プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

日本未上陸! チョコレート「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」

今日はバレンタインデーですね!
パリ情報も今回はチョコレートのご紹介です

160214-01.jpg

パリ市内に6店、パリ郊外に2店、ベルギーに1店、店舗を展開している「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」(2016年2月現在)。
↑こちらはパリ6区のSaint-Sulpice店です。
日本ではイベントの時以外には出店がなく、現在のところ日本未上陸の貴重なお店です

120422-06.jpg

↑以前このブログでも紹介しました、パリ郊外のソーという街に本店があります(→こちら参照)。

160214-02.jpg

ウィンドウが凝っているのもポイントです。
まさにチョコレートのアート
こちらは先月に撮った写真です(クリスマスはとっくに過ぎていましたが・・・)。

160214-03.jpg

日本帰国にあたって、ここでお土産調達しました!
この宝石のように美しい半球チョコレート…
1箱の中に3種類9粒が入っています(24ユーロ)。
このときの味は左から順番に「ライム・キャラメル」「ヴィネガー&レーズン・キャラメル」「柚子のガナッシュ・レモングラス」の3種類でした。

160214-08.jpg

このシリーズは他にも味があって、店舗によってどの3種類が入っているか異なります。
チョコレートコーティングされていますが、中はトロリと柔らかく、とっても美味しいです

160214-06.jpg

↑こちらは別の店舗で購入したもの。
右の箱に入っている3種類、先程のものと1つ種類が違いますね。
真ん中の青いものは「リンボク(スモモの一種)」という味でした
見た目の通り、どれもとっても繊細で複雑なお味です。

左はプラリネチョコレート1箱16粒入り(22ユーロ)。
セットされた箱入りチョコレートの種類も豊富で、もっと大きな箱もあります。

160214-04.jpg

また、粒チョコは自分で選んで袋に入れてもらうことも出来ます。
事前にもらっておいた冊子でじっくり選んでからお店に行きました

160214-07.jpg

家族で色んな種類を頂きました。
個人的にはレモン系の味が一番お気に入りです

160214-05.jpg

袋で買った粒チョコを並べてみました。
量り売りなので買いたい分だけ袋に入れることが出来ます。
このときは16粒(約130g)で15.08ユーロでした
左側に乗せたのは板チョコです。
お土産として色々購入したら、オマケとして頂きました
こちらは1枚9ユーロ(太っ腹!)。

Saint-Sulpice店のフランス人の店員さんは片言の日本語で説明してくれました。
バレンタインデーやクリスマスなど、チョコ大好きフランス人も行列を作る人気店。
冬の間は日本へ持って帰るお土産としてもとってもオススメのチョコレートです






店舗情報
チョコレート「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」 Saint-Sulpice店
住所:2-4 place Saint Sulpice 75006 Paris
ホームページ:http://www.patrickroger.com/(他の店舗の詳細はこちらをご覧ください)






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オデオン

デプレA

デプレB

ジャコブ




Comment

非公開コメント