プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ13区 レストラン「L’Auberge du 15(ローベルジュ・デュ・キャンズ)」

夏休みに入る前に…気になっていたレストランへ夕食に行ってきました

140809-01.jpg

パリ13区にある「L’Auberge du 15(ローベルジュ・デュ・キャンズ)」です。
最寄り駅はメトロ7番線の「Les Gobelins(レ・ゴブラン)」駅やRER・B線の「Port Royal(ポール・
ロワイヤル)」駅から歩いて10~15分ほどのところにあります

140809-03.jpg

このお店の日本人シェフは、パリのお気に入りレストラン「ル・プティ・ヴェルド」や以前このブログ
でもご紹介した「encore(アンコール)」というレストランでもシェフをされていました。
(こちら→2013年12月14日の記事参照)
もう何年も追っかけてお料理を頂いております!

140809-05.jpg

「L’Auberge du 15(ローベルジュ・デュ・キャンズ)」は少しおめかしして行きたい雰囲気の
レストランです
といっても堅苦しい感じではなく、落ち着いていてあたたかみのある店内です。

140809-04.jpg

↑メニューはこちら。
すでにシェフのお料理はおいしいと知っているので、9皿(85ユーロ)のコースを選びました
ちなみに4皿(39ユーロ)のコースはランチ用です。

140809-07.jpg

飲み物は最初に一人はシャンパンを。
私はお酒が弱いのでお水を注文しました。
登場したのは「CHATELDON(シャテルドン)」という発砲水。
このお水、とってもおいしいので大好きなんです
デパートなどでも買えます。

140809-06.jpg

↑こちらは特別にサービスで頂きました。
ニワトコのシロップを炭酸で割ったノンアルコールのジュースです。
ニワトコって何ぞや?!と思いながら飲んでみると、これもとってもおいしい~
お酒が飲めなくても、ちょっとシャンパンのような雰囲気で嬉しい!

140809-08.jpg

そしてお料理の前にシェフの方から「本日使用する食材です」とリスト(フランス語/日本語)を頂きました。
聞いたことのない食材もちらほら…
意外な食材を組み合わせていたり、リストを見ながら「次は何が出てくるか?」予想しながら食べるのも
楽しかったです

それでは頂いたお料理をご紹介します

140809-09.jpg

最初はフォアグラです。
きゅうりのシャーベットも添えてあり、そしてなんと一口大のウナギも入っています。
こんなにおいしいウナギをパリで食べたのは初めてです…1皿目から大満足

140809-10.jpg

2皿目は立派なアジ。
表面にケシの実を付けて少しあぶってあります。
添えてある葉っぱたちも様々な種類が入っていて、どこを食べても違った味の発見があります。
シャキッとした食感のフヌイユも入っていました

140809-11.jpg

3皿目は仔牛のタルタルとベルニ貝を合わせたもの。
一緒に乗っているバラの花びらも食べられます

140809-12.jpg

4皿目は鱒。
個人的にはこのお皿が本日の一番!!でした。
とろける食感の鱒は一体どんな調理をしているの?!と思ってしまいました。
蒸してるのか、焼いてるのか、ほとんど生なのか…想像もつきません

140809-13.jpg

5皿目は青オマール海老。
殻から取り外しにくい場合もあるのでフィンガーボール↓も付きます。

140809-14.jpg

カモミールの良い香りちょっと飲んでみたい衝動にかられますが…でもグッと我慢(笑)

↓6皿目はリードヴォー(仔牛の胸腺肉)。
テーブルで暖かいスープを注いでもらいます。
上に添えられた1枚のリーフにご注目!
食べた瞬間にビックリ…生牡蠣の味のする葉っぱ「オイスターリーフ」でした

140809-15.jpg

ちょうど先月、日本のテレビ番組「世界ふしぎ発見!」を見た方は覚えていらっしゃるかも
しれません
〝フランスの素敵な田舎旅〟という特集で、このオイスターリーフが登場しました。
私もちょうどこの番組をチェックしていたので、そんな牡蠣のような味の葉っぱ・・・??と興味津々。

まさかこんなに早く食べられるとは!
「牡蠣のような」というより「まさに生牡蠣そのもの」という味でした。
後から味を付けているわけではなく、自然にこんな味がするなんて不思議ですね

140809-16.jpg

7皿目は仔鳩とジロール茸です。
私はハトを食べるのは初めてだったのですが、とてもおいしく頂きました

140809-17.jpg

8皿目はチョコレートのデザートです。
少しお酒の効いたソースもおいしい
バニラアイスは当然バニラで出来ていると思いきや、「はるがや」というイネ科の植物を使って
いるそうです。

140809-18.jpg

そして9皿目、パイナップルやココナッツの冷たいデザート。
これもとってもおいしかったです

140809-19.jpg

最後にプチ・ガトーも頂き、大満足のコースでした。
どのお皿も「もっと食べたい!」と思うものばかり、ふり返ってみると本当にたくさんの食材が
使われていて、シェフのこだわりを感じます
デザートまですべてお一人で作られているんです。

140809-20.jpg

パリ滞在の記念に、今一番オススメのレストラン「L’Auberge du 15(ローベルジュ・デュ・キャンズ)」
レポートでした





店舗情報
レストラン「L’Auberge du 15(ローベルジュ・デュ・キャンズ)」
住所:15 rue de la santé 75013 Paris
ホームページ:http://www.laubergedu15.com/index
営業時間や定休日は事前にご確認下さい。





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

サンシエ

ゴブラン

Comment

非公開コメント