プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

お土産いろいろ 2013

クリスマスが近づいてきて、街中のパン屋さん・ケーキ屋さんは「ブッシュ・ド・ノエル」がズラリと
並んでいます
フランスではクリスマス当日だけでなく、12月に入るとこのケーキを食べる習慣があるようで、特に
週末は買って帰る人が多いです

131222-01.jpg

我が家では24日にクリスマスケーキを予約してあります
とっても楽しみ…また来週、ご報告しますね!

さて、今回はおすすめのお土産いろいろ(去年のお土産はこちら→2012年11月24日の記事参照)。
来月末に休暇を取って3週間ほど日本に帰国することになりました
家族や友達のリクエストを集めつつ、少しづつお土産を準備しているところです。
その中からいくつかご紹介します!

131222-02.jpg

まずは…最近感動したハチミツ、Maison Charaixの「les miels de joyeuse」です。
これはフランスのローヌ・アルプ県にあるジョワユーズ村で作られている高級ハチミツ
ラベンダーやアカシアなど種類によって値段が違いますが、だいたい9ユーロ前後です。
ここ数年パリ市内でも見かけるようになったメーカーで、ボンマルシェやラファイエットデパートの
食品館にも置かれています。

販売場所はホームページ(フランス語・英語)にて確認できます↓
http://maisoncharaix.com/fr/les-miels-de-joyeuse/

131222-07.jpg

いくつか種類がありますが、デパートに置いているものは比較的食べやすい味のものが多いと思います。
どれもすっきりと上品で、とてもおいしいです
自分用にも栗のハチミツ「Miel de Châtaignier(ミエル・ド・シャテニエ)」を買いました。
濃い~茶色のハチミツでかなり独特な味がします。
ややエグミや渋みもあり栗の実からは想像できない味ですが、クセになるんですよね、、、


フランスのお土産、続いてこちらは「Espelette(エスペレット)」の粉。

131222-03.jpg

フランス・バスク地方の名産ですが、パリでも手軽に買えます(7ユーロ前後)。
エスペレットとはパプリカのように大きな唐辛子で、甘みのある柔らかな辛味が特徴です
エスペレットは粉末になったものや、塩に混ざったもの、ジュレ状になったものなど色々な加工品があります。
↓以前、物産展で見たエスペレット、こんなふうに吊るして乾燥させます。

131222-08.jpg

辛さ控えめなので、どんな料理にも使いやすく、我が家では重宝しています
特にフランスに住むようになってから覚えた料理「ピペラド」を作るときにはこのエスペレットが欠かせないっ!!

131222-04.jpg

パプリカやトマトを煮込んだバスク地方の料理です。
これは日本の唐辛子ではちょっと違うんですよね~~やっぱりエスペレットがなくっちゃ
鍋でぐつぐつ煮るだけの簡単料理。
最後に溶き卵を回し入れるのですが、エスペレットは卵との相性もGOOD!


続いてこちらも日本へのお土産。

131222-05.jpg

今年のクリスマス商品として発売された、ボンマルシェ食品館とクスミティーのコラボ
オレンジ、アーモンド、バラ、バニラ、スパイスが入ったフレーバーティーです(21ユーロ)。
期間限定商品です。


ちなみにボンマルシェと言えば…これもおいしい

131222-06.jpg

毎年、年末になると発売されるオリジナルパネトーネです。
ボンマルシェ名物で、ちゃんとパネトーネコーナーが設置され山積みになっています。
次から次へと売れていく人気商品
イタリアの元祖パネトーネとはちょっと違うかもしれませんが、フランスらしくブリオッシュ風になっていて
と~ってもおいしいんです!


以上、おすすめお土産いろいろでした
またいつか第3弾もご紹介したいと思います。


Comment

非公開コメント