プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ16区 ギマール建築めぐり

9月も終わりに近づいて、パリはだんだんと秋めいてきました
マルシェにはキノコが山積み!おいしい季節ですね。

140928-01.jpg

さて先週はパリ郊外のギマール建築を見学しましたが、今週は16区
「16区を歩くだけでも不思議な世界に入り込めます」というコメントを頂き、ますます気になって
さっそく散策してきました!
16区をじっくり歩いてみたのは初めてでした

140928-02.jpg

まずはメトロ9番線「Jasmin(ジャスマン)」駅を出発。
駅からジャスマン通りを歩いてすぐ近くに1つ目のギマール建築がありました

140928-03.jpg

住所:3 square Jasmin 75016 Paris
それほど大きな建物ではなく、比較的地味な外観でした。
言われなければギマールだとは気が付かなかったかもしれません!

140928-04.jpg

よくよく見ると面白い外壁です。
ちゃんとギマールの名前が入っています

さらにジャスマン通りを進み、右折すると立派なアパルトマンが登場。

140928-05.jpg

こちらは1926年に作られたギマール建築です。
住所:18 rue Henri Heine 75016 Paris

16区にはギマールだけではなく建築家の名前が記されたアパルトマンがたくさんあります。
どれもこれも特徴があって、ついついじっくり見てしまいます
見上げてばかりなので首が痛くなります…

140928-06.jpg

さらにモザール通りまで歩くと、特徴的なプレートを発見
こちらはギマール建築に付けられたプレートです。
住所:2 villa Flore 75016 Paris

140928-07.jpg

ギマールの建物が並んでいます。
最初の2軒に比べるとより装飾の強い、個性的な建物です。

140928-08.jpg

ギマール自身がアトリエ兼自宅として住んでいたところです。
住所:122 Avenue Mozart 75016 Paris
入口の扉の上には「HG」とギマールの名前の頭文字が彫られています

140928-09.jpg

ここからジャン・ド・ラ・フォンテーヌ通りへ出て、セーヌ河に向かって歩いていきました
最初に見えてくるのはこちら↑
「メザラ館」と呼ばれる個人の邸宅として作られたものです。
住所:60 rue Jean de la Fontaine 75016 Paris
建物だけでなく柵も波打っていて、遠くから見てもギマールらしい雰囲気がわかります。

140928-10.jpg

さらに歩いていくと、再びギマール製のプレートが登場です
ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ通りとの角にあります。
この道にはギマール建築がいくつか並んでいるので、あちこちじっくり観察するのに忙しい!

140928-11.jpg

有名な建築家が作ったと言っても現在も住んでいる人がたくさんいるんですね。
いつか部屋の中を見てみたいです

140928-12.jpg

ギマールこだわりの細部・・・水道管も凝ってます

140928-13.jpg

ギマール建築の1階にカフェがありました。
とっても雰囲気が良さそう…でもちょうどこの日は定休日だったので入れず
また近いうちにトライしたいと思います。

そして最後にギマール建築の原点とも言える建物がこちら↓

140928-14.jpg

「Castel Béranger(カステル・ベランジェ)」です
住所:14 rue Jean de la Fontaine 75016 Paris
パリで最初のアールヌーボーと言われているデザインで、なんとギマール28歳の時の作品!
これがメトロの入口の設計を任されるきっかけとなったそうです。

140928-15.jpg

当時は賛否両論あったとか。
たしかに今見ても奇抜なアイディアが満載です

140928-16.jpg

↑こちらはカステル・ベランジェを横から見たところです。

140928-17.jpg

建物も不思議ですが、そこに咲いている花も不思議でした…

以上、ジャスマン駅を中心にギマール建築巡りをお届けしました!
今回紹介しきれなかったギマールの作品もあります。
ギマールだけでなく様々な歴史的な建築が面白い16区
ぜひ、お天気の良い日にパリ散策おすすめのエリアです!





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ジャスマン

パッシー

Comment

Re: お花

★bon-enfantさま

コメントありがとうございます。そしていつもブログを見て頂き嬉しいです!
パリの雰囲気が伝えるのはいつも難しいと思うのですが、、、少しでもパリの空気
を感じていただけたら幸いです。

お花大好きなんですね。
そしてこの不思議なお花の名前、時計草というんですか。知りませんでした。
ありがとうございます!
こんなに鮮やかに立派に咲く花があるんですね。
思わずじ~っと観察してしまいました。

Re: 16区散歩っ!

★miaouさま

前回もコメントを見てから、ど~しても行きたくなって行ってきました!
miaouさんのコメントにはいつも刺激を受けています。
色々勉強させて頂いています♪ありがとうございます♪

こういう建築の写真って本当に難しいですね、、、。
建物の前に車が止まっていることも多いですし、何より大きくてフレームに
入りきりません!

ペリエの広告、素敵ですよね。
特に今回はエッフェル塔と面白いコラボで、結構好きです。

お花

大好きなパリにも子育てでなかなか行けず、いつもこちらのブログを楽しみにしてます。
本当にパリにいる気分になれます♩最後の写真のお花、時計草ですね。
私も先日目にしたので思わずコメントしてしまいました。

16区散歩っ!

わぁ!私のコメントがきっかけで記事になってる~!
何だか嬉しいやら恥ずかしいやら(^_^;)

私も同じような写真を撮っています。
でもあまり上手く撮れなくて、窓をUPして撮ったり(^_^;)
建物からの角度とか、全体撮りがとても勉強になります☆
管の模様もステキで撮りましたけれど、水道管だったんですねー。

ただぶらりと散歩しながら写真を撮っていた私。
建物の写真と共に、ギマールの歴史の説明が添えてあって、
全然知らなかったことだったので助かります。
若くしてメトロ入口の設計依頼がきていたことに驚きです!

余談ですが。
ペリエの広告、いつ見てもクスッと笑える構図が多くて
パリ滞在中に何となく探している自分がいます(^o^)
まだ続いているのですねー!
非公開コメント