プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ5区 レストラン「l'A.O.C」

少し前ですが、パリ5区のレストラン「l'A.O.C」へ夕飯に行ってきました

160227-01.jpg

サンルイ島から左岸へセーヌ河を渡ってすぐのところにあります。

160227-02.jpg

地元のフランス人だけでなく旅行者の方も結構来られるようで、周りの座席からちらほら英語が聞こえてきました。

160227-03.jpg

店員さんもフランス語メニューを丁寧に英語で説明していました
日本人旅行客は少ないのか、この日は見かけませんでした。

160227-04.jpg

この日は3人でアラカルトメニューを注文しました。
↑基本メニューはこちら。
前菜、メイン、ロティスリー(ロースト料理)、デザート・・・それぞれたくさん選択肢があって迷っちゃいますね

160227-05.jpg

さらに「本日の前菜」「本日のメイン」「本日のデザート」も別に表記されています。
どれもこれも美味しそうで、絞り込むのに時間がかかりました
はじめにトマトジュースを飲みながら、じっくり検討です。

160227-06.jpg

おつまみにオリーブも出てきました。

160227-07.jpg

選んだお料理を順番にご紹介します
まずは前菜から・・・

160227-08.jpg

私は「Carpaccio de tête de veau, sauce gribiche(仔牛の頭肉のカルパッチョ、グリビッシュソース)」10ユーロ。
頭肉と言っても見た目は薄切り肉のようです。
ちょっとゼラチン質もあり、牛タンに近い味と食感でとても美味しかったです。
ソースはマヨネーズ系の味でちょっと濃い目でした。

160227-09.jpg

もう一人は「Croustillant de pied de cochon, sauce tartare(豚足のフライ、タルタルソース)12ユーロ。
仔牛の頭肉と同様、ビストロ料理の定番です。
骨を外した豚足を成形し直し、パン粉を付けてフライにしたもの
タルタルソースとの相性ばっちりです。

160227-10.jpg

もう一人は“本日の前菜”から「Saint-Jacques rôties beurre d'Agrumes(ホタテのグリル、柑橘風味のバター)」16ユーロ。
グリル料理はこのお店のオススメなので、「rôtie(s)=あぶった」と書いてあるものは要チェックですね

続きまして、メインです!

160227-12.jpg

3人中2人は“本日のメイン”から「Pavé de Cerf aux airelles, purée fumée(鹿肉のステーキ、クランベリーのソース、燻製ポテトピューレ)」32ユーロ。
ジビエ料理の季節だったので、鹿肉にしました

160227-13.jpg

そして付け合わせのポテトピューレ、燻製されています。
こんなポテトは初めて味わいましたがとっても美味しい~!
燻製好きな方にはかなりオススメです

160227-11.jpg

もう一人のメインは「Entrecôte, Charolaise ou Simmenthal 350gr(リブロースのステーキ、シャロレー牛もしくはシンメンタル牛350グラム)」36ユーロ。
シャロレー牛を選びました。
一口味見しましたが、噛みごたえがありしっかりとお肉の味がします

もちろんデザートも。

160227-15.jpg

2人は「Riz au lait façon Teurgoule(リオレ=お米をミルクで甘く炊いたもの)」10ユーロ。

160227-14.jpg

もう一人は“本日のデザート”から「Baba au rhum chantilly(ババオラム、ホイップクリーム)」8ユーロ。
そして最後にエスプレッソ

160227-16.jpg

おなか一杯で大満足です

160227-17.jpg

季節によってメニューは変わるので、また他のお料理も食べに行きたいです。
店内は蚤の市グッズがたくさん飾ってあって、興味津々でした

160227-18.jpg

夜のノートルダム大聖堂&エッフェル塔も素敵です

160227-19.jpg






店舗情報
レストラン「l'A.O.C」
住所:14 rue des Fossés St Bernard 75005 Paris
ホームページ:http://www.restoaoc.com/






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ビエ―ブル

サンルイ島


パリ8区 マリアージュ・フレール エトワール店

パリの紅茶店として定番の「マリアージュ・フレール」、8区にあるエトワール店に行って来ました
エトワールつまり凱旋門に近いこの店舗は、観光客でにぎわうシャンゼリゼ通りとは違ってひっそりと落ち着いた雰囲気です。

160220-01.jpg

最寄り駅はメトロ2番線「Ternes(テルヌ)」です。
ここから徒歩2分ほどの場所にあります。

160220-02.jpg

外からのぞくと地下に座席があるのが見えます。

160220-03.jpg

1階にも座席がありますが、ゆっくりお茶するなら地下の方が空いていて穴場かもしれません
良く言えば隠れ家のような、、、悪く言えばやや閉塞感があります。
私はこういう薄暗い所、好きですが(笑)

160220-13.jpg

このときはほとんどお客さんはいませんでした
いつも観光客で混んでいるマレ店やルーヴル店とは全然違いますね。

160220-08.jpg

静かな店内でゆっくりと美味しい紅茶を頂きました。

160220-07.jpg

さすが紅茶専門店、茶葉の種類はぎっしりと細かく書かれています。
今日はアールグレイにしよう!と思っていたんですが、そのアールグレイを探すだけで一苦労…

160220-04.jpg

ようやく見つけて「EARL GREL D'OR」(11ユーロ)を注文しました

160220-05.jpg

ここが紅茶をいれるブースです。
職人さんがテキパキとお湯を操って、あっという間に香り高い紅茶の出来上がり

160220-06.jpg

持参した本を読みながら、ゆっくりと一人でお茶タイム。
ポットでサーブされ、軽く3杯以上あります

160220-11.jpg

この日はグッと我慢しましたが、ケーキ類も美味しいんです
以前食べたジャスミンティーのモンブラン最高だったなぁ!

160220-12.jpg

あと、スコーンも大好きです

160220-10.jpg

地下フロアにはトイレの横に「紅茶ミュージアム」というミニコーナーもあり、面白いスペースになっています。

160220-09.jpg

アンティーク好きにはたまらないですね、古い茶器が展示されています。

160220-14.jpg

ちなみに今回選んだアールグレイ、こんな紅茶クッキーも販売されています。
とっても美味しいのでイチオシです
このクッキーのシリーズは他の紅茶の味もありますが私はアールグレイが一番好きです。
バター風味と相性ピッタリ!

160220-16.jpg

マリアージュ・フレールは定番の紅茶ですが、意外と決まった種類しか飲んだことがありません。
次回は他の種類も試してみたいです






店舗情報

「マリアージュ・フレール」 エトワール店
住所:260 Faubourg Saint Honoré 75008 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


エトワール

日本未上陸! チョコレート「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」

今日はバレンタインデーですね!
パリ情報も今回はチョコレートのご紹介です

160214-01.jpg

パリ市内に6店、パリ郊外に2店、ベルギーに1店、店舗を展開している「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」(2016年2月現在)。
↑こちらはパリ6区のSaint-Sulpice店です。
日本ではイベントの時以外には出店がなく、現在のところ日本未上陸の貴重なお店です

120422-06.jpg

↑以前このブログでも紹介しました、パリ郊外のソーという街に本店があります(→こちら参照)。

160214-02.jpg

ウィンドウが凝っているのもポイントです。
まさにチョコレートのアート
こちらは先月に撮った写真です(クリスマスはとっくに過ぎていましたが・・・)。

160214-03.jpg

日本帰国にあたって、ここでお土産調達しました!
この宝石のように美しい半球チョコレート…
1箱の中に3種類9粒が入っています(24ユーロ)。
このときの味は左から順番に「ライム・キャラメル」「ヴィネガー&レーズン・キャラメル」「柚子のガナッシュ・レモングラス」の3種類でした。

160214-08.jpg

このシリーズは他にも味があって、店舗によってどの3種類が入っているか異なります。
チョコレートコーティングされていますが、中はトロリと柔らかく、とっても美味しいです

160214-06.jpg

↑こちらは別の店舗で購入したもの。
右の箱に入っている3種類、先程のものと1つ種類が違いますね。
真ん中の青いものは「リンボク(スモモの一種)」という味でした
見た目の通り、どれもとっても繊細で複雑なお味です。

左はプラリネチョコレート1箱16粒入り(22ユーロ)。
セットされた箱入りチョコレートの種類も豊富で、もっと大きな箱もあります。

160214-04.jpg

また、粒チョコは自分で選んで袋に入れてもらうことも出来ます。
事前にもらっておいた冊子でじっくり選んでからお店に行きました

160214-07.jpg

家族で色んな種類を頂きました。
個人的にはレモン系の味が一番お気に入りです

160214-05.jpg

袋で買った粒チョコを並べてみました。
量り売りなので買いたい分だけ袋に入れることが出来ます。
このときは16粒(約130g)で15.08ユーロでした
左側に乗せたのは板チョコです。
お土産として色々購入したら、オマケとして頂きました
こちらは1枚9ユーロ(太っ腹!)。

Saint-Sulpice店のフランス人の店員さんは片言の日本語で説明してくれました。
バレンタインデーやクリスマスなど、チョコ大好きフランス人も行列を作る人気店。
冬の間は日本へ持って帰るお土産としてもとってもオススメのチョコレートです






店舗情報
チョコレート「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」 Saint-Sulpice店
住所:2-4 place Saint Sulpice 75006 Paris
ホームページ:http://www.patrickroger.com/(他の店舗の詳細はこちらをご覧ください)






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オデオン

デプレA

デプレB

ジャコブ




パリ6区 薬局「CITYPHARMA」

今回は、パリ6区にある名物薬局「CITYPHARMA」のご紹介です

160205-01.jpg

この薬局、一体なにが名物なのかというと・・・とにかく安い!

160205-02.jpg

こんな宣伝文句も書かれています
「ヨーロッパ1安い薬局」・・・ということで、在住者&旅行者の方に大人気のお店です。
このお店は外観は一見普通の薬局なのですが、他店と比べると品揃えも豊富な上、お値段もかなり安いんです

160205-03.jpg

昔、私が旅行でパリに滞在したときはここで1年分の基礎化粧品をまとめ買いして帰ったこともあります。
もちろん免税もできます!
住むようになってからもずっとお世話になっています

160205-04.jpg

当然のように、いつ行っても混んでいます
店内は身動きが取りづらいほど混雑していますし、レジも結構並びます。
最近はちょっと改装されて、レジの台数が増えてたので待ち時間は短縮されました
店員さんの数も増え、探しものはどこにあるか案内してくれます。

どれくらいお得なのか?スーパー・モノプリの値段と比較してみました(2016年1月現在)。

160205-08.jpg

↑最近お気に入りで使っている、フランスの「AVÈNE(アヴェンヌ)」のシリーズです。左から順番に…

「Eau Thermale(スプレータイプの化粧水“アヴェンヌ・ウォーター”)」
CITYPHARMA=5.30ユーロ、モノプリ=5.95ユーロ

「Lait demaquillant douceur(クリームタイプのメイク落とし)」
CITYPHARMA=10.95ユーロ、モノプリ=14.25ユーロ

「Lotion douceur(化粧水)」
CITYPHARMA=10.50ユーロ、モノプリ=14.25ユーロ

洗顔せっけん2個セット
CITYPHARMA=5.99ユーロ、モノプリ=8.70ユーロ

160205-06.jpg

↑この「URIAGE(ユリアージュ)」というフランスの化粧品メーカー、特にリップクリームはとても人気のある商品ですね。
日本人旅行者がたくさんまとめ買いしていくのをよく見かけます。
私もそんな噂を聞いて使ってみたら・・・すっかりお気に入り!
我が家に10本以上ストックがあるほど手放せなくなりました

青いパッケージが無香料、白はバニラの香りです。
最近パッケージがリニューアルして無香料のも白になり、ちょっと見分けにくくなりました。
売り場にはまだ旧パッケージも混ざっていたのでご注意を・・・。
CITYPHARMA=2.98ユーロ、モノプリ=5.35ユーロ、ちなみに日本では税込み1000円以上します。


今日の記事はなんだかショッピングページみたいになりましたが、別にどこの回し者でもありません
一部の商品だけですが、お値段の違いが伝わったでしょうか?!
サンジェルマン・デ・プレ教会やボンマルシェ・デパートにも歩いていける便利な場所にあり、ちょっとしたフレンチコスメはお土産にもオススメです






店舗情報
薬局「CITYPHARMA」
住所:26 rue du Four 75006 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

デプレA

デプレB

オデオン

ジャコブ