プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

9月第3週末「ヨーロッパ文化遺産の日」

毎年9月の第3週末(土日)は、フランスを含む50ヵ国で「ヨーロッパ文化遺産の日」という
イベントが開催されています
年に一度、美術館なども含めた歴史的な建物や普段は一般公開されない貴重な文化遺産がほとんど
無料で見学出来る一大イベントです!
公開リストは毎年公式ホームページ上で検索することが出来ます
http://www.journeesdupatrimoine.culture.fr/

今回私はパリ郊外にあるHector Guimard(エクトール・ギマール)という建築家の作品を見に行って
きました
ギマールの作品と言えば…

140920-16.jpg

1900年に作られたパリのメトロの入口が有名ですね
この植物のようなデザインで知られるアールヌーボーの代表的な建築家で、パリ市内にも
いくつか残っています(またいつかブログでもご紹介します


今回見に行ったのはVilla Berthe(ベルト邸、またの名をLa Hublotière)と呼ばれる一軒家です。
RER(高速郊外鉄道)・A線の「Le Vesinet-Le Pecq(ル・ヴェシネ・ル・ペック)」が最寄り駅となります

140920-01.jpg

パリ市内からはオペラ駅に接している「Auber(オベール)」駅から約20分で到着します。
ル・ヴェシネ・ル・ペック駅の2番出口を出ます。

140920-02.jpg

駅前は大工事中で雑然としていますが、少し歩くとすぐに高級住宅街です。

140920-15.jpg

駅を出て北へ向かい、そのまま道なりに歩くと大通りにでます(Route de Montesson)。

140920-03.jpg

すると目の前に見覚えのある植物的な門があります
ギマールらしいクネクネとした装飾で、目立っています!
駅から歩いて5分とかからない距離でした。

140920-04.jpg

門は2つ並んでいて、↑こちらが建物への入口です。
そしてちゃんと「ヨーロッパ文化遺産の日」の紙が張り出されていました。
イベントは土日2日間開催されますが、場所によっては1日だけオープンという所もあります。
このベルト邸は日曜日は公開されていませんでした
公開されるのはお庭と建物の外観だけです。

140920-05.jpg

周りを木で囲んであるので外から建物はほとんど見えません。
でも少しだけ見えました!
ここにもギマールらしいクネクネがあります。

140920-06.jpg

12時と同時にオープン!
もっと並ぶのかと思っていたけれど、オープンの数分前から待っていたのは数人程度。
私は気合い入りすぎて1時間前に来てたんですけど、もちろん一人もいませんでした(笑)
このイベントで6時間も並ぶというエリゼ宮とは違いますよね、、、

140920-08.jpg

これがベルト邸の正面です
建物の前後両方にお庭が付いていて、緑もたくさん

140920-09.jpg

ほんとに大きなお屋敷です!
こんな家に住めたら素晴らしいだろうなぁと想像が膨らみます

140920-10.jpg

メトロの入口はもう少し凝った感じがするので、建物全体の明るい色調とシンプルな雰囲気に驚きました。

140920-11.jpg

細部もお見逃しなく…

140920-12.jpg

こちらは建物の後ろ側です。

140920-13.jpg

窓の形が個性的ですね

140920-14.jpg

本当に素敵な一軒家で、とてもよく手入れされていまいした。
係りの方に「中は見られないんですか?」と聞くと、「残念ながら中は公開されていません。
なぜなら住んでいる人が普通に生活していますから」とのこと。

普通に住んでる!!それって普通じゃない!(笑)
ギマールの建築に住めるなんて、うらやましい限りです。
内装も素敵なんだろうなぁと想像してしまいますよね

外からだけでも貴重な建築を見学できて、大満足でした





Hector Guimard(エクトール・ギマール)の建築「LA VILLA BERTHE OU LA HUBLOTIÈRE」
住所:72 route de Montesson 78110 Le Vésinet
ヨーロッパ文化遺産の日以外も公開されることがあります。
 現在~9月30日(火)まで期間限定で公開中です!滞在予定の方はぜひ
 オープンは日曜日以外の12:00~18:00。
 詳しくはベルト邸のホームページ(フランス語)をご覧ください→http://lahublotiere.com/

Comment

Re: ヨーロッパ文化遺産の日!

★miaouさま

わぁ、すごいですね。
エリゼ宮にチャレンジされたことがあるなんて!
やっぱり5時間はかかるんですね~…
でも中はそんなにたっぷり見どころがあるなら頑張ったかいが
ありますね。
なるほどなるほど、トイレも水のサーバーもちゃんと設置
されているんですね。
情報ありがとうございます☆
いつかチャレンジしたいと思っています。

しかも2日間をフル活用して計画的に回られたようで…参考に
なります♪
私も来年はもっと綿密な計画を立てて、いくつかハシゴしたいです!

ヨーロッパ文化遺産の日!

ギマール建築も公開していたのですねー。
(パリ郊外は視野に入れてなかったです(-_-;))
16区を歩くだけでも不思議な世界に入り込めますよねー(^o^)

私は、人気のあるエリゼ宮を狙いましたっ!(^o^)v
やっぱり大行列で、5時間待ちでやっと入りましたよー!
エリゼ宮にいた時間は約2時間なので満足感はあります❤

お昼ゴハン用にと、皆さんサンドイッチやフルーツなど
持ってきていましたよー。(←私もしっかり持ってきました!)
列のコースには、水のサーバーとトイレが何か所か設置してありましたが、
トイレの時に列から離れて、戻るときにどこだったかちょっと迷いました(^_^;)

エリゼ宮は1日掛かりだったけれど、2日めは老舗のカフェ“La Coupole”や
高級キャバレー“LIDO”に行ってきました!普段見ることのない舞台裏を
見ることができて楽しかったです!

日本にもこういう日を作ってくれてもいいのになぁと、
私は思うのですけど、無理なのかなぁ(^_^;)
非公開コメント