プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

3号店オープン!アメリカンダイナー「BIA3」

パリで味わえるアメリカの味
本格的アメリカンダイナー「BIA(BREAKFAST IN AMERICAの略)」が10月19日に3号店をオープンしました!

151025-01.jpg

1号店(17 rue des Écoles 75005 Paris)、2号店(4 rue Malher 75004 Paris)はすでにパリに溶け込み、老若男女問わず人気のあるお店です。
昼時や週末のブランチ目当てのお客さんで行列になっています。

151025-02.jpg

フランスに移り住んだ一人のアメリカ人が、フランスでアメリカ式の朝食が食べられないことを嘆いて自分で作ったというお店。
映画関係の仕事をしていたということで、店内は隅から隅まで映画のセットのように「古き良きアメリカ」を再現しています

151025-03.jpg

メニューも全て英語中心に書かれていて、店員さんも英語で話しかけてきます(もちろんフランス語もOK)。
3号店は朝8:30オープン
店名の通り、朝食メニューはとっても豊富。
トースト、卵料理、ベーグル、ベーコン、パンケーキ、フレンチトースト…などなどあります
特に提供時間の制限はなく、午後からでも朝食メニューから選ぶことができます。

151025-04.jpg

また、メニューは朝食だけでなくハンバーガーもこのお店の名物
平日の11:30~15:00のランチ時間には飲み物が付いたお得なセットもあります。

151025-05.jpg

さっそく3号店でランチしてきました!
それも10月19日、オープン当日のお昼に
フランスにおけるオープン初日の店内がどれほどドタバタしているか見てみたくて、半分楽しみ半分心配しながら行ってきました。

151025-06.jpg

注文したのは、一人が朝食メニューから「2×2×2」というセット(7.95ユーロ)
卵2個、ベーコン2枚、パンケーキ2枚という内容です。
注文をとってくれたお兄ちゃんはまったく慣れておらず、おどおど・・・

151025-08.jpg

まずパンケーキ用のメイプルシロップとバターが運ばれてきました。
バターはプレジデント(無塩)です。

151025-10.jpg

そして「2×2×2」が登場・・・と思ったら、これは「2×2×?」
ベーコンが付いているはずのところに、なぜかジャガイモのソテーがあります
すみませ~ん、ベーコンですよね?と確認すると、店内バタバタバタ・・・
急いでキッチンからベーコンが登場しました。

151025-11.jpg

初日ですから、そしてここは日本ではなくフランスですから、店員さんがまだメニューが把握できてなくて当たり前!(笑)
のんびりと構えて楽しむことをおすすめします。
結局、間違えて付いてきたジャガイモソテーはサービスで頂けたので(しかも結構美味しかったので)ラッキーでした

151025-09.jpg

そしてもう一人は平日ランチセット(10.95ユーロ)を注文しました。
クラシックバーガーもしくはチーズバーガー、またはチキンシーザーサラダ(+1ユーロ)から一つ選び、コカ・コーラやペリエなどの飲み物から一つ選び、さらにエスプレッソまたはアメリカンコーヒーが付くという内容です

151025-07.jpg

ハンバーガーの中のパテは特に焼き加減は聞かれませんでしたが、ミディアムレア程度で出て来ます。
コーヒーはアメリカンを選びましたが、これはメニューには「Jus de chaussettes」と一言添えられています。
エスプレッソ文化のフランス人は、薄いアメリカンコーヒーのことをこのように「靴下のしぼり汁」と呼ぶことがあります
そんな可哀想なネーミングですが、ここのコーヒーはとっても美味しかったです!

151025-13.jpg

パンケーキもチーズバーガーも美味しくて、文句なし
お昼前にお店に入ったのですが12時半を過ぎると店内は満席で、さらに持ち帰りのお客さんも並んでいました。
初日からすごいですね。

この3号店は「パリ生活社」のアパルトマンの一つ「ジュヌール」と同じ通りにあるのですが、ここに泊まったら毎日朝食を食べに来ることも出来ますね!
それもいいなあ~なんて考えているうちに、突然バタンと音がして店内が暗くなりました

151025-12.jpg

店員さんもお客さんもみんなびっくり、何事?!
どうやらお店全体のブレーカーが落ちてしまったようです。
注文が多く入って、キッチンがフル稼働するとは想定していなかったんでしょうか、、、
事前にシミレーションせず、今日がぶっつけ本番だったようですね(笑)
ブレーカーを上げて動き出したと思ったらまた落ちて、責任者も出てきててんやわんやです。

151025-15.jpg

そんなフランスらしい一コマを垣間見られたランチタイムでした
オープンして1週間たつので、そろそろ落ち着いてくる頃かと思います。
気軽に朝食やランチが楽しめるお店として、パリでは貴重なお店です






店舗情報
「BIA3」
住所:41 rue des Jeûneur 75002 Paris
ホームページ:http://www.breakfast-in-america.com/main/



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ジュヌール





その他の店舗
「BIA1」
住所:17 rue des Écoles 75005 Paris



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

サンジェルマン

コントレスカルプ

ムフタール





その他の店舗
「BIA2」
住所:4 rue Malher 75004 Paris



この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

サンポール

マレ

Comment

Re: 1号店に出かけたことあり

★nabetsumaさま
そうでしたか、1号店に行かれたことがあるんですね!
ハンバーグの焼き加減、そんなに厳密ではないかも知れませんね。
その時々で変わりそうです。
私もポムフリット、むしょうに食べたくなるときがあります。
たっぷり食べると満足感、、、
パリは今なぜか空前のハンバーガーブームで、次々と新しい
ハンバーガーショップが出来ています。

1号店に出かけたことあり

まさか3号店まで出店するとは思ってませんでした。
2008年に出かけた時にはハンバーグは結構しっかり焼けていたのを
覚えているので、ミディアムというのはやはり最近の流行でしょうか。
ポムフリット、出すお店は減りましたね。
たまには手をベタベタにしてでもポムフリット食べたいです〜
非公開コメント