プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

トゥール・ダルジャンのパン屋さん「LE BOULANGERIE DE LA TOUR」

日に日に気温が下がってきているパリです。
来週はとうとう氷点下の予報まで…ご注意を!

161120-06.jpg

さて、今週は新しくオープンしたパン屋さんをご紹介します。
サンルイ島から左岸に渡ってすぐの川沿い。
こんなところにパン屋さんなんてあったっけ…と思ったらビックリ

161127-01.jpg

5区の高級レストラン「トゥール・ダルジャン」が新たにパン屋さんとその隣にロティスリー(グリル肉料理店)をオープンさせていました。
↑左端の建物がレストラン、道をはさんだ角にあるのがパン屋「LE BOULANGERIE DE LA TOUR」、その並びの赤いひさしのお店がロティスリーです。
この写真には写っていませんがレストランの左隣には同じくトゥールダルジャンのショップがあるので、ここら一帯に勢力を広げているようです
4軒ともすべてセーヌ川沿いという最高の立地です。

161127-12.jpg

河の向こうにはノートルダム大聖堂が見えます

161127-02.jpg

今月オープンしたばかりのパン屋さん、さっそく入ってみました!

161127-03.jpg

ウィンドウをのぞいただけで、すでに美味しそうなものが並んでいます。

161127-04.jpg

意外なことに、とってもカジュアルな雰囲気です。
あの高級レストランの代名詞的存在であるトゥール・ダルジャンなのだから…もっとラグジュアリーなパン屋さんを想像していましたが、大違い。
クロワッサン1.10ユーロだなんて、近所の名もないパン屋さんよりお安いではないですか!
店員さんも良い雰囲気で、まったく気取ったところがありません。

161127-05.jpg

写真で見ても分かると通り、どれもフランスらしいベーシックなパンばかりです。

161127-06.jpg

↓トゥールダルジャンのマークが入った食事用の固いパン。
カット売りです。
バゲットはもちろん、他の食事パンもかなり充実しています。
よくよく考えると、この周辺はパン屋さんが少ないんです。
きっと地元の方たちにとっては、こんな普段使いできるパン屋さんが1軒出来たら嬉しいだろうなぁと想像します

161127-07.jpg

内装はもちろん、こういうオリジナルのジャムのパッケージや包装にも統一感があるのはさすがトゥールダルジャン、という感じですね。

161127-14.jpg

どれもこれも美味しそうでしたが、今回は3種類購入してみました。
バゲット(1.10ユーロ)、クロワッサン(1.10ユーロ)、ショソンオポム(1.50ユーロ)。
3点ともまだ温かくて、焼き立てでした

161127-13.jpg

こんな可愛い袋に入っています

161127-08.jpg

ノートルダム大聖堂を眺めながら、さっそくクロワッサンを頂きました。
とっても美味しい!
バターたっぷりで、パイはサクサク軽くて、適度な大きさなのでボリュームもあります。
値段は普通のパン屋と同じですが、味は全然違います
久々にこんな美味しいクロワッサンを食べました!

161127-09.jpg

バゲットも美味しかったです。
少し酸味のあるタイプで、じんわりと粉の味がして、とても丁寧に作られれていると思います。
ほんと、このお店が近所にあったらほぼ毎日通うと思います

161127-10.jpg

ショソンオポム(リンゴのパイ)は自宅で少し温め直して頂きました。
これも素晴らしい素材!
とってもおすすめです。

161127-11.jpg

【追記】↑この布製バッグも販売されています25ユーロです。

新しいパン屋さんで、こんなに期待を越えるくらい美味しいと思ったのは久しぶりです。
お隣のロティスリーも気になるし、、、また行きます!!






店舗情報
パン屋さん「LE BOULANGERIE DE LA TOUR」
住所:19 quai de la Tournelle 75005 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


ビエ―ブル


パリのスーパーマーケット 10 Panais(パネ)

季節はすっかり冬、のパリ
すでに初雪が降ったり、最近は雨続きで太陽も見えず、寒~い毎日です。

161120-01.jpg

野菜&果物も冬仕様!
大好きなみかん、クレモンティーヌが山積みの季節です。
日本のみかんとはまた違った美味しさで一日一個食べています

161120-04.jpg

ザクロの旬も続いています。
パリ滞在中のビタミン補給にもおすすめ!

そして、冬の野菜も続々と登場しています
こちらは特に好きな「Panais(パネ)」という根菜。

161120-02.jpg

まるで白い人参のような見た目です。
私は日本ではお目にかかったことがなく、フランスで初めて食べました。
英語ではパースニップと言い、アメリカやイギリスでも一般的な野菜だそうですね

161120-03.jpg

人参と比べると結構大きいです。
お味は独特!
他に似ている野菜は思いつきません。
甘味があって、爽やかな香りが強く、一度食べたら忘れられないパネ

161120-05.jpg

特に旬のパネは濃厚で美味しいです。
1年ぶりに食べられるということで、毎年楽しみにしています。
以前、市販の野菜チップスの中に入っていたパネが美味しかったので、薄切りにしてよく焼いてみました。
水分が飛んでさらに甘く、、、止まりません
日本で食べたさつまいもチップスにも似ていると思いました。

161120-07.jpg

フランスでパネのレシピと言えばポタージュやピューレが代表的です。
やはり冬の野菜、寒い日は特に食べたくなりますね
我が家も今夜はパネのポタージュ!


2016-2017 パリのイルミネーション

161113-01.jpg

先週もチラッと紹介しましたが、パリはノエル(クリスマス)に向かって華やかな時期になってきました

161113-02.jpg

ラファイエットデパート内に登場した、毎年恒例のツリー

161113-03.jpg

全部紙で出来ているそうです!
そして先週はまだ準備中だった、クリスマス仕様のウィンドウも今週からお披露目になりました

161113-04.jpg

こちらも全部白い紙で統一されて幻想的な雰囲気ですね。
子供も大人も夢中で見物、混み合っているのでスリに注意です

161113-05.jpg

161113-06.jpg

例年に比べて少し大人っぽくアートな感じです。

161113-07.jpg

去年に引き続き、今年も動画を撮ってみました(音でます)



そして、パリのイルミネーションと言えば…シャンゼリゼ大通り
今年は2016年11月21日(月)~2017年1月8日(日)の期間です。

111210-12.jpg

写真は以前のものです。
夜はかなり冷えますので、防寒対策バッチリでお出かけしましょう


 おまけ 

イルミネーションではないですが…明日14日は満月ですね
今月はスーパームーンの中でも特に大きく見える、特大の満月だということで楽しみです。
↓昨日撮影したものですが、すでに大きく明るいお月様でした。

161113-09.jpg

Meaux(モー)のマルシェレポート 2016秋

ちょうど1週間前にパリは夏時間から冬時間にかわり、ググッと気温も下がってきました。
冬のはじまりですが・・・食べ物はもう少し秋の味覚を楽しみたいところ!

161106-01.jpg

毎年春に訪れているMeaux(モー)の街のマルシェへ、昨日買い出しに行ってきました
毎週土曜日に開催されているこのマルシェですが、秋に行ったのは初めてです。
パリ東駅から約25分で行けます。
(モーへの行き方はこちらの過去記事からどうぞ→2013年2014年2015年

161106-02.jpg

8時50分頃東駅を出発する電車に乗って、9時15分にモー駅に到着。
川沿いを歩いてマルシェまで

161106-03.jpg

規模の大きいマルシェではありませんが、パリでは普段見かけないような種類の野菜が豊富で、しかもパリよりもずっとお買い得
お気に入りのマルシェです。

161106-04.jpg

到着してすぐにきのこ専門店へ!行列が出来ています。
私の今回の一番のお目当てはキノコ、中でも「ジロール」を求めて来ました。
売り切れちゃう前に早めに買っておきます。

161106-05.jpg

ジロール茸は高級きのこの一つ。
もちろんパリでもあちこちで見かけますが、今年はお値段が高すぎる気がして手が出ませんでした
キロ当たり30ユーロ前後のものが多いです(例年は20ユーロ前後でも見かけるのですが、私は見つけられず)。
ここ、モーのマルシェではキロ当たり20ユーロ。
張り切って400g
シイタケも美味しそうだったので300g購入(キロ当たり12ユーロ)。
合わせて7.60ユーロ。
よく考えるとこの量でちょっと安すぎですね、お兄さん計算間違ってたみたいです、、、

161106-06.jpg

このきのこ屋さんの向いに、りんご&洋梨専門店もあり、こちらも人気です。
お店のおじいちゃんに「とってもとっても美味しい!おすすめ!!」と言われ、洋梨を2個買いました
この洋梨が信じられないくらい味が濃くて、本当に美味しかったです。

161106-07.jpg

前回も買ったクレソン(1束2ユーロ)も購入。

161106-08.jpg

そして最後にお昼ごはんを調達
↑こちらのお店はチキングリルの他に、テイクアウトの食事も豊富です。

161106-09.jpg

大きな鉄パンで3種類の屋台料理が並んでいました。
マルシェで定番の「パエリヤ」「シュークルート」、そして「Tartiflette(タルティフレット)」。

161106-14.jpg

タルティフレットはフランスの冬の定番チーズ料理!
もともとはサヴォワ地方のもので、グラタンのようなものですがとにかくチーズの量が多いです
このお店はじゃがいもは「ノワムーティエ使用」と書かれていました。
おいしいじゃがいもの代表ですね。

161106-11.jpg

一人分下さい、とお願いしてこんな容器に入れてもらいました。
量り売りだったので575gで5.60ユーロでした

161106-10.jpg

買ったもの大集合
お昼ご飯はタルティフレットを温めなおして、クレソンと一緒に頂きました。

161106-12.jpg

チーズが濃厚で、ベーコンとじゃがいももズッシリと重いので、サラダなどを付け合わせると食べやすいと思います。
色んな種類のチーズが入っていました。
美味しかったです

今日の夕食はきのこスパゲティです…秋の味覚を堪能します
以上、モーのマルシェレポート(2016秋)でした!


 おまけ 

161106-13.jpg

ギャラリー・ラファイエットにツリーが登場しました
今年はまっしろツリーです。