでいます。
この日はずっと雨&雪だったので、屋内はありがたい…

130323-05.jpg

外にもブースは続きます。とにかく広い!

130323-06.jpg

ゆっくり一通り周って、だいたい3時間ぐらいかかりました。
フランスの蚤の市に比べると全体的に「道具もの」や「男っぽい」ものが多い気がします。
ドイツ生まれの食器や家具は、北欧デザインに近い雰囲気でした
よくよく地図を見るとドイツとデンマークは国境を接しているのですね。

130323-07.jpg

ヴァンヴやクリニャンクールのようなパリの蚤の市では、フランスらしい古い手芸小物やレース、かわいい
絵葉書などが置いてある乙女好み(?)なお店が必ず1軒はありますが、このグロースマルクトではまったく
見かけませんでした。

そして敷地内には色んな屋台が出ています

130323-08.jpg

香ばしいかおりにつられて購入、玉ねぎのガレット。
細かく刻んだ玉ねぎで出来たかき揚げのようなもの。この玉ねぎの甘いこと!
隣のパン屋さんで買ったパンにこれを挟んで食べていたツウなおばさまもいました。

ちょっと食べたら余計におなかが減って、フライドポテトもいただきました
謎のスパイスがかかっていて、味は微妙…(笑)
屋台のごはんは基本的に油っこい物が多いのでした!
そういえば昨晩は唐揚げ定食だった、、、なんだか揚げもの続きです。

130323-09.jpg

結局朝7時半から5時間ぐらいこの蚤の市を散策して過ごしました。
値段も安くて、収穫もたくさんあって大満足。
グロースマルクトは、一部がお昼頃に終了するお店もあるのでなるべく早めに行くことをおすすめします!

大きな荷物をかかえてデュッセルドルフ駅まで戻り、ケルンに向かいます
行きはパリからデュッセルドルフまで直行のタリスで行きましたが、帰りはケルンで乗り換えです。
デュッセルドルフ―ケルン間はRE線で約30分。

130323-10.jpg

ケルンで見たかったのがこの大聖堂
駅前にど~んと登場します。
こんなにところに駅を作って大丈夫なの?というぐらい駅を出てすぐ目の前に建っています。
あまりに近すぎて私のカメラでは全体を写すことができませんでした…
迫力あります!

ケルン駅でおやつ購入(←列車に乗るときは何かおやつを持っていないと落ち着かない・笑)
デュッセルドルフでもあちこちで見かけて気になっていた「Berliner(ベルリナー)」という揚げパン
これはドイツのパン屋さんではどこにでも売っている菓子パンだそうです。

130323-11.jpg

中にジャムが入っていて、フランスのパン屋さんで見かける「Beignet(ベニエ)」とも似ていますが、
このベルリナーの方がしっとりしていておいしい
3個で0.99ユーロというビックリな安さでした(また揚げもの食べてしまった…)

ケルンからパリまでタリスで3時間14分。
フランスとドイツは時差もありません。
パリからデュッセルドルフまで意外と手軽に行けることが分かったので、また来月も行きたいなぁ~なんて
考えています

最後に、こちらが今回2日間で購入した蚤の市の戦利品です。

130323-13.jpg

スープカップ&ソーサー5客、陶器製掛け時計2つ、コーヒーミル、コーヒーフィルター、手芸箱、そして
重さ5キロもある大きな鏡…などなど。
たくさんの緩衝材、新聞紙、セロテープなどは家から持参しました。
パリの蚤の市でも買ったものを包んでくれない、袋にも入れてくれないところが多いので要注意です

130323-14.jpg

どれもこれも長い間使われてきたものばかり、見る人によってはただのガラクタ?!
ですが一度魅力にとりつかれると、どこまでも奥深いアンティークの世界です

以上、パリから行く列車の旅・デュッセルドルフ編でした





国際列車タリスのチケット予約代行もパリ生活社で承っています。
詳細はホームページにてご覧頂けます。
http://www.paris-seikatsu.com/top_ticket.html
お気軽にご相談下さい。

デュッセルドルフ1泊旅行 その1

先週末、パリ北駅から国際列車「タリス」に乗ってドイツ・デュッセルドルフへ行ってきました
1泊2日でテーマは「蚤の市」!
素敵な蚤の市めぐりをして、アンティーク雑貨をたくさん買ってきました

130316-02.jpg

パリからデュッセルドルフへの直通のタリスは一日1本のみ。
しかも朝6:01発!!
というわけで、早起きして北駅に向かいました。
早朝5時台の北駅の売店は1つも開いていませんでした。

ちなみにタリスの主な路線図はこちら↓(途中の停車駅は省略)。
時間はパリからの所要時間です。
130316-01.jpg

デュッセルドルフへはケルンで乗り換えて行くことも出来ます。
その場合はパリから1日5本出ています。

タリスの中は赤を基調としたデザイン。
座り心地はユーロスターの方が良かったような…。

130316-03.jpg

朝食は前日に買っておいた「ラ・パティスリー・デ・レーブ」のショソン・オ・ポム。
リンゴジャムがたっぷり入っているので結構ボリュームがあります。
列車内の売店で買ったカフェオレとともに。
おなか一杯になってウトウト…

130316-04.jpg

順調に進んで10時前にデュッセルドルフに到着しました!

130316-05.jpg

近代的な駅構内にビックリ
カフェ、パン屋、スーパー、本屋、薬局、スターバックス、そして24時間営業のマクドナルドまであります!
ケルン駅より広くてお店も充実していると思います。

コインロッカーもズラリ。
私たちも2日目は朝一番でここに荷物を入れて動きました
大きさも色々あって便利。
料金は機内持ち込みサイズのスーツケースが2つぐらい入るロッカーで、一日4ユーロ。

130316-06.jpg

さっそくトラムに乗って本日の蚤の市「Aachener Platz」へ向かいました

130316-08.jpg

毎週土曜日開催で、食材も扱うマルシェの一角にこんな室内蚤の市があります。
中は意外と広いです

130316-09.jpg

家具、雑貨、食器などなど色んなブースが並んでいます。
置いてあるのは普段パリで見かけないようなものばかり
パリの蚤の市では「ドイツ製」のものを見かけることはほとんどありません。
逆にデュッセルドルフでも「フランス製」のものは全然見かけませんでした。
カフェオレボウルとか、ドイツ人は使わないのだろうか??

お昼ご飯は外の屋台でソーセージ。
炭火で焼かれた香ばしい香り

130316-11.jpg

ドイツではフランスのような細長いバゲット(フランスパン)ではなく、小さめのパンが主流。
↓こんなふうに長いソーセージがはみ出るように挟みます。

130316-12.jpg

たかが屋台のソーセージ…と思いきや、さすがドイツ~!!
皮はパリッとして中はジューシー、最高でした。
こういうソーセージもフランスではめったに見かけないので嬉しい

この蚤の市の戦利品はまた次回ご紹介しますね

さてデュッセルドルフと言えば、ヨーロッパ一日本人が多い街と言われています。
このあたりは古くからの工業地帯で、昔中学校の社会の授業で「ルール工業地帯」と習ったことを
思い出しました。
まさにここがそのルール工業地帯!

130316-13.jpg

ライン河沿いはひたすら工場が並んでいます。
日本企業もたくさん進出していることから、デュッセルドルフは在住の日本人が多く、日本食レストランや
日本食材スーパーも充実

夕飯は懐かしい日本の味をと楽しみにしていました。

130316-16.jpg

たくさんお店がある中で、今回選んだのは「加賀屋」さん。
オープンと同時に入ったので、ぎりぎり席が空いていて座れました!
予約席がほとんどで20時前には地元の日本人&ドイツ人で満席になっていました。

130316-17.jpg

↑鶏の唐揚げおろしポン酢定食(12.80ユーロ)
ボリューム満点おいしかった~!

130316-18.jpg

↑デュッセルドルフ発祥のアルトビール(3.60ユーロ)

蚤の市・ソーセージ・日本食・ビール…とデュッセルドルフを満喫出来た一日でした

次回は明くる日に行ったデュッセルドルフの巨大な蚤の市「GROSSMARKT(グロースマルクト)」
をご紹介します





国際列車タリスのチケット予約代行もパリ生活社で承っています。
詳細はホームページにてご覧頂けます。
http://www.paris-seikatsu.com/top_ticket.html
お気軽にご相談下さい。

repetto(レペット)本店、改装中

バレエシューズの「reppeto(レペット)」本店は、パリ・オペラ座のすぐ近くにあります
残念ながら去年の年末から改装工事中!
先日お店の前を通ったらこんなメッセージがありました

130309-06.jpg

「2013年3月初旬、再オープン予定で御座います。」
・・・・・・もう3月初旬ですけど、建物はまだまだ工事中
     ホームページでは「初旬」ではなく「3月中」と書いてあるので、きっと月末までには準備が整う
     はず(?)です。

「その間、此処から近いでレペットコレクションと共に皆様と再会を願って居ります。」
・・・・・・“ここから近いで!”…急にフランクな関西弁?
     確かに近いです、プランタンとラファイエットの靴売り場に入ってます。

そしてべニア板にたくさんのトウシューズが打ちつけてありました

130309-01.jpg

これは以前、ディスプレイ用にウィンドーに飾ってあったものです。
工事中とはいえ遊び心あふれるアイディア

このときちょうど中から工事のおじさんが出てきてニコニコ
板に打ちつけてあった釘を引っこ抜いて、「ハイあげる!」とこのトウシューズを1つくれました!!(笑)
どうやら「ご自由にお持ち帰り下さい」だったようで、減ってきたらまた打ちつけてました。

130309-02.jpg

ちゃんとサイズも入っています。

130309-03.jpg

履いてみたらジャストサイズ!もう1つ左用のをもらって来ようかしら…

≪訂正≫バレエシューズは左右に関係なくどちらでも履けるとのこと、報告頂きました。
     そうだったんですね!知りませんでしたありがとうございます。
     確かによく見るとどちらの足にも合うようになっていました!

130309-04.jpg

数に限りがあると思うので、記念に欲しい方はお早めに~
せっかくなので、玄関に飾ってみました

130309-05.jpg


 おまけ 

最近のお気に入り
日本でもおなじみフィラデルフィアのクリームチーズ×チョコメーカーmilkaのコラボ商品。
スーパーで売っています。

130309-07.jpg

クリームチーズとチョコって合うの??と疑問に思っていたけれど、食べてみてびっくり
とっ~てもおいしい…クリームチーズの味もチョコの味もちゃんとしていて、ベストマッチ!

130309-08.jpg

普通のクリームチーズより柔らかい質感です。
最近すっかりはまっています




店舗情報
repetto(レペット)本店
住所:22 rue de la paix 75002 Paris


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

オペラ

HIROMI : THE TRIO PROJECT

早くも3月に入りました
今月は月末に夏時間がスタートします。
3月31日(日)から、日本とフランスの時差は7時間となります

少しずつ春に近づいていますが…まだ今週は寒いですね

130303-06.jpg

パリの街中では、春の花が所々で見られるようになってきました。
桜が咲くのもあと少し!
早く暖かく過ごしやすい季節になってほしいです

さて、今回はコンサートのお話。
先日メトロの構内で大きく「HIROMI」と書かれたポスターを発見!

130303-09.jpg

HIROMI…?
あ!知ってる!!上原ひろみ!!

音楽方面にまったくと言っていいほど知識がないので、ジャズピアニストと聞いても他に一人も
名前が思い浮かびませんが、上原ひろみさんだけは何年か前に日本の音楽番組に出演されていた
のを見たことがありました。

メトロで見かけたのは、6月19日(水)にパリでトリオコンサート(ピアノ+ギター+ドラム)
が行われるというポスターでした。

パリに住んでいながら、オペラもバレエもコンサートも一度も見たことがなかったので…この機会に挑戦!
と思ってさっそくチケットを購入しました。
日本ツアーは去年すでに終わっていますが、チケットは即日完売だったそうですね。
せっかくなので、前の方の席を…

130303-08.jpg

前から7列目のほぼ中央の席です。
ドキドキ…初めてのコンサート、緊張してきました!(弾くわけでもないのに…笑)
でも上原ひろみさんの迫力ある演奏が目の前で見られるなんて、とってもとっても楽しみです

会場は、メトロ10番線「Maubert Mutualité」駅前の「MAISON DE LA MUTUALITE」。

130303-02.jpg

1931年にポール・ドゥメール大統領が創設した建物で、会議・コンサート・セミナーなどに使われて
います。
2年間の工事を経て、2012年3月にリニューアルされました。
建物の中はまるでオフィスのような近代的な雰囲気で、大小様々なホールがあります。

同じ建物の一角には人気のレストラン「TERROIR PARISIEN(テロワール・パリジャン)」もあります。

130303-03.jpg

3つ星レストラン「ル・ムーリス」のシェフ、ヤニック・アレノがオープンしたレストランです。
フランスの伝統的なビストロ料理を味わいたいときにオススメです

130303-04.jpg





「MAISON DE LA MUTUALITE」
住所:24 rue saint victor 75005 Paris

パリ生活社ではチケットの予約手配代行も行っております。
詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.paris-seikatsu.com/top_ticket.html




この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

サンジェルマン