プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

ボンマルシェ 日替わりサンドイッチ

前回から引き続き、今週も話題はボンマルシェ・グルメ館
お昼ご飯のサンドイッチを求めて、パン売り場へ!

170827-01.jpg

こちらはサンドイッチの棚(冷蔵)。
「グリル野菜/セミドライトマト/ルッコラ」や「七面鳥グリル/チェダーチーズ/セミドライトマト/レタス」などなど…さすが種類が豊富です。

170827-02.jpg

ハンバーガーやラップサンドもあります。

170827-03.jpg

しかし!
今回気になったのはこちらのワゴン

170827-04.jpg

「LA GOURMANDISE DU JOUR(本日のグルマンディーズ)」と書かれたこちらのワゴンでは、日替わりでサンドイッチやピザが登場します。

170827-05.jpg

ここは積極的に試食を置いているので、次々と人が集まって来ます。

170827-06.jpg

この日はバゲットサンドイッチの日でした
具材は「ハム/エスペレット入りバター」で、長さによって値段が違います。
10cm=3ユーロ、20cm=6ユーロ、30cm=8ユーロ。

170827-07.jpg

美味しそう~~!
冷蔵コーナーのサンドイッチも魅力的ですが、冷たいのはちょっと・・・という時に嬉しいですね。
20cmを買ってみることにしました

170827-08.jpg

ちゃんと定規で測っています(笑)

170827-09.jpg

バーコードのシールを貼ってもらって、お会計はレジへ持って行きます。

170827-10.jpg

バゲットに、たっぷりのハムとバターというシンプルなサンドイッチ
「jambon-beurre(ジャンボン・ブール)」と呼ばれる、フランスではどのパン屋さんでも置いている定番の組み合わせです。

170827-13.jpg

こんなにシンプルなのに(シンプルだからこそ?)、ただただ美味しい!
バゲットはここで毎日焼かれていて、外はパリパリ中はしっとり・・・の安定した出来栄え
バターはエスペレットという風味豊かな唐辛子が練り込んであり、ハムとの相性抜群です。
唐辛子と言っても、日本の「鷹の爪」のような強烈な辛さはありません

170827-12.jpg

たっぷりハムがはさんであるので、20cmで結構ズッシリ。
お腹いっぱいになりました

こちらのバゲットサンドは具材が日替わりなので、また別の日も楽しみです。
ピザの日も気になるところです・・・






店舗情報
デパート「Le Bon Marché」の食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」
住所:38 rue de Sèvres 75007 Paris

ボンマルシェ オリジナルグルメ

170820-01.jpg

8月はバカンスシーズン、一番夏らしい季節のはずですがパリは涼しい毎日です。
日差しだけは強くてジリジリと焼けます

170820-02.jpg

今回はボンマルシェのグルメ館へ、フランスらしいお菓子を探しに行ってきました!
現在、「Souvenirs Rive Ganche(左岸のお土産)」という企画展が開催中。

170820-12.jpg

グルメ館オリジナルのエコバッグも登場しています(15ユーロ)

170820-03.jpg

今回気になったのは、こちら。
ケーキコーナーの一角にドドーンと並べられたギモーヴです。
ギモーヴとは…マシュマロのようなフランスの伝統的なお菓子の一つです
お店によって作り方は異なりますが、ゼラチンや卵白を使ったフワフワ・モチモチとした食感で、見た目も可愛らしく定番の商品です。

170820-04.jpg

ボンマルシェでは、この棒状の大きなギモーブをカット売りしています。
作りたて、切りたてなのでとっても柔らかい
約5cm角で1つ1.50ユーロ。
味はバニラ、ローズ、オレンジ花水の3種類です。

170820-05.jpg

3切れ入りの袋もあります。
ちょっとお得で、1袋4.20ユーロ。

170820-08.jpg

バニラギモーヴを買ってみました
バニラビーンズたっぷり。

170820-07.jpg

この感触は表現が難しい・・・赤ちゃんのほっぺのようにすべすべ・フワフワしていて、やや弾力もあります

170820-06.jpg

ここまでしっとりフレッシュな食感はなかなかありません。
大き目サイズも珍しく、1個でも満足感があって嬉しい!
(ボンマルシェでは、この他にもお菓子コーナーに「Guimauve à l’ancienne」という名前の200g袋入りギモーヴも置いています(12.80ユーロ)が、そちらはやや堅めです。)

170820-10.jpg

もう1つ、ボンマルシェオリジナル商品でおすすめなのがこちら。
100~150gのケース入りチョコボール、アーモンド入りやノワゼット入りなど種類が豊富
ケースはプラスチックなので軽くてお土産にもおすすめです。
お値段は6~13ユーロくらいです。

170820-11.jpg

今我が家ではミルクチョコとダークチョコの2種類が入ったものを食べています。
カリカリシリアルがチョコでコーティングされています。
チョコの味が濃厚で、美味しい!





店舗情報
デパート「Le Bon Marché」の食品館「LA GRANDE EPICERIE DE PARIS」
住所:38 rue de Sèvres 75007 Paris

パリ9区 イタリアン食材店「RAP」

今回は、パリ9区のイタリアン・エピスリー(食材店)「RAP」をご紹介します。

170806-01.jpg

パリのグルメ通りとして人気のある「マルティール通り」の入口付近に位置し、以前このブログでご紹介したパティスリー「セバスチャン・ゴダール」やジャム専門店「ラ・シャンブル・オ・コンフィチュール」もすぐ近く
最寄りはメトロ12番線「「Notre-Dame-de-Lorette(ノートル・ダム・ド・ロレット)」駅です。

170806-02.jpg

「RAP」の店内には、イタリア食材がぎっしり!
保存のきく食材もあれば、冷蔵のチーズやハムも豊富。

170806-03.jpg

少しですが、イタリア産の珍しい野菜や果物も販売しています。

170806-06.jpg

おお~!パリではなかなか手に入らない、北イタリア・マントヴァ産の最高級メロン(4.50ユーロ)。
今が旬です。

170806-04.jpg

オリーブオイル、バルサミコ、ワイン、はちみつ、ビスコッティ、、、などなどありとあらゆるイタリア産の美味しい食材が並んでいます。

170806-05.jpg

そして、今回のお目当てはこちら

170806-07.jpg

生ハムです!
↑こちらはパルマ産。

170806-08.jpg

↑こちらはサウリス産。
2種類の生ハムの味の違いは、お店の方曰く・・・
パルマ産は「doux(=まろやか、穏やか)」、サウリス産は「corsé(=濃い、強い)」とのことです。
サウリス産の方が塩分が強いのか?と聞くと、そうではないそうです。

170806-09.jpg

どちらもオススメ!と言われたので、2種類スライスしてもらいました
2枚ずつ、合計85gで4.42ユーロ。
我が家は二人なので、食べる分だけちょこっと切ってもらえるのは嬉しいですね。

1キロ当たりどちらも52ユーロでしたが、パリで買えるイタリア産生ハムとしては悪くないお値段です。
スーパーでももっと高い生ハムがありますし、ボンマルシェでは今回のようなスライス量り売りのイタリア産生ハムでキロあたり70ユーロ〜です。

170806-10.jpg

そして生ハムと言えばメロン
マントヴァ産メロンも気になりますが・・・
今回は近くの青果店でフランス産メロンを購入しました。
1つ2.50ユーロ。

170806-11.jpg

暑い日はこんな前菜が嬉しい~
完熟メロンと本場イタリア生ハムで、生ハムメロン。
スルスルと胃におさまり、食欲増進。
パルマ産とサウリス産の違いも分かって、大満足です。
確かにサウリス産の方が味が複雑(熟成が強い?)で、パルマの方が一般的な生ハムらしい生ハムでした。
私はどちらもお気に入りで、両方ともとても美味しいと思いました

大満足!以上です!・・・と言いたいところですが心残りが一つ・・・

170806-06.jpg

そうです、マントヴァ産メロンが気になって気になって。
結局翌日メロンと生ハムを求めて再び「RAP」へ行ってきました(笑)

170806-13.jpg

小さ目のマントヴァ産メロン、1玉750gくらい。
これで4.50ユーロもするのですから、フランス人は皆ビックリするでしょうね、、、。

170806-12.jpg

生ハムもまた2種類購入。
今回は3枚ずつ、計6枚110gで5.72ユーロ。

170806-14.jpg

メロンは小さいので、二人で半分ずつペロッと食べちゃいました。
味はフランス産のものと似ていましたが、糖度がかなり高い
でも甘過ぎることはなく、味わいのある甘さです。

170806-15.jpg

言うまでもなく、生ハムとの相性抜群です。
よく冷えたシャンパンと共に

170806-16.jpg

しつこい生ハムメロン画像、すみません。
あまりに美味しかったもので
感激しました。

170806-17.jpg

ちなみに「RAP」は8月14~21日は夏季休業だそうです。

まだまだ気になる食材がたくさんあるので、今後も楽しみです。






店舗情報
イタリアン食材店「RAP」
住所:4 rue Flechier 75009 PARIS
ホームページ:http://www.rapparis.fr/





お知らせ

夏休みのため、来週のブログ更新お休みします。
また2週間後にお会いしましょう