プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

ガレット・デ・ロワ 2017 とらや

160116-01.jpg

新年の恒例行事、ガレット・デ・ロワの季節がやってきました
年々日本でも広まってきていると聞くので、パン屋さんケーキ屋さんで盛り上がっているのではないでしょうか?
パリではもちろん、すでに年末からあちらこちらでガレット・デ・ロワだらけです。

170108-01.jpg

我が家でもさっそく頂きました!
今年は初めて「とらや」さんで買いました。
パリ1区に、あの日本の「とらや」の支店があります。
最寄りはメトロ「コンコルド」駅です。

170108-02.jpg

パリ限定の和菓子もいくつかありますが、ガレット・デ・ロワもその一つ。
他のお店ではガレット・デ・ロワの中身はアーモンドクリームが定番ですが、やはり和菓子屋さんのガレットは一線を画しています

170108-03.jpg

日本の「とらや」がそのまま再現されているようです…
パリの真ん中に和の空間

170108-04.jpg

店内は結構広く、ゆったりとした喫茶スペースがあります。
私が見かけたときはフランス人が何組が利用されていました。
フランスに溶け込む「とらや」…ちょっと不思議な感じもしますが、1980年から続いています

170108-05.jpg

和菓子の他に軽食を頂くこともできます。

170108-06.jpg

そしてこちらがとらや特製のガレット・デ・ロワ!
毎年販売されていますが、今年は特別にパリの有名パン屋さん「ポワラーヌ」と共作とのことで、パイはポワラーヌ製。
そして中身は餡が入っています
4~6人用で28ユーロです。
1人用(8.5ユーロ)もありました。
販売は1月21日まで。

170108-07.jpg

パイ生地にしっかり焼き目が付いているのは、フランスのパイ生地の特徴かもしれません。
良い色に焼けています

170108-08.jpg

見るからに美味しそうなパイ!

170108-09.jpg

このパイととらやの餡の組み合わせ…最高に美味しかったです
日本人にとっては「パイ+あんこ」ってちょっと懐かしい味覚でもありますね。
そして中から出てきたフェーブ(陶器製)は、とらやの定番最中「御代の春」の形でした。
裏にはちゃんと「2017 TORAYA Miyo no Haru」と書かれています

170108-10.jpg

新年にふさわしいガレット・デ・ロワを味わうことが出来ました。
今年は何種類食べることが出来るでしょうか?
頑張ります






店舗情報
「TORAYA」
住所:10 rue Saint-Florentin 75001 Paris
ホームページ:https://www.toraya-group.co.jp/toraya-paris/ja/






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

オペラ


Comment

非公開コメント