プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

今が旬のムール貝 「moule de bouchot(ムール・ド・ブショ)」

昨日は秋晴れの一日でした
パリはここ数日、少し日差しが強く暖かいです。
暑すぎず、寒すぎず、9月中はこの過ごしやすい気候が続く予報です

130922-01.jpg

さて、今日は旬の食材をご紹介します!
「moule de bouchot(ムール・ド・ブショ)」という名前のムール貝、6月から2月頃までだけ出回る
“特においしいムール貝”です
普通のムール貝は年中見かけますが、これは期間限定
小粒で濃厚な味が特徴です。
↓こちらはモン・サン・ミッシェル産のmoule de bouchot。

130922-02.jpg

パリにはベルギー系のムール貝専門のチェーン店もあるし、レストランでも食べられる定番の料理

130922-10.jpg

↑こちらは以前ベルギーで食べたムール貝、25ユーロ(一人分、フライドポテト付き)でした。
レストランでムール貝を注文すると、鍋一杯に出てきます。
おいしくて質の良いものになると30ユーロ以上することもあります…結構お高い

でも旬の時期に食べなくちゃもったいない
ということで、今回は魚屋さんで買ってきました
キロ当たり7ユーロでした。
たっぷり食べたくて、どど~んと1.5キロ(約11ユーロ)、二人でも食べきれないぐらいの量です。
魚屋さんなら1キロ以下でも好きな量をはかって買うことができます。

130922-03.jpg

日本のあさりやはまぐりのように「水につけて砂抜き」は必要なし
流水で全体を洗い、表面に汚れ(コケ)が付いていたらナイフなどでこすり落とし、足糸と呼ばれる
ヒゲのようなものを引き抜きます。

下処理さえ済めば後の調理は簡単です
鍋やフライパンにオリーブオイルを熱し、お好みでにんにく・玉ねぎ・セロリなどを炒めてから
強火にしてムール貝を投入。
ぐるりと混ぜて、軽く塩コショウをし、白ワイン(ムール貝1キロに対して150~200ccぐらい)を注ぐ。
白ワインが沸騰したらフタをして5分、貝が均等に開くように様子を見てかき混ぜて下さい。
火はずっと強火です。

130922-04.jpg

火が入り過ぎると固くなってしまうので、とにかく強火で手早く!!というのがポイントです
ジャストの火加減で蒸されたムール・ド・ブショはとろけるような食感です…
半熟玉子の黄身のような、濃厚な味。
こんなにおいしいムール貝はなかなかお店でも食べられないかも…
やっぱり旬の間に食べて正解でした

130922-05.jpg

二人でひたすら黙々と食べましたが、一回では食べきれず。
明くる日パスタにしました

130922-06.jpg

それでもたっぷりのムール貝、嬉しい~!
そして最後に大量のスープが残ったので、それを使ってご飯を炊きました

130922-07.jpg

魚介の旨みが凝縮されていて、これだけでシーフードピラフの出来上がり。
最後までムール貝を楽しめました~

130922-08.jpg

2月まで味わえるおいしいムール貝、魚屋さんで「moule de bouchot」の名前を見かけたらぜひ
トライしてみて下さいね


Comment

Re: No title

★soさま

私もムールはパリで知りました!
そうですね、山盛りとなったムール貝もなぜかひたすら
食べ続けられるんですよね^^
少量じゃ足りません!^^;
日本ではあさりやはまぐりをそんなふうには食べないのに
不思議です。

大きな大きなムール貝、それもおいしい品種があるそうですね。
夏は小粒タイプが多かったので、そろそろ見かけるかもしれません。
今度探してみようと思います。

Re: ムール貝!

★miaouさま

ありがとうございます!ムール貝三段活用(笑)…嬉しいお言葉です!
そうですね、レオンも手軽で人気ですが、やっぱりこのおいしさを
知ってしまうと、、、行かなくなっちゃいますね。

私もこのムールを知るまでは大きいほうがおいしいと思っていました。
実際、大きくて最高級のものとされる種類もあるそうです。
でもムール・ド・ブショを食べてびっくり、とてもおいしかったです♪


> 凄いです!ムール貝料理の3段活用っ!O(≧▽≦)O
> フムフム、参考になります。さっそくメモです!φ(σ_σ)
>
> 私もパスタまでは作ったことがあるのですが、
> まさかシーフードピラフになるとは驚きですっ!
>
> パリ滞在中にレオンに行っていたのですが、
> おウチで簡単に出来ちゃうことが分かってからは
> ぱったりと行かなくなってしまいました(^_^;)
>
> 貝は大きなものがいいと思っていた私ですが、
> ムール貝は違うのですねー。
> 次回、パリ滞在中にぜひ購入してみようと思います!

No title

ムールの美味しさ、パリで目覚めました。^^
こういう直接手で口にする物は、どこか己の野性(笑)を
刺激するのか、驚くほど沢山をぺろりとやっつけてしまいます。

昨秋の渡仏時は、まさにムールの旬だったようで、何という
品種なんでしょうか、普通の倍はあろうかと言う大きさに
出会いびっくりしました。
大味かなと危惧しましたが、これが美味しかったです。

今日ご紹介のbouchot、いつかの楽しみができました。



ムール貝!

凄いです!ムール貝料理の3段活用っ!O(≧▽≦)O
フムフム、参考になります。さっそくメモです!φ(σ_σ)

私もパスタまでは作ったことがあるのですが、
まさかシーフードピラフになるとは驚きですっ!

パリ滞在中にレオンに行っていたのですが、
おウチで簡単に出来ちゃうことが分かってからは
ぱったりと行かなくなってしまいました(^_^;)

貝は大きなものがいいと思っていた私ですが、
ムール貝は違うのですねー。
次回、パリ滞在中にぜひ購入してみようと思います!
非公開コメント