プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ8区 「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」マドレーヌ店

お出かけ日和の青天が続いているパリ
春はもうすぐそこ!という感じがします。

170219-01.jpg

今週はバレンタインデーがあったので、チョコレートを調達してきました。
パリ8区マドレーヌ寺院のすぐそばにある、「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」へ行ってきました
ちょうど一年前にもこのブログで紹介しました(→こちらの記事参照)。
冬はチョコを日本へのお土産に持って帰ることができる季節ですね。

170219-02.jpg

マドレーヌ店は広くて目立つ外観です。

170219-03.jpg

個性的なチョコオブジェがウィンドウに並んでいます。

170219-04.jpg

美味しそうなチョコもズラリ
この右下のトリュフが今回のお目当て!

170219-10.jpg

購入したのは袋入りタイプ。
店内にはすでに袋詰めされたものが並んでいます。
大小2種類ありますが、これは小さい方で18粒入っていました。
一応目安として14ユーロと書いてありましたが、袋ごとに量り売りなのでレジで量ってもらいます。
これは13.92ユーロでした

170219-05.jpg

さらに試食として1粒頂きました
これは!パトリックロジェの代表作、半球型のチョコレートです。

170219-06.jpg

トリュフチョコは気温20度以下での保存が望ましいので、夏場は持ち歩きは難しいですね。
パトリックロジェでは年中販売されているそうですが、日本まで持ち帰るなら冬限定でオススメします

170219-11.jpg

お味は・・・とっても濃い
かなりビターで大人っぽい味です。
そして中のガナッシュは固めです。
こんな濃厚なトリュフは初めて食べました!美味しいです。
もし生チョコっぽいクリーミーなタイプがお好きだったら、ビター過ぎると感じるかもしれません。

ちなみに・・・

170219-12.jpg

以前食べたものですが、↑こちらは「メゾン・デュ・ショコラ」のトリュフ。
パトリックロジェに比べるとずっとクリーミーで、定番トリュフといったお味だと思います
中は柔らかめ。
または・・・

170219-13.jpg

↑こちらは「ル・ショコラ・アランデュカス・マニュファ クチュール・ア・パリ」のトリュフ。
3種類の味がセットになったものです。
どの味も個性的トリュフ!

トリュフにも色々ありますね~
また他にも食べ比べを続けていきたいです






店舗情報
チョコレート「Patrick Roger(パトリック・ロジェ)」 マドレーヌ店
住所:3 place de la Madeleine 75008 Paris
ホームページ:https://www.patrickroger.com/(他の店舗の詳細はこちらをご覧ください)






この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)


オペラ


Comment

Re: No title

★MIKIさま

こちらのトリュフを大量買い…素敵な響きですね!
素晴らしいと思います。
半球状のチョコ、確かにとっても繊細で割れやすいです。
壊れやすいものは手荷物にしたいところですが、最近はマカロンもクリーム部分を液体とみなして没収する場合があると聞くので、このチョコも手荷物の持ち込みは心配ですね。
実際は大丈夫だったという方もいますが、そのときの係員の対応によって違うかもしれません。
私が以前日本にお土産で持って帰ったときは、スーツケースに入れて預けました。
自宅用だったので、チョコと箱の内側がぶつかって割れないようにキッチンペーパーをクッションにして入れておきました。

No title

パトリック・ロジェのトリュフ大好きです。
GWにパリに行くので買いに行こうと思います。トリュフのみ大量買いで(笑)
半透明のチョコ、割れやすいですよね。
友達に買って行ってあげようと思うのですが手荷物で持ち込めるか心配です。
非公開コメント