プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ10区 レストラン「Chez Michel(シェ・ミシェル)」

パリでは本日10月26日(日)から冬時間がスタートしました。
日本との時差は8時間となります

さて、食いしん坊には嬉しい食欲の秋到来
パリでも秋冬ならではの食材を楽しめるレストランがあります。
今回のお目当ては「ジビエ」!
日本でもジビエや熟成肉という言葉が広まりつつあると聞いたのですが、どうなんでしょうか?

141026-01.jpg

ジビエとは、狩猟解禁となる9月~2月の間だけ食べることができる動物たち
たとえばシカ、イノシシ、野うさぎ、キジなどなど。
狩りで捕らえただけではなく、さらに熟成させて食べるのがジビエの大きな特徴です
独特の香り(臭み?)や食感があり、たとえば年中食べられる「うさぎ(lapin)」とジビエの
「野うさぎ(lièvre)」はまったく味が異なります。

141026-02.jpg

秋冬は数種類のジビエがメニューを並ぶというレストラン「Chez Michel」(シェ・ミシェル)
というレストランへ行ってきました
最寄り駅はメトロ4・5線の「Gare du Nord(北駅)」か、もしくはメトロ7番線の「Poissonnière
(ポワソニエール)」駅です。
どちらの駅からも徒歩5分くらいです。

141026-03.jpg

このレストランはジビエも有名ですが、シェフがブルターニュ出身とのことでメニューには
ブルターニュらしいお料理も並んでいます。

141026-04.jpg

難関はこの手描きの黒板メニューですね・・・
解読するのにとても時間がかかりました。
英語メニューもあります。

注文は単品ではなくmenu(ムニュ)というセットのみです
昼は前菜+メインか、メイン+デザートで29ユーロ。
夜は前菜+メイン+デザート(またはチーズ)で35ユーロ。
+料金になるものは赤文字で金額が書かれています。

141026-05.jpg

こちらは突き出し、小さな巻貝をシンプルに塩ゆでしたもの。
これだけでとってもおいしい!

141026-06.jpg

それでは頂いたお料理を順番にご紹介していきますね

141026-07.jpg

前菜は一人が「牛テールとフォアグラのテリーヌ」。
すでに私の頭の中はメインのジビエのことでいっぱいだったのですが、期待を上回るおいしさに
びっくりしました
たっぷりフォアグラを楽しめて、プラス料金なしというのも嬉しい!

141026-08.jpg

もう一人の前菜はムール貝の香草蒸し焼き。
ハーブの効いたムール貝で、ドーンとたっぷりの量が出てきました
前菜は他にも生牡蠣(6個)、サーモン、ホタテ…など魚介類も充実しています。

↓そしてそして待ってました、今日のメインはジビエ
なんと雷鳥です!中にフォアグラが入っています。
このシーズン人気のメニューです。
ジビエの中でも雷鳥は11月中に終わってしまうので、期間が始まったらお早目に!
こちらはプラス18ユーロの料金でした。

141026-09.jpg

雷鳥がどんな味か?説明するのは難しいのですが、、、
熟成肉らしく味わい深くて野性味あふれる香りがします。
普段食べているような牛・豚・鶏肉とはまったく違った未知の味
好き嫌いが分かれそうですが、クセになるのも分かります!
付け合わせに数種類のカブ、ジロール茸もありソースも凝っていました。

141026-12.jpg

途中、ガリッと固いものがあったので出してみると…散弾銃の小さな弾丸
まれに残っている場合もあるようです。
大当たり?!

141026-10.jpg

最後にデザートはリオレを選びました。
お米のミルク煮です
二人分ですが、ドーンと大きな器が置かれて「好きなだけ食べてね」というシステム。

141026-11.jpg

そのままでもおいしいですが、ブルーベリーソースも一緒に…
ここのリオレは絶品!!今までで一番おいしいリオレでした。
3杯おかわりしましたが、それでも食べきれない量というのがすごいですね

すっかり満腹になってお店をでました。
メインの雷鳥はもちろん、前菜もデザートも期待を上回るおいしさで大満足です
メニューの数が多かったので他にも気になる料理が色々ありました!
ここはジビエシーズンも含めて、年中リピートしたいレストランです。





店舗情報
レストラン「Chez Michel(シェ・ミシェル)」
住所:10 rue de Belzunce 75010 Paris
ホームページ:http://restaurant-chez-michel.com/

Comment

Re: No title

★リコリスさま
おいしそうと言って頂けて良かったです♪
そうですね~~どこでもドアで日帰り旅行できたらどんなに
いいでしょう!!
夢が広がります(^_^)/

No title

な、なんておいしそうなんでしょう♪
心から日帰りでパリへ食事に行けたらと思います!!
やっぱり持つべきものは「どこでもドア」ですね^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。