プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリのお花屋さん その9 6区「ODORANTES(オドラント)」

青天の続くパリ
カルーゼル橋を渡るバスの中から撮った写真です。
空の色が濃く、春はもうすぐそこ!という空気になってきました。

150307-01.jpg

ちょっとずつ気温も暖かくなってきて嬉しいです。

さて、先週お祝い事があって素敵なブーケを頂きました

150307-02.jpg

夜だったので暗い写真ですみません
綺麗なピンクのチューリップ、花弁の端がギザギザになっているタイプです。

150307-03.jpg

花束を黒い紙に包むなんて、、、斬新!
でもすっきりした印象で、とってもおしゃれ

150307-06.jpg

このお花屋さんは私も大好きなお店で、パリ6区にある「ODORANTES(オドラント)」です。
以前一度入ったことがありますが、とてもフランス・パリらしい

ブーケを買うときに「リボンの色どれにする?」と聞かれたそうですが、たくさんのリボンを
見せてもらってびっくり…微妙に色味の違う、全部こういう↑渋~い色だったそうです
お花もお店もすべてに統一感があり、「オドラントらしい」とすぐにわかるような雰囲気を
持っています。

150307-04.jpg

翌朝、明るくなってから写真を撮ってみました
白い水差しに活けると、またガラッと雰囲気が変わります。
チューリップ自体も素敵ですが、周りの黒っぽい葉も良いですね

150307-05.jpg

チューリップを見ると気分はすっかり春です

そして…こちらもびっくり。

150307-07.jpg

ブーケを買ったら、オマケにこのお花の球根をくれたそうです
実際にこのチューリップに付いていたもので、ブーケを作るときに切り離した球根です。
しっかり乾かしてから新聞紙を包んで保管し、秋頃植えると来年の春には花が咲くとのこと。
植物を育てるのは苦手なのでうまくいくかどうか自信はないですが…

150307-09.jpg

今日お店の前を通りかかったので外観をパチリ
パリ6区の「ODORANTES(オドラント)」、個人的にはパリで一番好きなお花屋さんです。
サン・シュルピス教会のすぐ近くにあります

150307-10.jpg


 今日のおやつ 

150307-08.jpg

「セバスチャン・ゴダール」はチョコもおいしいと聞いて、キューブ状のプラリネチョコ(14ユーロ)を
買ってみました!
小さい一口サイズで食べやすい…こういう形はついつい食べ過ぎてしまうんですよね。
口いっぱいにナッツの香ばしい風味が広がって、とってもおいしい






店舗情報
お花屋さん「ODORANTES(オドラント)」
住所:9 rue madame 75006 Paris
ホームページ(音が出ます):http://www.odorantes-paris.com/





この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

デプレA

デプレB

ジャコブ

バビロン

Comment

Re: 素敵なデザインのブーケですね〜

★nabetsumaさま

そうですね、お花屋さんは特にフランスらしさを感じるところですね!
大胆だなぁと思うこともありますが、それもまたしっくりきてセンスを
感じます♪
花屋で働く日本人、多いですね~!
パリで修業したいと思う人がたくさんいるんですね。

ゴダールの「塩キャラメル板チョコ」、噂なんですか?!
また食べたことありません。
それは試さなくては…どんどん”食べたいものリスト”が長くなって
いきます・・・

素敵なデザインのブーケですね〜

こういうブーケ、
日本人の感覚ではなかなかこうは作れないような気がします。
取り合わせがうまいなあ〜〜 
(なんて言いつつ、パリで日本人のお花屋さん、もしくは花屋で働いている
日本人、数人に出会いましたよ。rue Vavinのお花屋さんとか、
Arts et Métiers駅そばのお花屋さんにも日本人女性が!)

ふむふむ、ゴダールのプラリネ、覚えておきましょう〜
で、ゴダールのチョコ、噂の「塩キャラメル板チョコ」はお味見されましたか?
非公開コメント