プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

モンマルトルの生地屋さん ~手作りtorchon(トーション/トルション)

久しぶりにモンマルトルへ行ってきました

140413-01.jpg

お目当ては、生地屋さん街。
以前このモンマルトルのサクレ・クール寺院のふもとにたくさんの生地屋さんが集まっていることを
紹介しました(2011年11月27日の記事参照)。

140413-02.jpg


今回はtorchon(トーション/トルション)という、フランスの家庭で広く使われているキッチン布巾を
手作りしよう♪と思って材料を買いに行きました
メトロ最寄り駅は2番線の「Anvers(アンヴェール)」です。

140413-03.jpg

いつ来ても混みあっている生地屋さん「DREYFUS」。
この2階でキッチンや寝室まわりの生地&既製品を扱っています

140413-04.jpg

↑こちらが既製品のトーションです。
素材は綿か麻で、大きさはだいたい40cm×60cmぐらい。
洗い終わった食器を拭いたり、グラスを磨いたり…キッチンに掛けておく布巾のようなもの。

140413-05.jpg

消耗品なので今まではIKEAで定期的に買い換えていましたが、トーション用の布が売っていると
知って手作りに挑戦してみました

140413-06.jpg

↑こちらが「DREYFUS」2階のすみっこに置かれているトーション用の布。
量り売りなので欲しい分だけ買えます

140413-07.jpg

既製品に比べてシンプルで、結構種類もあります。
こちらも素材は綿か麻で50~60cm幅のロールです。
値段は綿だと1mあたり3ユーロ台、麻だと1mあたり12ユーロ台なので麻の方がずっと高級品
手触りも麻の方が柔らかく、使いやすそうです。

140413-08.jpg

この布はそれぞれメートルあたりの値段が書かれていますが、最短50cmから買うことが出来ます。
店内に何人か立っている裁断担当の人に声をかけて切ってもらいます
1メートルの木のものさしをも持っているのが目印です。
混んでいるときはこの人がなかなかつかまらなくて、待たされます

140413-09.jpg

選んだ生地を切ってもらったら、↑こんなふうに紙に書いてもらい、レジに持っていきます。
今回は初めてなので綿と麻、それぞれ1mずつ買いました
合わせて15.90ユーロでした。

140413-10.jpg

左が綿・右が麻です。
けっこう糊がきいているので、しっかり洗ってから2つに切ってミシンで直線縫い。
4枚のトーションが出来ました

140413-11.jpg

余った布を細く折って一緒に縫っておくと、フックに掛けやすくて便利

140413-12.jpg

手芸好きの方はぜひこういう日常に使えるパリのお土産も嬉しいですね。

140413-13.jpg







店舗情報
生地屋さん「DREYFUS」
住所:2 Rue Charles Nodier 75018 Paris

Comment

非公開コメント