プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ11区 ビストロ「CLOWN BAR(クラウン・バー)」

パリ11区のビストロ「CLOWN BAR(クラウン・バー)」へ行ってきました
フランスの「FOODING」というグルメガイドで2015年最優秀ビストロに選ばれ、誰に聞いても「すごく人気がある」「美味しい」と評判の良いお店です。
私もずっと行きたいと思いつつ、先日ようやく夕飯に訪れることが出来ました

160529-01.jpg

場所はメトロ8番線「Filles du Calvaire(フィーユ・ドュ・カルヴェール)」を出るとすぐ近く。
駅前にサーカスがあるのでそれが目印、サーカスの数軒左に「クラウン・バー」はあります

160529-02.jpg

↑パリの真ん中にあるサーカス「CIRQUE D'HIVER」、立派な建物です!
そしてクラウンとはフランス語で「道化師、ピエロ」という意味なんですね。
サーカスつながりで店内にもたくさんのピエロがいました

160529-09.jpg

クラウン・バー店内。
素敵な内装です
2日前に19時2名で予約を入れたのですが「21時からは満席なので、それまでの時間でお願いします」と言われました。
遅い時間の方が混むようです。
19時はフランスにしては早めの夕食なので私たち以外はお客さんはおらず、、、
20時頃からどんどん混んで満席になったので予約は必須です。

160529-07.jpg

店内のタイルにはピエロがたくさん

160529-08.jpg

天井にも!

160529-03.jpg

まずは飲み物、↑こちらは発砲水4ユーロ。
もう一人はグラスワイン(白)7ユーロ。

160529-05.jpg

メニューは日替わりでアラカルトのみ。
コースはありません。
この日は、8~22ユーロの前菜が10種類、27~38ユーロのメインが5種類、デザートは5種類、チーズもありました。

160529-06.jpg

私たちは二人で前菜3皿、メイン2皿を頂きました
パンもすご~くおいしい!!

160529-10.jpg

カトラリーは引き出しに・・・

それでは頂いたお料理を順番にご紹介していきますね。

160529-11.jpg

前菜その1、beignets de langoustine(手長エビの揚げ物)22ユーロ。
まるで天ぷらのような繊細な衣、手長エビの濃厚な味…1皿目からすっかり満足してしまいました
美味しい!

160529-12.jpg

前菜その2、foie gras/anguille fumée/champignon de paris(フォアグラ/燻製したウナギ/マッシュルーム)16ユーロ。
上に乗っている薄くスライスした生のマッシュルールがとても新鮮!
横から見ると・・・

160529-13.jpg

贅沢に厚切りのフォアグラがあります。
ところどころに美味しい岩塩がアクセントになっていて、これも大満足。
さらに期待が高まります。

160529-14.jpg

前菜その3、bonite/coriandre/poutargue(カツオ/コリアンダー(パクチー)/カラスミ)15ユーロ。
個人的には前菜の中で一番好きでした
カツオがこんなに美味しいなんて、、、たっぷり和えたパクチーもみずみずしく、削ったカラスミの風味もピッタリ。

160529-16.jpg

メインその1、pigeon de Mesquer/rhubarbe/asperge blanche(メスケーの鳩、リュバーブ、ホワイトアスパラガス)30ユーロ。
鳩が香草とともに燻されて登場しました。
とてもジューシーで柔らかく、鳩好きがますます好きになりました

160529-17.jpg

付け合わせのリュバーブとホワイトアスパラは別皿で。

160529-15.jpg

メインその2、pithiviers de canard et foie gras/datte(鴨とフォアグラのピティヴィエ/デーツ)27ユーロ。
メニューに20分かかると書かれていました。
ピティヴィエとはパイ包みのことです
鴨肉とフォアグラのパイ包みなんて、最高!と想像していたら、イメージ通り(いや想像以上の)美味しさでした。
デーツの甘味も効いていて、これはまた次回も注文したい1品です
付け合わせのサラダも新鮮で、ドレッシングも凝っていました。

以上の5皿を二人で頂きました。
この日はデザートの気分ではなかったので、お料理だけ。
アラカルトなので自由に組み合わせ出来るのが嬉しいですね

160529-18.jpg

帰りは店内もテラスも満席でした。
隣のバーもすごく混んでいて、とても賑わいのある場所です

21時を過ぎてもまだまだ明るいパリの初夏、これから夏至に向かってさらに日が長くなっていきます。






店舗情報
ビストロ「CLOWN BAR(クラウン・バー)」
住所:114 rue Amelot 75011 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


マレ


ボンマルシェ食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」 オリジナルブランド発売

先週からメトロやバス停の広告で見かけるようになった、ボンマルシェ食品館の広告。
ズラ~っと並んだボンマルシェオリジナルのバター、ジャムの写真
「ついに、オリジナルブランドの発売!」とのことで、今年の1月頃からたくさんの商品が店頭に並んでいます

160521-01.jpg

6月25日までの毎週末(金曜&土曜)、ボンマルシェ食品館にてこのオリジナル商品の試食が色々登場します。
さっそく行ってみました~!

160521-02.jpg

店内は入口からドーンと陳列されています。

160521-04.jpg

とにかく種類が豊富です

160521-03.jpg

パッケージも素敵で、ついついじっくり見てしまいました。

160521-05.jpg

↑チョコペースト類、ホットチョコレートドリンク…

160521-06.jpg

ジャム類だけで20種類以上。

160521-08.jpg

クッキー類も豊富。

160521-09.jpg

冷蔵コーナーもお見逃しなく、、、こちらはタラマ(魚卵ペースト)。

160521-10.jpg

乾燥キノコまであって、お土産にもオススメです

160521-11.jpg

缶詰コーナー。

160521-07.jpg

さらにダメ押し!
オリジナル商品の発売に伴って、グッズまで
マグカップ1つ12.50ユーロ。

160521-14.jpg

買い物バッグ1つ15ユーロ。
ホームページにて全ての商品を見ることが出来ます。
http://www.lagrandeepicerie.com/marques/la-grande-epicerie-de-paris.html

我が家もさっそく試してみることに。
ビオの紅茶(ダージリン)、バタークッキー、シャルドネ(ブドウ)ジュース、オリーブオイル、クレモンティーヌジャム。
とっても楽しみです

160521-16.jpg

滞在中の食材や、お土産調達に、ますます気になるボンマルシェです






店舗情報
ボンマルシェ食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」
住所:38 rue de Sèvres 75007 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

オルセー


1年ぶりに…パリ7区 ケーキ屋さん「Jean Millet(ジャン・ミエ)」&夏のソルド日程

今日は晴れたり曇ったり雨降ったりの忙しい天気です

160515-01.jpg

エッフェル塔もさっきまで青天だったのに、急に曇ってきてしまいました。
ここで元気に凧あげをする親子の姿も

160515-02.jpg

さて、今週は約1年ぶりに「Jean Millet(ジャン・ミエ)」へ。
前回行ったときの記事(→こちら)につい先日コメントを頂き、リニューアル前にお気に入りだったサブレが復活していると知って早速お店へ行ってきました

↓こちらがリニューアル以前の手のひら大の大きなサブレ、レモン風味(2012年撮影)。

120303-08.jpg

リニューアルに伴って姿が消えてしまったサブレ…
1年前に図々しくも「復活求む!」と一言書いていた声が届いたのか?!
そう思うほど嬉しい復活情報でした。
わざわざコメント下さった方、ありがとうございます

160515-03.jpg

お店に行ってみると、ウィンドウには変わらず美味しそうなパンがズラリ
そして・・・

160515-07.jpg

ありました~~!
これです、これです、この大きなサブレ
しかも復活だけでなく、新たに「ゆず味」も登場。
1枚ずつ購入しました。

160515-05.jpg

ケーキも美しい。

160515-06.jpg

エッフェル塔の形をしたチョコサブレもありました

160515-08.jpg

ずっしりとした手のひらサブレ、これ一人で食べたら相当な満足感です(笑)。
両方共、本当に美味しくて大感激です
バター風味とシトロン(レモン)やゆずの相性って、どうしてこんなに良いんでしょう~

160515-09.jpg

香ばしい焼き加減と、この厚みがまた良いんですよね
しっとりしているので、固くありません。
シトロンは2ユーロ、ゆずは3ユーロです。

お店はエッフェル塔のすぐ近く。
店内に喫茶スペースもあり、おすすめのケーキ屋さんです





そして、来月に控えたソルド(セール)の日程情報です。2016年夏のソルドは…

160110-07.jpg

6月22日(水)~8月2日(火)です。
日程は法律で決められているので、デパートを始めほとんどのお店が6月22日に一斉スタートですが、中にはフライング気味にスタートするお店もあるようです。
ソルドの最終日も各お店によって違いますので、ご確認下さい!






店舗情報
「Jean Millet(ジャン・ミエ)」
住所:103 rue Saint Dominique 75007 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

アメリ

ファベール





フランス玩具メーカー 「Vilac(ヴィラック)」

5月と言えば菜の花

160508-12.jpg

パリ近郊を走るRERの車窓からこんな見事な菜の花畑が見えました。
もっとじっくり見たくなって、近くまで行ってみました

160508-01.jpg

菜の花を見るといよいよフランスにも春が来たなぁ~と感じます!

さて、今回はフランス土産について。
今年の冬に帰国したときに持って帰ったお土産の一つをご紹介します

160508-02.jpg

1911年創業の、フランス老舗玩具メーカー「vilac(ヴィラック)」。
木製のおもちゃが定番です。
日本にも直営店があり、人気のあるお店ですね

160508-03.jpg

ボンマルシェ・デパートの子供服&おもちゃのフロアにて見つけたヴィラックコーナー。
大人が見ても楽しめる素敵なデザインだと思います。

160508-04.jpg

キャラクターっぽいものでも、どこか温もりがあってフランスらしいセンスを感じます。

160508-05.jpg

男の子向けの車、飛行機などのおもちゃが多いですが、女の子向けのおもちゃもあります

160508-07.jpg

こちらはパリ生まれのアーティスト、NATHALIE LÉTÉ(ナタリー・レテ)のイラストのパズル。
ナタリー・レテのイラストがデザインされたおもちゃは他にも色々ありました
大人でも欲しくなってしまいます・・・

160508-08.jpg

カラフルなボーリングおもちゃ。

160508-09.jpg

子供用の傘まで!

160508-10.jpg

私が買ったのは一番上の写真の車のおもちゃ(12ユーロ)。
小さい子供の手でも持ちやすいように軽く薄っぺたい形をした車です
車体に「made in France」と書かれてあります

160508-11.jpg

「プレゼント用です」と言ったら、こんなラッピングをしてもらえました。
去年のクリスマス包装紙の残りだとは知ってるんですが(笑)、なんだか大人っぽくて素敵ですね

「vilac」・・・子供用に、自分用に、おすすめのフランス土産です






店舗情報
デパート「Le Bon Marché」
住所:24 rue de Sèvres 75007 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オルセー




Meaux(モー)のマルシェレポート 2016春

160501-01.jpg

ここ数年春になると買い出しに行く、パリ郊外の街「Meaux(モー)」のマルシェ
今年はすでに4月16日と30日の2回行ってきました。

160501-02.jpg

毎年恒例になりましたが、春の食材をレポートしますね。
(モーへの行き方はこちら→2013年2014年2015年
パリ東駅から約25分で行けます

161106-01.jpg

まず4月16日に行ったときのこと。
モーと言えば「ブリー・ド・モー」。
↑こちらのGANOTさんのお店で選びます

160501-04.jpg

↑今回はこちらの乾燥タイプにしました。
通常のブリー・ド・モーをさらに熟成させて、セミハードタイプのチーズにまで乾燥させたものです。
白いブリーに対して「Brie Noir(黒いブリー)」という名前です
4分の1カットで4ユーロのものを購入。

160501-05.jpg

こちらも毎年買っているキノコ専門店。
このマッシュルームの食感と美味しさは別格です
500gで1.60ユーロ。

160501-06.jpg

クレソンも今が旬ですね。
こんな大きな束(約450g)が2ユーロ
ほどよい辛みでとっても美味しかったです。

ここで、一番のお目当てと思っていたアスパラガス農家のブースがないことに気づきました…
とっても楽しみにしていたのに、ちょっと時期が早かったからか出店していませんでした。

160501-07.jpg

というわけで、その2週間後の土曜日4月30日にリベンジ!
再びモーへ行ってきました。
16日にはなかったリンゴ農家のブースもあって、ますます賑わっていて嬉しかったです

160501-08.jpg

アスパラ農家も来ていました!
良かった~と思ったら、ホワイトアスパラしか見当たりません。
「グリーンは来週ね」と言われてしまいました
ホワイト&グリーンアスパラ両方買うつもりでいたので、残念。
この日はホワイトアスパラ500g(4.10ユーロ)だけ購入しました。
こうなったら来週も頑張ってモーまで行くしかないですね(笑)

160501-09.jpg

またまたマッシュルーム500gも購入

160501-10.jpg

前回買ったクレソンもあっという間に食べ尽くしてしまったので、これもまた購入。
ポタージュを作ろうと思います

160501-12.jpg

今回の戦利品、どれも美味しくて大当たり

160501-13.jpg

マッシュルームはあまり小さく切らない方が、噛んだときのはじけるような食感が楽しめると思います。
オリーブオイル・にんにく・塩コショウで、フライパンでじっくり炒めました

160501-14.jpg

ホワイトアスパラは春の野菜の王様ですね
最高~に美味しかったです。

以上、モーのマルシェレポート(2016春)でした!