プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

2017年6月28日スタート 夏のソルド

170528-01.jpg

夏のソルド(セール)まであと1か月!
日程は・・・

6月28日(水)~8月8日(火) です。
(ソルドの最終日は各店舗によって違いますので、事前にご確認をお願いします。)

最近は夏&冬の大きなソルドだけでなく、お店によってはその合間にも何度か割引期間が設けられていたり、会員対象のプレソルドも行われています。
そうは言っても、やはり夏&冬の2大ソルドが規模としては大きいと思います。
お買い物はこの機会にぜひ

170528-02.jpg

以前のソルドで購入した、我が家のとっておきをご紹介します!
↑こちら、トリュフ塩です
定価7.80ユーロが30%オフで、5.50ユーロでした。

170528-06.jpg

フタを開けると、濃厚なトリュフの香り。
トリュフ好きにはたまりません・・・
特別感のあるお土産にオススメです

170528-03.jpg

まずはトリュフと相性の良い、卵にパラリ。

170528-04.jpg

スクランブルエッグにもパラリ。

170528-05.jpg

グリルしたじゃがいもにもパラリ。
トリュフ塩を主役にして、あれこれ振りかけて楽しんでいます。

トリュフの風味が素晴らしいのは言うまでもないですが、塩自体の味が美味しいのも重要ポイントです。
デパートの食品コーナーにはいくつかのメーカーから「トリュフ塩」が販売されています。
この「Artisan de la TRUFFE」はゲランドの塩を使用しているというのが特徴です
ラファイエットの食品館で購入しましたが、ボンマルシェの食品館にもブースがあります。

170528-07.jpg

私が個人的に一番好きな食べ方は、、、

170528-08.jpg

炊きたての日本米にかけるというシンプルな食べ方
とまりません!!

来月のソルドには何が出てくるでしょうか?
楽しみです。

パリ3区レストラン 「Elmer(エルマー)」

先週、パリ3区の人気レストラン「Elmer(エルマー)」へランチに行ってきました。

170514-01.jpg

オープン以来1年半、ずっと良い評判のレストラン。
最寄りのメトロは3番線「Temple」です。
隣の「République」駅も近いです。

170514-05.jpg

店内は広々していますが、予約ですぐ埋まってしまうと聞いたので前日に12時半の予約を入れていきました(オープンは12時15分です)。
混み合うのは13時頃からですが、満席になっていたので予約しておいた方が安心です。

170514-06.jpg

お昼のメニューはこちら↓(画像をクリックすると拡大します)

170514-03.jpg

前菜+メインで24ユーロ、デザートも付けると28ユーロです。
前菜とメインはそれぞれ2つずつ選択肢がありました。
内容は日替わりです。

ちなみにこの日の前日の夜のメニューも見ることが出来たので、参考までに↓(画像をクリックすると拡大します)

170514-04.jpg

夜はアラカルトです。
前菜(12~16ユーロ)、メイン(30ユーロ~)、それぞれ5種類ほど用意されています。

ランチのお料理を紹介していきます!

170514-07.jpg

まずは前菜「Betterave rouge,rhubarbe,harengs fumés et noix」。
ビーツ、リュバーブ、燻製ニシン、クルミ。
さっぱりしていて美味しい~!
甘味のあるビーツにリュバーブの酸味がぴったりです。
ニシンもクルミも素材の良さがはっきりしています。
この新鮮サラダは家庭で出来そうで出来ない・・・

170514-08.jpg

もう1つの前菜は「Anchoïade,concombre,coriandre,miso noir」
Anchoïade(アンショワード、南仏名物のアンチョビソース)、きゅうり、コリアンダー、黒味噌
調味料に味噌が使われていますが、シェフは日本でも少し研修をしたことがあるそうです。
でも味噌は隠し味程度なので、料理全体は和風ではありません。
こちらの前菜もさっぱり美味しい
初夏らしく爽やかで食欲をそそる前菜でした。

170514-09.jpg

パンも美味しい♪

170514-10.jpg

続いてメイン「Echine de Porc,cresson,carottes et oignon de Trébons」
豚の肩ロース肉、クレソン、人参、玉ねぎ。
しっとり柔らかい豚肉
付け合わせての野菜たちも美味しくてボリュームもあり、大満足。

170514-11.jpg

もう1つのメインは「Lieu jaune,épinards,poreaux et petits pois,sarriette」
タラ、ほうれん草、ポロ葱、グリンピース、サリエット(ハーブ)。
お魚もしっとり、焼き加減バッチリです。

今回はデザートなしで24ユーロのセットを頂きました。
質もお値段も満足のお店だと思います。
マレ地区散策に便利なお店がまた1軒増えました






店舗情報
レストラン「Elmer」
住所:30 rue Notre Dame de Nazareth 75003 Paris
ホームページ:http://elmer-restaurant.fr






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

マレ


2017年 バゲットコンクール優勝 「Brun Boulangerie Patisserie」

5月4日、今年のバゲットコンクールの結果が発表されました

170507-17.jpg

優勝はパリ13区の「Brun Boulangerie Patisserie」です。
今日お店に行ってきました~!

170507-02.jpg

到着してビックリ…行列です。

170507-15.jpg

週末なので人気のパン屋さんならお店の外まで並ぶのは珍しいことではありませんが、まさかこんなに並んでいるなんて。
もちろんバゲットを買うために並びました。
45分かかってようやくレジの順番がまわってきました…

170507-04.jpg

実はこのお店は2015年のバゲットコンクールで2位になっていました。
店内にはトロフィーがいくつか飾ってあり、コンクールの常連店。

170507-10.jpg

並んでいたのは多くが地元のフランス人で、安定した人気を感じました。

170507-11.jpg

パンだけでなくケーキも充実

170507-06.jpg

170507-07.jpg

テレビの取材も来ていました!

170507-05.jpg

行列に並びながら、他のお客さんを観察。
優勝したバゲットはもちろんケーキやクロワッサンなども合わせて売れていきます。
中でも気になったのはこのフラン。
何人も買っていました

170507-08.jpg

フランとは、固めのプリンのようなカスタード生地のお菓子です。
フランスのパン屋さんならどのお店にも置いている庶民的な定番おやつ
このお店にはプレーンとピスタチオ味の2種類がありました。

170507-09.jpg

甘いパンだけでなく、塩系のパンも充実です。

170507-12.jpg

今回は行列マジックか(?)、並んでいる間に色々美味しそうに見えたのでバゲットの他にも3つ購入しました

170507-16.jpg

右上のフラン(プレーン)、クロワッサン、そしてびっしりと胡麻の付いた謎のパン。
この胡麻パンはレジの近くにあって、お店の名前「Brun」が付いていたパンだったので購入してみました。
パン生地はバゲットのようにしっかりしていて、中に数種類のドライフルーツやナッツが入っています。
クロワッサンも胡麻パンもとっても美味しい~!
フランは今晩のデザートに…

170507-14.jpg

もちろんバゲットの美味しさは最高(1.10ユーロ)。
メトロの駅からは少し離れていますが、地元に愛されるパン屋さん「Brun」おすすめです






店舗情報
パン屋 「Brun Boulangerie Patisserie」
住所:193 rue Tolbiac 75013 Paris






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


ゴブラン