プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

農業見本市

こんにちは!
パリ生活社、パリスタッフNです

今週末からパリの公立の学校などは、冬休み、別名「スキー休暇」に入りましたが、
毎年この休暇にあわせて開催される、フランス人に大人気のイベントがあります。


20110213_512.jpg


それは、SALON INTERNATIONAL DE L'AGRICULTURE
(サロン・アンテルナショナル・ドゥ・ラグリキュルチュール)、日本語にすると、
国際農業見本市、といったところでしょうか。


Logo-sia_medium_245.jpg  公式HPへ(フランス語)


今年は、2月19日(土)から 2月27日(日)まで

フランスという国、日本人にとっては、「ファッション」「美食」といった華やか(?)なイメージ先行ですが、
この国を支えているのは、農業です!
と言い切ってしまえるぐらい、この見本市ではそれを実感できます。
実際、食料自給自足率は111%(2007年)と世界でもトップクラス。 (※農林水産省データより)


パリ南西端、ポルト・ド・ヴェルサイユの広い広い展示場は、大きく4つに分かれます

・動物系パビリオン(牛、羊、山羊、馬、豚、鶏、ウサギ…などの畜産関連)
・植物系パビリオン(穀物、野菜、果物、花…などの栽培関連)
・技術・雇用などに関するパビリオン
・農産物販売パビリオン

が、ここで簡単にまとめるのは無理… ( ̄∇ ̄;)

というのも、たとえば動物系パビリオンだけでも、
生きた牛や羊を間近で見たり触ったりできるほか、家畜コンテスト、ひよこ孵化観察、
乳製品のクイズラリー、食肉、皮革、毛糸…などの加工デモンストレーション、
飼料、農具、トラクター…など、あれも、これも!と関連の展示が盛りだくさん過ぎて。

農産物販売のパビリオンに至っては、さながら巨大物産展会場
フランスの各地方、海外領はもちろんのこと、ヨーロッパ、アジア(もちろん日本も)、アフリカ、アメリカ…
と、まさに世界中の特産物が一同に集結!飲食店のブースも充実!

たとえば、軽く思い出しただけでも
・ボルドー・ブルゴーニュをはじめ、各地のワイン
・ブルターニュやノルマンディーのバター、チーズ、ガレット、シードル
・アルザスのシュークルート、ソーセージ、ビール
・フランス南西部のフォアグラ、リムーザン牛
・タヒチのヒナノビール
・スイスのチーズフォンデュ、ラクレット
・スペインの生ハム、タパス、パェーリャ
・イタリアのパスタ、チーズ、ジェラート
  …など、など、まだ、まだ…

とにかく、すごい! このひとことに尽きます。(我ながら貧弱な表現力…)

フランス各地からやって来る農業関係者や家族連れで連日ごった返し、
入場の列も半端ではないのですが、それだけ訪れる価値のある見本市です。

朝から入場して、動物とふれあって、各地の名物を味わって、お土産をどっさり買い込んで…
充実した1日を過ごせること間違いなし! ( ̄‥ ̄)

熱く語ってしまいましたが、この時期パリにいらっしゃる方は是非!おすすめです。


Paris Expo - Porte de Versailles
1 place de la Porte de Versailles
75015 Paris
+ 33 (0)1 49 20 45 12

2月19日(土)~ 27日(日)の毎日 9:00-19:00 (25日(金)のみ23:00まで)
入場料12ユーロ (6~12歳の子どもと中高生は6ユーロ、6歳未満無料)

Porte de Versailles ⑫, Balard⑧


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細がでてきます)
バラール 
コンバンション
ダンジグ
ブイエ
その他メトロ8番線沿線のオスカーロティボスケファベールなども便利です

Comment

非公開コメント