プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ17区 魚介レストラン「RECH」

170115-17.jpg

日本と同様、フランスでも冬は魚介類の美味しい季節。
魚介専門レストラン「RECH(レッシュ)」へ行ってきました

170115-02.jpg

事前にお店のホームページから予約しておきました。
日にちと時間など選択するだけで簡単に予約出来ます
テーブルは日本式1階と2階にあり、今回は2階の席に案内して頂きました。

170115-18.jpg

店内のところどころに魚モチーフが飾られていて、これから魚介を食べるぞ~~と気分が高まります(笑)

170115-01.jpg

最初に飲み物と一緒にパリパリわかめせんべいが出て来ました。
塩が効いていて美味しい♪

170115-03.jpg

二人でそれぞれアラカルトで前菜・メイン・デザートを頂きました。
まずはアミューズ2品。

170115-05.jpg

このアミューズだけ、なぜか「和」を意識した見せ方でした。
美味しかったのですが、日本人が見るとちょっと不思議?な和テイストです

170115-04.jpg

「RECH」の型押しバターと、パンは2種類。

170115-06.jpg

石の上にパン。

170115-07.jpg

前菜「Carpaccio de mulet aux oursins de pleine mer(ボラのカルパッチョとウニ)」 32ユーロ

170115-08.jpg

もう一人の前菜「Cookpot de courges et châtaignes, homard blue(カボチャと栗、オマール海老)」 38ユーロ
ゴロゴロ入ったオマール海老、とっても美味しかったです。
テーブルで魚介ソースをかけて頂きましたが、そのソースの濃厚なこと!
ほんとに前菜?メインじゃない?と思うくらいボリュームがあり嬉しかったです

170115-09.jpg

メイン「Noix de Saint-Jacques dorées,brocoletti et sucs de cuisson(グリルしたホタテ、ブロッコレッティと煮汁)」 56ユーロ
立派なホタテ、大きい!
ねっとりとした食感で甘味があり、とっても美味しかったです。

170115-10.jpg

もう一人のメイン「Bar de ligne sur écailles,légumes racines et champignons des bois(一本釣りのスズキ鱗焼き、根菜ときのこ)」 60ユーロ
こちらもドーンと2切れ。
ふっくら、しっとり、さすが一本釣り…普通のスズキとは違います。
添えられた根菜とキノコは一つとして同じものはなく、一体何種類あるの?!というくらい様々な種類がミックスされていました。
凝っています

170115-11.jpg

デザートの前にこんな飲み物登場!
砂糖やアルコールは一切入っていない、パイナップル&ココナッツ水。
口当たり冷たくてすっきり

170115-12.jpg

食事のボリュームが結構大きかったので、迷いましたが…
「Pain perdu de Pastis d'Amélie,glace caramel au beurre salé(パンペルデュ=フレンチトースト、塩バターキャラメルアイス)」 14ユーロ
しっとり甘くて、軽すぎず素晴らしい

170115-13.jpg

「Vacherin aux agrumes(柑橘フルーツのヴァシュラン)」 14ユーロ
ヴァシュランとはメレンゲとアイスを組み合わせたデザートのことです。
中には数種類の柑橘やクリームなどが隠れていて、どこを食べても美味しい
今まで食べたヴァシュランの中で一番好きな味でした。
グレープフルーツのアイスが別に付いていました。

170115-14.jpg

すべて食べ終えて、すっかりレッシュのファンになってしまいました
魚介系レストランはパリでは数が少ないので貴重です!
最後のソバの実チョコとミニマドレーヌも美味しい。

170115-15.jpg

もう終わりかと思いきや、まだ出てきました。
とっておきのギモーヴ(マシュマロ)、これでほんとに最後です。
トングを使って直接手に渡されるのですが、フワフワで滑らかな感触にびっくりしました
味覚・嗅覚、そして触覚まで刺激され、印象的な食事となりました。

170115-16.jpg

また特別な時にリピートしたいレストランです。
アラカルトの他に54ユーロのコースもあります。

↑お店の前のイルミネーションも素敵






店舗情報
「RECH」
住所:62 avenue des Ternes 75017 Paris
ホームページ:https://www.restaurant-rech.fr/(フランス語・英語)

Comment

非公開コメント