プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galette des Rois

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

キリスト教では、1月6日は「Épiphanie(エピファニー)」。
東方の三博士が生後12日目のイエスのもとを訪れてその誕生を祝い、
イエスが初めて神の子として人間の前に姿を現した日とされ、日本語では「公現節」と訳されます。

でも、キリスト教徒かどうかに関係なく、この日は、フランスでは「ガレット・デ・ロワを食べる日」。


20110106-1_512.jpg


このガレット・デ・ロワ、切り分けたガレットの中にフェーヴが入っていたら、王様(女王様)!
王冠をかぶって、みんなから祝ってもらえます。

あ、フェーヴっていうのは、小さい陶器の「なにか」。人形だったり、モノの形だったり。
ちなみに、スタッフNが唯一引き当てたフェーヴは…「ブキミな黒い魚」でした。
(おみくじじゃないけど、大凶かと思いました)

もっとも伝統的なのはフランジパン(アーモンドパウダー入りカスタードクリーム)のガレット。
大きさも人数分によってさまざまで、フェーヴ入りのものは、ちゃんと紙の王冠がついています。
「プチット・ガレット」といって、ひとり用もありますが、こちらはフェーヴは入っていません。

街のパン屋、パティスリーはもちろん、高級パティスリーやショコラティエ、総菜屋、スーパーなど、
至るところで売られています。
期間限定モノですが、最近では11月の終わりから店に並びはじめ、1月いっぱい楽しめます。

スタッフNもこの季節、おやつはもちろん、朝ごはんにも食べています。(^~^)


さてさて、このガレットの腕を競う、ガレット・コンクールなるものがあるのをご存知ですか?
今年で23回目、1月4日にその結果が出ました。

  23ème Concours de la meilleure galette aux amandes 2011 (フランス語)

パリと周辺の3県(92・93・94県)によるコンクールで、1~3位はパリ以外になりますが、
4位にパリ11区、ボーマルシェ大通りのパン屋さんが入っています。(2010年は2位でした!)
実はここ、スタッフNの近所でして、ほんと美味しいんです!


20110106-2_512.jpg


「BOULANGERIE PATISSERIE BEAUMARCHAIS」と入ったこの建物は、
歴史建造物にも指定されている美しい建物。

このパン屋さん、ガレットだけじゃなくて、サンドイッチも個人的に好き。
バスティーユやマレ地区散策で小腹が空いたら、ここへどうぞ♪


Yevre Gérard, Bastille, Paris
28, Bld Beaumarchais
75011 Paris
01 48 05 17 14

Bréguet-Sabin ⑤、Chemin Vert ⑧

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。