プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

ボンマルシェに新オープン! ローズベーカリー

ソルドが始まって最初の週末、ボンマルシェ・デパートへ行って来ました
予想通りかなり混雑、、、みんな両手に紙袋をいくつもさげてお買いものに夢中です

130630-01.jpg

この春、ボンマルシェ本館の2階(日本式3階)のキッチン用品コーナーの一角に「ローズベーカリー」
がオープンしました!
パリでは4店舗目です

130630-02.jpg

明るくて雰囲気がとても良いと聞いてさっそくランチに行ってみました

130630-03.jpg

土曜日だったので1時頃には何人か並んでいました。
このあと3時過ぎでも列は途切れることなく並んでいたので、ランチなら少し早目の時間に、もしくは
平日の方がおすすめです。

130630-04.jpg

天井も高く窓も大きいので広々していて明るいです
窓から隣の食品館が見えます。

↓こちらがランチ(11:30~16:00)とデザートのメニュー。
内容は季節によって変わります。

130630-06.jpg

選んだのは「Pâté de maquereau fumé avec pain grillé et salade verte 14.50ユーロ」
(燻製サバのパテ、グリルしたパンとグリーンサラダ)

130630-08.jpg

燻製サバがクリーミィなパテになっていて、パンに付けながら頂きます。
ディルの香りが効いていてとってもおいしい!!

もう一人は「OEuf Benedict 19.50ユーロ」(エッグ・ベネディクト)を選びました

130630-09.jpg

エッグ・ベネディクトって初めて食べました。
最近パリでもちょくちょく見かけるようになっています。
先日のベーグルサンドと同様、こういうイギリス/アメリカ風の食べ物が少しはやっているのでしょうか?!

カリカリに焼いたパン(ここのはブリオッシュタイプでちょっと甘め)の上に、ほうれん草、グリルハム、
半熟ポーチドエッグ、そしてたっぷりと濃厚なオランデーズソースがかかっています。
これも最高においしかったです

130630-07.jpg

パンも付いています。
量が軽めなので周りの人もみんなパンをたくさん食べていました。
おかわりできます。

130630-05.jpg

私たちはランチだけじゃ「全然足りない~!」という量だったので、ここの名物デザート「キャロット
ケーキ(7.50ユーロ)」も一人ずつ注文。

130630-10.jpg

スパイスの効いたしっとりケーキ。
マフィンのような生地で、上のクリームチーズと一緒に食べると最高でした

店内には他にも色んなケーキが置いてあって、お持ち帰りもできます。

130630-13.jpg

ケーキとお茶で休憩するのもいいですね

130630-11.jpg

↓こちらはキッシュ。
以前、3区の支店で食べたことがありますがおいしかったですよ~

130630-12.jpg

ボンマルシェ・デパートは数年かけて少しずつ改装されています。
お買い物がますます便利になってきました!
ランチに、お茶に、「ローズベーカリー」おすすめです





店舗情報
ティールーム「Rose Bakery(ローズベーカリー)」
住所:24 rue de Sèvres 75007 Paris
   ボンマルシェ・デパート2階(日本式3階)


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

バビロン

シェルシュミディ

バノー

パリのお花屋さん その4 5区 fj

6月21日に夏至を迎え、一年でもっとも日の長い季節ですね!

130623-01.jpg

午後10時半頃のノートルダム寺院。
この時間でもまだうっすらと夕焼けが残っています


さて、先週このブログで「5区はお花屋さんが多い」と書きましたが、またまた5区内に素敵なお花屋さんを
発見したのでご紹介します

130623-02.jpg

地下鉄7番線「Place Monge(プラス・モンジュ)」駅徒歩1分のところにあるお花屋さん「fj」です。

130623-07.jpg

130623-08.jpg

モンジュ広場から「Rue Monge(モンジュ通り)」沿いに北側へ。

130623-03.jpg

隣はbio(有機)のパン屋さんです

130623-04.jpg

お店の外にも季節のお花が盛りだくさん
鉢植えも色んな種類があります。

130623-05.jpg

撮影は「お店の外だけOK」だったので、残念ながら店内の様子はお見せできませんがとっても
素敵なディスプレイでした

今回は旬のスイートピー(1束14ユーロ)を購入しました。
自宅用なので手軽なものを…と思ったのですが、店員さんがミントの葉を混ぜてかわいいブーケに
仕上げてくれました

130623-06.jpg

ピンクの画用紙を無造作に巻いて、あっという間に出来上がり!
すごく手早いのに色のバランスも良くて、センスを感じました。
ミントの葉っぱがとってもいい香りです。

130623-09.jpg

5区内、たくさん花屋があるけど今の所このお店が一番好きです




店舗情報
お花屋さん「fj」
住所:69 rue Monge 75005 Paris




この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


コントレスカルプ


ムフタール



パリ5区 Port Royal(ポール・ロワイヤル)のマルシェ

夏のソルド追加情報

130616-10.jpg

6月12日(水)から、パリ郊外アウトレットのソルドが一足早く始まりました!
7月11日(木)までです
詳細はこちら→http://lavalleevillage.com/fr/a-la-une/actualites/item/2013/06/rdv-evenements-2013
各店舗の割引一覧もあります。







さて、昨日はポール・ロワイヤル通りのマルシェ(朝市)へ行ってきました

130616-01.jpg

メトロでは7番線の「Censier Daubenton(サンシエ・ドーバントン)」や「Les Gobelins
(レ・ゴブラン)」、またはRER・B線の「Port Royal(ポール・ロワイヤル)」が最寄駅です。

5区の大きな「Val de Grâce」病院沿いに、毎週火・木・土曜日にマルシェが立っています。

130616-02.jpg

そんなに大きくありませんが、野菜、果物、魚、肉、お惣菜、チーズ…と一通りのものがそろいます。
高級過ぎず、適度に質の良いものが安く手に入るのが嬉しいマルシェです

130616-03.jpg

5区は花屋が多い地域です。このマルシェも例外ではなく、花の種類が豊富で充実していました。
↓こんな風に花を積み上げて売っているのはフランス流ですね…

130616-04.jpg

でも人気のお店のようで、行列が出来ていました。
積み上げられた花もどんどん売れていきます

今日のお目当ては、初夏のフルーツ。
…ですが、今年は気温の低い日が長く続き、例年ならすでに旬を迎えているはずのさくらんぼ、
アプリコット、桃などが遅れています。
ようやくたくさん見かけるようになってきた「pêche plate(ペッシュ・プラ=平たい桃)」を買いました

130616-05.jpg

小ぶりなものより、直径7~8cm以上の大きく肉厚なものの方が美味しいです。
その名の通り平たい形でとってもジューシーな桃
今の季節限定なので、パリにいらっしゃる方はぜひ味わってみて下さいね。

130616-06.jpg

そしておやつは(←欠かせない!!)…同じくポール・ロワイヤル通りにある「Sadaharu AOKI」へ

130616-09.jpg

マルシェよりもゴブラン駅寄りにあります。

130616-07.jpg

ちょうど出来たてのクロワッサンが並べられているところでした、ラッキー!!
抹茶クロワッサン(1.40ユーロ)を購入しました。

130616-08.jpg

バターの香りと本格的な抹茶の味がしみじみとおいしいですね~~
甘さ控えめです。

また、パリのサダハルアオキでは店頭には並んでいませんが、予約限定で注文を受け付けている
「Fraisier(フレジエ)」というイチゴのケーキがあるそうです。
近々トライしてみようと思っていま~す





店舗情報
パティスリー「Sadaharu AOKI」 ポール・ロワイヤル店
住所:56 boulevard de Port Royal 75005 Paris



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


サンシエ

フランス生まれのベーグル屋さん「BAGELSTEIN」

ようやくパリに夏が来ました
日焼け大好きフランス人、ボンマルシェ横の公園は日の当たる所が取り合いになります。

130608-01.jpg

さて、今日は近頃パリで急速に増えているベーグル専門店をご紹介します!
ベーグルと言えば日本では「ニューヨーク」のイメージが強いでしょうか?
ベーグルにクリームチーズをはじめ色んな具材をはさむ「ベーグルサンド」はブームになりました。
現在はどうなのでしょう…?
すっかりベーグルは定着したのでしょうか。
(ちなみに私は日本で最初にニューヨークからベーグルを輸入した「ベーグル☆K」のファンでした

130608-02.jpg

日本から遅れること数年、パリも今静かなベーグルブームです
↑こちらはピラミッド駅近くの「BAGELSTEIN」。
フランス・ストラスブールに本店を持ち、この半年ほどでパリに次々と支店をオープンさせています。
ホームページによると現在パリに8店舗もあるそうです(いつのまに!)

130608-04.jpg

ベーグル好きとしては見逃せません!
フランスのベーグルってどんなんだ~?!と気になったので早速ランチにベーグルサンドをテイクアウト
してみました

130608-03.jpg

↑サンドウィッチは全部で7種類(+今月のベーグル1種類)。
しかもベーグル自体はnature(ノーマル)、complet(全粒粉)、sesame(ごま)、pavot(けしの実)、
oignons(玉ねぎ)、multi-cereales(マルチシリアル)、cannelle-raisin(シナモンレーズン)
の中から具材に合わせて選ぶことができます

今回は「Gab(クリームチーズ、サラダ、パストラミ、パプリカマリネ、紫玉ねぎ、バーベキューソース)5.90ユーロ」と
Leontine(クリームチーズ、サラダ、スモークサーモン、きゅうり、紫玉ねぎ、ヨーグルトソース)5.90ユーロ」を
選びました。

それぞれに合うベーグルを店員さんに聞いて、Gabには玉ねぎベーグルを、Leotineにはけしの実ベーグルを
チョイス

130608-05.jpg

お持ち帰り用に紙で包んでくれました。
内側は紙ごと半分に切ってくれていたので食べやすい

↓こちらはGab。
牛肉とハチミツとスパイスでマリネしたというパストラミがたっぷり入っています。
玉ねぎ入りのベーグルは甘みがあってとってもおいしい!

130608-06.jpg

↓こちらはLeontine。
サーモンたっぷり入っていて嬉しい~
塩辛すぎず食べやすいサーモンでした。

130608-07.jpg

そんなに大きく見えないのですが、意外とずっしり重いです。
でもベーグル自体は「ふんわり」していて、そこがパンの国・フランス風かもしれません。

130608-08.jpg

↑ベーグルだけでも買うことができます。
今回はシナモンレーズンにしました
店員さんのアドバイス通り、軽くトースターで焼いた方がシナモンの香りが生きておいしかったです!
バターを塗ってもおいしそう~。

130608-09.jpg

ピラミッド店はイートインスペースもあります。
野菜もたっぷり入っているので、ヘルシーランチにおすすめの「BAGELSTEIN」です





店舗情報
ベーグル専門店「BAGELSTEIN」ピラミッド支店
住所:13 rue des Pyramides 75001 Paris
ホームページ:http://www.bagelstein.com/



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


パレロワイヤル


オペラ


Meaux(モー)へ日帰り旅  その2~ポメリーマスタード

先週に引き続き、日帰りモーでの収穫です

こちらのマスタード、見覚えのある方も多いかもしれません。
特に左側の瓶は日本でも取り扱いがあります。
MOUTARDE DE MEAUX」と表示されている通り、このマスタードはモーで作られています

130601-02.jpg

日本で販売されている瓶には、こんなふうに書かれています

〝このマスタード、Moutarde a l'Ancienne とは1720年以前の方法にのっとって作られるオールド
スタイルの粒入りマスタードの事で別名粒マスタードとも呼ばれております。ブラックとホワイトマス
タード(別名イエローマスタード)の2種類の種子を余り細かく粉砕せず種皮をそのまま残して製造さ
れております。マスタード本来の香りが生きておりディジョンマスタードと比べると香り辛味ともマイ
ルドです。Moutarde de Meauxmoモー地方のマスタードが最も代表的で特に日本ではポメリーマス
タードが有名です。尚、開封後は密閉の上冷所にて保管し、出来るだけ早くご使用下さい。〟


そして、右側の黒い瓶は日本でもパリでもほとんど見かけません
コニャック入りのちょっとゴージャスなマスタードです!

130601-03.jpg

瓶はコルク栓の上からロウでコーティングされています。
めずらしいのでお土産にもおすすめです
モー中心地のスーパー「Casino」で購入しました(下記地図参照)。
今回買ったのはどちらも250gのもので、4~5ユーロぐらいでした。
コニャック入りの方が少し高いです。

130601-04.jpg

さっそくコニャック入りのマスタードを豚肉グリルに付けて頂きました~
ほんのりお酒の香りがしますが、そんなに強くないので普通のマスタードと同じように使えそうです!
たしかにマイルドで食べやすい
オリーブオイル+ハチミツ+レモン汁を加えて、ハニーマスタードドレッシングにしてもおいしかったです。

ちなみに、先週ご紹介したマルシェ内のチーズ屋「GANOT(ガノー)」さんでは、こんなモーらしいチーズ
も置いてありました

130601-08.jpg

"Brie à la Moutarde"
なんとブリーチーズの中にこのポメリーマスタードが層になって入っています!
ちゃんと横にポメリーマスタードの瓶も置いてありました。
まさにモー尽くしのチーズですね。


他にもモー中心地には大聖堂があったり…

130601-09.jpg

町中のあちこちに立派な花壇があって、今の季節はお花がとってもきれいです

130601-10.jpg

そして大聖堂の並び、「Rue du Général Leclerc(ジェネラル・レクレール通り)」にはもう1軒おすすめの
チーズ屋さんがあります。

130601-05.jpg

「La Fromagerie de Meaux」
チーズの他に、マスタード、ワイン、ジャム、お菓子などなど様々なモーの特産品が販売されています。
特にポメリーマスタードは上記の2種類以外にも「ハチミツ入り」や「グリーンペッパー入り」など色んな
バリエーションが置いてありました
お値段はスーパーよりもちょっと割高ですが、種類はこちらの方が豊富です。
↓お店のショーウィンドウ、左下にある茶色のフタの瓶がハチミツ入りのポメリーマスタードです。

130601-06.jpg

ここにもブリー・ド・モーがたくさん。
写真の右上にちょっと茶色っぽいチーズがありますが、こちらもブリーです。
普通のブリーをさらに熟成させて、まるでハードチーズのように固くなった「Brie Noir」と言います。
これはパリでは見たことがありません

130601-07.jpg

これも購入してみました
かなり凝縮していて固い!
でも味はちゃんとブリーの味…しかも濃縮されているのでさらにおいしい
フレッシュなブリーもいいけれど、この熟成タイプもオススメです。

結局食べ物ばかりですが、、、モーの町散策、ぜひこの季節に

参考までに、簡単なモー中心地の地図です。
駅から全て約1キロ圏内なので歩いて回るのにちょうどいい大きさでした。

130601-01.jpg