プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ6区 カフェ「Malongo(マロンゴ)」

残念ながら、以前ご紹介した15区の「マロンゴ・カフェ」が閉店してしまいました
なので、今回は5区にあるマロンゴ・カフェへ行ってみました!

130825-01.jpg

少し前に改装されたとのことで、お店はとっても広くて綺麗
正直、15区にあったお店と同じマロンゴ・カフェとは思えない…(笑)

130825-02.jpg

テーブル席、カウンター席、ソファ席などがあり、トイレも完備されているので休憩にとても便利!
メトロ4・10番線「Odéon(オデオン)」が最寄駅ですが、駅前の喧騒から道を1本隔てているので
ここだけゆっくりとした時間が流れています

130825-03.jpg

↑こんなおいしそうなケーキ、15区にはなかった…!
奥に見えるのはボルディエのヨーグルトです。

130825-04.jpg

今回もカフェオレ(4ユーロ)を注文しました。
注文を受けてから熟練のバリスタが丁寧に作ってくれます。
泡だてたミルクを注ぐのも「こだわってます!!」といった手付きで、とても真剣
美しい~カフェオレの完成です。

130825-05.jpg

スペキュロスクッキーも付いてました、これもおいしい

130825-06.jpg

店内では様々なコーヒー器具も販売されています。

130825-10.jpg

130825-07.jpg

ケトルや陶器製のドリッパーは日本製。
パリのカフェではこの日本の「HARIO」社の製品をよく見かけます

130825-13.jpg

そしてアフリカ産の「SAO TOMÉ」という名前のコーヒー豆も購入しました(250g、4.90ユーロ)
パッケージも前回と比べて進化しましたね!
サオトメ?…早乙女??
日本にゆかりがありそうな名前ですが、そうではなく西アフリカの「サオトメ島」という小さな島で栽培
されたコーヒー豆だそうです
すっきりと飲みやすい味でした
マロンゴのコーヒー豆は全体的に軽くて、さっぱりしている印象があります。

最後に…店内でとっても気になったのが、写真中央奥に見える大きな機械

130825-08.jpg

なんとこれ、最新の焙煎機。

130825-09.jpg

この機械を使って、その場で好きなコーヒー豆を選んで焙煎してもらうことができるのです
焙煎前の薄い緑色をした豆が8種類ほど置いてあります。
注文は500gからで、お値段は豆によって違いますが約20ユーロからです。
コーヒー豆は鮮度が命…焙煎してすぐの新鮮なコーヒーが味わえる嬉しいサービスですね

同様の機械がラファイエット・デパートのグルメ館内のマロンゴブースにも置いてあります。
こだわりコーヒー豆のお土産に是非





店舗情報
カフェ「Malongo(マロンゴ)」
住所:50 rue St André des Arts 75006 Paris



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


デプレA


デプレB


Comment

Re: はじめまして

★U・Dさま

はじめまして、コメントありがとうございます。
景色のいい場所や穴場スポットですね、、、探してみます(^-^)
また写真がとれたら掲載します♪
これからもよろしくお願いします!

はじめまして

パリについて調べていたらこちらを見つけたのでお邪魔します。

カフェのことやイベントのこと参考になりますv-10

私としては、景色のいい場所や穴場スポットなんかも教えていただきたいな~
お時間ありましたら是非検討してください

非公開コメント