プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

復活!!デニスおばさんは元気です☆

嬉しいニュースが入ってきました!
モンマルトルにある素敵なお菓子屋さん「A l'Etoile d'or(ア・レトワル・ドール)」

151128-01.jpg

日本のガイドブックなどでたくさん紹介されているので、ご存じの方も多いかもしれません。
このブログでも以前、ベルナシヨンのチョコレートがパリで唯一買えるお店として紹介したことがあります。
このお店は2014年2月に地下で起こったガス爆発の事故が原因で、約1年9か月の間休業されていました。

151128-03.jpg

↑事故の前に撮ったお店の外観。
このお店の一ファンとして、復活を心待ちにしていました!
三つ編みおさげがチャームポイントのデニスおばさんのお店が今月初めにリニューアルオープンしました

151128-02.jpg

↑復活後。
ほとんどわからないほど復元されて、以前よりぐんと明るくなりました。
ニュース記事で見ましたが、ガス爆発直後はウィンドウも全て粉々になり「もうあのお店はなくなっちゃったんだ・・・」と思っていました。

151128-04.jpg

それが見事に復活!
ここまで元通りに出来るなんて、感動しました。
店内も以前のお店とほとんど違いがわかりません

151128-08.jpg

フランス各地の様々なお菓子をギューっと凝縮したような圧巻の店内

151128-07.jpg

デニスおばさん自ら本当に美味しいと思うものだけを集めた、こだわりのお店です。

151128-09.jpg

“デニスおばさん”や“三つ編みおばさん”なんて、(親しみを込めて)呼ばれる方ですが、マダム・デニスは気品と生命力にあふれる素敵な女性です。
写真にも快く応じて下さいました

151128-10.jpg

商品の種類が多いので、店内を一通り見るだけでも結構時間がかかります

151128-11.jpg

以前と変わらずベルナシヨンの板チョコ、粒チョコも入荷しています。

151128-05.jpg

私の大好きなネギュスも置いてありました、嬉しい!

151128-06.jpg

店内はお客さんが次々に入ってきて、お忙しそうでした。
みんな復活を心待ちにしていたんですね

151128-12.jpg

私も久しぶりの「ア・レトワル・ドール」に興奮気味、日本人のスタッフの方に色々お話を伺えてとても嬉しかったです。
↓営業時間は変更される場合もありますので、事前にご確認下さい。

151128-13.jpg

それではこの日購入したものをご紹介します

151128-14.jpg

↑こちらは「ウィンゼンハイム」というお店の粒チョコレート
ドイツ近くにあるというお店、初めて聞きました。
かわいい洋ナシのシールが付いていて、中にはフランスの美味しいナシの種類であるポワール・ウィリアムのお酒を使ったガナッシュが入っています。
ダークチョコの香りも強く、大人っぽい味わいです

151128-15.jpg

そしてこちらは、ヌガーです。
1年のうち2か月だけしか製造されていない「FOUQUE(フーク)」のヌガー
残りの10ヵ月は、トルコやシチリアなどを周ってヌガー作りに欠かせないより美味しいナッツを探し求めているというこだわりのお店です。
「ア・レトワル・ドール」でも在庫は残りわずか…
なくなっちゃうとまた出会えるのは1年後です。

一つは贈り物用に、包装しリボンをかけて頂きました。
この包装紙も以前と変わらずとても素敵なんです。
フランスの古い版画を印刷したもので、風刺画ような面白い図柄です

151128-16.jpg

お気に入りのお菓子が見つかる「ア・レトワル・ドール」
とっておきのお土産探しに、ぜひおすすめのお店です。





店舗情報
「A l'Etoile d'or(ア・レトワル・ドール)」
住所:30 rue Pierre Fontaine 75009 Paris





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ビリエ

シェロワ

パリ1週間

今日のパリは、雲一つない青天の日曜日

151122-01.jpg

先週の記事に、たくさんのコメントをありがとうございました
13日に起きたパリの同時多発テロは日本でも大きく報道されていると思いますが、この1週間のパリの様子をごく一部ではありますが紹介していきます。
今のパリは一体どんな感じなのか?人々は普通に生活しているのか?閑散としているのではないか?
などなど、私も日本に住む友達や家族から様々な質問を受けます。

151122-02.jpg
(ボンマルシェ・デパートのクリスマスデコレーション)

この1週間で私が個人的に訪れた場所なので、今のパリの一つの側面だと思って頂ければ…と思います。
ボンマルシェ・デパートをはじめ、多くのお店が通常通り営業しています。
入口でのカバンチェックは1月以降ずっと続いています。

151122-03.jpg

客足減と聞きますが、見た目ではあまりわかりませんでした。
閑散とした様子ではなかったです。

151122-04.jpg

9区のマルティール通り。
人気のお店が並ぶこの通りも、平日週末を問わず多くの地元住民が普段の買い物へ。
今日は日曜ブランチを食べに来た人で行列が出来ているお店もありました

151122-05.jpg

↑マルティール通りにあるケーキ屋さん「セバスチャン・ゴダール」もクリスマス向けディスプレイになり、相変わらずの人気です。

151122-06.jpg

メトロも使っています。
テロの後も、スリ集団は元気…相変わらずあちこちで見かけるのでこちらも要注意です

151122-07.jpg

↑オペラ座周辺、2階建て観光バスは運行しています。
オペラ座の正面にはいつもたくさんの観光客が写真を撮っているのですが、今はやや少なめ。
同じようにルーブル美術館周辺もやや少なめ。

151122-08.jpg

↑昨日(土曜日)はヴァンヴの蚤の市へ行ってきました。
おそらく多くが地元フランス人だと思いますが、思ったより賑わっていました。
普段はたくさん見かける日本人を含むアジア人はかなり少なかったです。

151122-09.jpg

↑モンパルナス駅前。

151122-10.jpg

↑サンジェルマンデプレ周辺。

全体の印象としては、「街中に人が少ない」ということはなく、「観光名所に観光客が少ない」という感じでしょうか。
パリは小さな街で観光名所も住宅街も混在しているので、一概には言えないかもしれません。
あくまで私の個人的な印象なので、他のパリ在住の方の意見なども比べてみて下さい。

今後も冷静に見守っていきたいと思います。


 おまけ 

151122-11.jpg

そう言えばこのブログを担当して最初に書いた記事がモンドールというチーズについてでした(→こちらの記事)。
冬のチーズと言えばモンドール、今年もそんな季節になりました。

151122-12.jpg

滞在中にアパルトマンでも楽しめますし、日本へのお土産にもおすすめです
メトロ10番線「Maubert Mutulité」駅前にあるチーズ屋さん「Laurent Dubois(ローラン・デュボワ)」で木曜日に購入したばかりです。
日本に持って帰るなら、真空パックもしてもらえます。

151122-13.jpg

温めて溶かしたものをチーズフォンデュのようにして食べる食べ方も人気です。
我が家では毎晩夕食後にパンに付けながら食べています。
↑常温に置いておいただけでここまでのトロトロ具合、すごいですね。
これまでに食べた中で最もおいしいモンドールの一つです






店舗情報
チーズ屋さん「Laurent Dubois(ローラン・デュボワ)」
住所:47 ter Boulevard Saint-Germain 75005 Paris(他にも支店あり)
ホームページ:http://www.fromageslaurentdubois.fr/(フランス語・英語)






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


サンジェルマン


Pray For Paris

すでに多くの報道があった通り、フランス時間の11月13日夜パリ近郊およびパリ市内複数の場所で、同時多発テロが発生しました。
いつも通り賑やかな金曜日の夜に、まさかと思うような悲惨な事件がパリの街を襲いました。
この週末は徐々に明らかにされていく事件の詳細を、不安と悲しみをもって見守っています。

151115-01.jpg

今回の写真は最初の襲撃が始まる約4時間前に、オペラ座界隈で撮影しました。
今月上旬から始まったラファイエットとプランタンデパートのイルミネーション、このブログでも毎年紹介しているパリの年末の風物詩ですね。

151115-02.jpg

パリに滞在中の方、これからパリに来られる予定の方、不安でいっぱいだと思います。
現時点では事件そのものの情報が少しずつ明らかになってきたばかりです。
外務省の「フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起」などを参考にして頂きたいと思います。

151115-03.jpg

このようなイルミネーションも多くの人が集まる場所であるため、おすすめとは言えなくなってしまいました。
この時はたくさんの子供達がウィンドウを覗いて、音楽に合わせて楽しそうに踊っていました。

151115-04.jpg

今年1月の新聞社襲撃事件の後も、パリはたくさんの旅行者を迎えました。
一旦落ち着きを取り戻したかのように見えましたが、さらに大きなテロが起きてしまいました。

151115-05.jpg

明日月曜日から新しい1週間が始まります。
閉鎖されていた学校は再開し、多くの人が仕事に出ます。

151115-07.jpg

私個人的には、これまでブログを通じてパリの魅力や楽しい情報が伝わればいいなぁと思いながら書いてきました。
今現在の状況を前にして、「パリの魅力」を言葉にするのは正直なかなか難しいものがあります。
ですが、今後も身近なパリの姿を伝えていきたいという気持ちは変わりません。
言葉足らずになることもあるかもしれませんが、今後も週に1回更新を続けていこうと思います。

151115-08.jpg

早く安心してパリの街を歩けるようになること、ただただ普通の平和を願っています。

パリ・ヴァンセンヌの森、秋の「Parc Floral(パルク・フローラル)」

例年に比べて暖かい日が続いているパリです
いつもだと11月ともなると本格的な「冬」というシーズンですが、今年はたっぷりと秋らしい季節を感じることが出来ています。

151107-01.jpg

紅葉が見ごろです
先日、ヴァンセンヌの森の中にある「Parc Floral(パルク・フローラル)」へ散策に行ってきました。

151107-02.jpg

気持ちの良い秋晴れで、空がとっても広い

151107-03.jpg

ここはパリ?!と思ってしまうほど、のんびりとした公園です。

151107-04.jpg

散歩する人、ジョギングする人、そして紅葉を見に来たらしき日本人ファミリーなどなど、皆ゆっくりと過ごしています。

151107-05.jpg

もうたくさん葉っぱが落ちていますが、それでも赤や黄色の鮮やかな紅葉を見ることができました

151107-06.jpg

街中もそうですが、この季節はたくさん落ち葉が地面を覆っていて、それもまたパリらしい風景ですね

151107-07.jpg

動物たちの憩いの場でもあります。
↓かなり人に慣れているのか、近づいても逃げない鳥。

151107-08.jpg

ちょっと大き目なので私はそばに近づく勇気がありませんでしたが・、池の方を見ると…たくさんいてびっくり
しかも鳴き声は「モ~」という牛のような声です。

151107-09.jpg

さらに、孔雀も発見!
これもすぐ近くにいてビックリでした。

151107-11.jpg

パルク・フローラルは、メトロ1番線の終点「Château de Vincennes(シャトー・ド・ヴァンセンヌ)」が最寄り駅です。
駅名の通り、駅前にシャトー=お城があります。

151107-12.jpg

このヴァンセンヌ城は内部見学も可能です。

151107-13.jpg

パリにはいくつか大きな公園がありますが、「パルク・フローラル」は季節ごとに色んな植物を楽しめる公園
お散歩コースとしておすすめの場所です。






「Parc Floral(パルク・フローラル)」
住所:Route de la Pyramide 75012 Paris(ヴァンセンヌの森内)
ホームページ(音が出ます):http://www.parcfloraldeparis.com/parc_floral.html




 おまけ 明日の朝食 

151107-14.jpg

期間限定(12月3日まで)販売されているピエール・エルメのパン、「ブリオッシュ・サティーヌ」
まるでメロンパンのような見た目ですが、中にはクリームも入っていて、ずっしりしています。
明日の朝が楽しみです!