プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

セーヴル陶磁器美術館 「陶芸家ピカソと地中海」展

今週はパリ市に隣接するセーヴル市まで、ピカソ展を観に行ってきました

131229-01.jpg

場所はメトロ9番線の終点「Pont de Sèvres(ポン・ドゥ・セーヴル)」下車、徒歩約10分。
もしくはトラムT2線「Musée de Sèvres(ミュゼ・ドゥ・セーヴル)」下車、徒歩約5分。

131229-02.jpg

↑こちらはメトロ9番線「ポン・ドゥ・セーヴル」駅を上がったところです。
2番出口から出るのが一番近いです

131229-03.jpg

駅のまわりは近代的な建物が多く、高層ビルやマンションが並ぶ風景はパリらしい雰囲気ではない
かもしれません。
駅を出てすぐにセーヌ河が見えます

131229-04.jpg

橋を渡って右手に見えるのが「セーヴル陶磁器美術館」です
入り口で常設展&企画展のチケット8ユーロを購入し、まずは常設展からスタート!

131229-07.jpg

ここはたくさんの壺が置いてある部屋、ちょっとでも揺れたら倒れそう
思わず、そ~っと歩いてしまう…

131229-06.jpg

常設展も充実していて、フランスだけでなく世界中の陶磁器を見ることができます

131229-14.jpg

優雅なセーヴル焼きもたくさん展示されています。

131229-15.jpg

そして常設展の一角に「ミュージアムショップ」もありました

131229-08.jpg

平日だったので館内かなりすいていました…ほとんど貸切状態です。

131229-09.jpg

かわいいグッズも発見、上はペーパーナプキンですが…中央の丸い布は一体何か?!
しばらく考えても分からず
後から「めがね拭き」だと気づきました(笑)

そして常設展を見終わると、ようやく「ピカソ展」のスペースへ。
ビデオ上映もあり、広いスペースにたくさんのピカソの陶芸作品が並んでいます

131229-10.jpg

↑会場の中央に設置された、倉庫のような展示は思わず「何だろう??」とのぞいてみたくなります。
真っ白な物体がズラリと並んでいるのは圧巻!
陶器かと思いきや、これらはすべてピカソが南仏の「マドゥーラ」というアトリエで製作したお皿の「型」でした。
完成された作品だけでなく、製作過程も見ることが出来る貴重な展示です
1枚1枚ピカソの絵や文字が彫ってあり、「こんなふうにして作っているのか~!」と感動しました。

131229-11.jpg

ピカソらしい生き生きとした作品をたくさん観ることが出来て、大満足です。

131229-12.jpg

今回、一番のお気に入り…フクロウくん

ピカソ展は2014年5月19日までです。
ホームページはこちら(フランス語)→http://www.sevresciteceramique.fr/



 おまけ 

131229-13.jpg

今年のクリスマスケーキは「Sebastien Gaudard(セバスチャン・ゴダール)」でした
ピスタチオ&グリオットのブッシュ・ド・ノエルです。
グリオットはフランスでよくお菓子やケーキで使われているさくらんぼの一種です。
期待を上回るおいしさでした!!

皆様、良いお年を…

Comment

Re: No title

★やきもの好きさま

はじめまして!
コメントありがとうございます。
ちょうどピカソ展の期間と重なって、3月にパリ旅行のご予定なんですね!
記事がお役に立ててとてもうれしいです。

ピカソ展と常設展の割合ですが、だいたい「1:2(3?)」ぐらいだったと思います。
あいまいですみません…。
常設展の方が密集して展示してあるので、数が多くて充実していたという印象です。
ピカソ展はスペースはそれなりに広々していましたが、1点1点じっくり見えるように
配置されていたので、展示数は常設展よりもずっと少ないと思います。
順路は常設展から始まり、それをすべて見終わったところでピカソ展が始まります。

所要時間の割合も同様で、個人差もあると思いますが両方合わせて2~3時間でしょうか。
常設展を1つ1つじっくり見てまわるともっと時間がかかるかもしれません。
私はどこの美術館へ行ってもスピーディーに見るタイプなので1時間半ほどで終わりました。

常設展の方に中国や日本の焼き物もありました!

焼き物、いいですよね。私も大好きです。
なかなか焼き物だけに特化した美術館は少ないので、セーブルで大量の陶磁器を鑑賞できて
大満足でした(^^♪
パリの中心地からは少し離れますが、ぜひ足を運んでみてください。

No title

はじめまして。
今年の3月にパリ旅行を計画しており、セーブルでの企画展が何か知りたかったので、すごく有意義な情報をいただきました!!ありがとうございます!
実は、フランス語が読めず、セーブルのHPでは情報が得られませんでした…。

そこで図々しくもさらにお尋ねしたいのですが、
ピカソ展と常設展の割合はどのくらいですか?
観覧の所要時間はそれぞれどのくらいでしょう?
常設には中国や日本などの焼き物もありましたか?
滞在は6日間だけなので限られていますが、その他のおすすめスポットもあれば、ぜひご教示くださいませ!!
よろしくお願い申し上げます。

Re: No title

★soさま

ピカソ展、滞在期間と重なり良かったです(^-^)
そうですね、フランスで東洋の影響を受けたものを鑑賞するのは
とても興味深いですね!
改めて日本でも陶磁器の作品を見てみたいと思いました。

そしておっしゃる通り、一体何に使うのか「?」な作品もありますね・・・。
美意識の違いを感じます(^^;)

No title

ピカソ展、次回渡仏の日程に間に合うので予定にメモ致しました。^^
セーブル美は、お国のセーブルは勿論ですが、東洋からの影響なども
一堂に観ることができて、ことに柿右衛門の良品に心惹かれました。

ルーヴルでも見ましたが、大皿に蛇だの爬虫類やらをリアルに盛り込んだ
作品が何点もあったのですが、あれは一体・・?飾るには結構コワイです。
非公開コメント