プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

「Place Henri-Barbusse(アンリ・バルビュス)」のマルシェ

今週末はグッと冷え込んだパリ
来週は一気に気温が上がるという予報もあり暖かく感じられそうです。
寒暖の差が激しいですが、とにかく春が待ち遠しい!

170212-01.jpg

さて、今週は土曜日にマルシェに行ってきました
メトロ3番線「Louise Michel」駅下車、徒歩3分の「Place Henri-Barbusse(アンリ・バルビュス)」のマルシェです。
この駅はちょうどパリ市とお隣のルヴァロワ・ペレ市の境目付近にあり、マルシェはルヴァロワ・ペレ市に位置します

170212-02.jpg

珍しい屋内式マルシェです。
屋内式と言っても常設ではなく、オープンしているのは火・金・土・日曜日の午前中です。
土曜日の午前中に行ってみたら・・・半分以上がクローズしていました
どうやら曜日によって店舗数が変わるようです。
また別の曜日にリベンジしてみます!

170212-03.jpg

それでも一部は営業中でお客さんもたくさん。
賑わっていました

170212-06.jpg

その中で面白いお店を発見!

170212-07.jpg

↑ビオ(有機)の野菜や果物を扱うお店「Les 3b」です。
3bとは・・・「c'est bon, c'est beau, c'est bio」の3bです

170212-08.jpg

種類が豊富で珍しい野菜もたくさんあり、値段もお手頃です。

170212-09.jpg

170212-10.jpg

↑シトロン・セドラは皮が分厚いのが特徴
まるごと砂糖漬けに向いている品種で、時々フランスのお菓子屋さんで加工されたものを見かけます。

170212-11.jpg

170212-12.jpg

↑山芋まである!

170212-13.jpg

↑これはベルガモット。
ベルガモットキャンディーや紅茶のアールグレイなどで味や香りは知っていても、生のベルガモットは初めて見ました。

170212-14.jpg

購入したいものを自分で袋に取って、レジに持っていきます。

170212-15.jpg

ケールとベルガモットを買ってみました。
ちょっとお試し、という感じで少量だけ購入。
合わせて75サンチーム(笑)

170212-16.jpg

ベルガモットはドレッシングに。
オリーブオイル、塩コショウと一緒にサラダにかけました。
ベルガモット独特の香りが素晴らしい!
フレッシュなので、フルーティーでみずみずしくサラダによく合います
皮はとっておいてオレンジと合わせてジャムにしようと思います
ビオなので皮まで安心して食べられます。

170212-17.jpg

ケールはオリーブオイルと塩をかけて、オーブン(150~170度くらい)で15分ほど焼きました。
パセリのように焦げやすいので注意です。
ケールチップスの出来上がり
青汁の原料にもなっているケール。
思ったより苦味がなく、甘味があって美味しい~!

以上、アンリ・バルビュスのマルシェレポートでした






マルシェ情報
「Place Henri-Barbusse(アンリ・バルビュス)」のマルシェ
住所:Place Henri-Barbusse 92300 Levallois-Perret






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

ポルト・マイヨー


Comment

非公開コメント