プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

11区の老舗ビストロ LE BISTROT DU PEINTRE

今週もまだ気温の上がらないパリですが、日差しは確実に強くなってきています
夏時間になって、夜は8時頃まで明るくなりました。
これからどんどん日が伸びていきます!

130407-01.jpg

さて、今回はビストロ「LE BISTROT DU PEINTRE(ル・ビストロ・デュ・パントル)」をご紹介します
おいしくて、手頃な値段で、定休日なし、朝7時~午前2時(!)まで一日中ノンストップで営業している
というとっても便利なお店です
年間で12月24日の夜と25日だけ休みになるそうです。

130407-02.jpg


パリらしい雰囲気も楽しめるのでこれまでに何度も訪れています。
テラス部分が改装されてきれいになりましたが、店内は天井まで昔ながらの美しい装飾
1902年創業です。

130407-03.jpg

↓最近のメニュー(季節によって変わります)。
前菜が6ユーロぐらいから、メインは15ユーロ前後です。
他にもサラダランチやグラムで選べるステーキなども豊富です
他に黒板メニューもあります。

130407-06.jpg

こちらはグラスワイン、3.50ユーロ

130407-07.jpg

メニューはどれも王道ビストロ料理です。
前菜にはこんなフランスらしい一品も…

130407-04.jpg

牛の骨髄!(8.50ユーロ)
日本ではほとんど見かけないものですが、フランスでは「os à moelle(骨髄)」はスーパーでも売っている
食材の一つです。
パントルの骨髄は前菜と言ってもかなり大きくて量が多いので、二人でシェアするぐらいでちょうどいいかも?

130407-05.jpg

こんなふうにパンに付けて頂きます。
トロトロのゼラチン質でほんのりキノコのような香りがします。

サラダも一皿でボリューム満点。
軽めのランチならこれだけでもOK

130407-08.jpg

メインも結構ボリュームあります!

130407-09.jpg

↑こちらは黒板メニューから「jarret de porc(豚すね肉)の煮込み」(13ユーロ)
ちりめんキャベツとジャガイモが添えてあって、ソースもおいしい

130407-10.jpg

↑「onglet de boeuf(牛ハラミ肉)ステーキ」(14.50ユーロ)
フランスでステーキを食べると固いお肉が出てくる場合が多いのですが、これは柔らかくジューシーでした!
付け合わせのポテトグラタンはにんにくが効いていて、これだけでもおかわりしたいぐらい…

デザートも充実しています

↓エスプレッソとセットで色々食べたい時におすすめなのが「cafe gourmand(カフェ・グルマン)」。
この日はミニサイズのフィナンシェ、チョコケーキ、メレンゲ、クランブルの乗ったヨーグルトが付いてました。

130407-14.jpg

単品でもどれもおいしいので迷ってしまいます!
↓巨大プリン。

130407-11.jpg

↓フォンダン・ショコラ。

130407-12.jpg

でも一番の名物はこの「profiteroles(プロフィットロール)」!
大きなシュー生地の中にバニラアイスが入っていて、熱々のチョコソースがかかっているデザート
アイスが甘めでチョコソースはビター、という絶妙なバランス。
その他のデザートよりも量多めです。

130407-13.jpg

食事でなくても、おやつタイムにデザートだけ食べることもできます

130407-15.jpg

いつ行っても満足できるビストロです。
お腹一杯になったらバスチーユやマレ地区まで歩いて腹ごなししています




店舗情報
LE BISTROT DU PEINTRE(ル・ビストロ・デュ・パントル)
住所:116 Avenue Ledru Rollin 75011 Paris
ホームページ:http://www.bistrotdupeintre.com/


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

サンポール

Comment

Re:

★鍵コメさま

素晴らしい情報をありがとうございます!!
コメントのお返事が遅くなってすみません、逆に詳しく教えて頂き壁画の詳細については
初めて知りました。
しかも新しいフィガロに載っていたとはびっくりです。
さっそく今週更新予定の記事にて紹介させて頂きます。
ありがとうございました!
“パリ好き仲間”としてこれからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント