プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

国際農業見本市 番外編 ・ お土産いろいろ

パリ市内、桜が満開になっているところも出てきました。
日当たりによって開花具合にかなり差があります

170402-01.jpg

さて、今週は「国際農業見本市・番外編」ということで・・・おすすめのお土産をご紹介します。
今年の会場レポートはこちらの記事へ→「国際農業見本市 2017

170402-02.jpg

少し早いですが、来年の日程も発表されました
2018年2月24日~3月4日です!
パリ滞在の計画に、参考になれば幸いです。

170402-03.jpg

農業見本市で買ったもの、その1。
↑左のソーセージのようなものは、先日のレポートで既に紹介しましたアンドゥイエット。
この同じブルターニュのブースで右側の「ANDOUILLE DE LANGUE」も購入しました。
LANGUE、つまりタン(豚タン)のハムです。

170402-04.jpg

薄く切って食べます。
しっとり柔らかく、とろけるような食感
アンドゥイエットも美味しかったですが、このタンハムもおすすめです。
約200gで6ユーロ。

170402-05.jpg

続いてこちらのブース、飴の専門店「CDHV」です。
ロレーヌ地方のコーナーに毎年出店されています。
パリに店舗はないので見本市のときにだけ出会える嬉しいお店です

170402-06.jpg

飴の種類がかなり豊富で、選びきれないほどですが・・・
今回は30周年記念の大きな飴の形の缶を発見。
CDHVの代表的な飴が6種類入っています。

右の袋はフルーツゼリーです。
お気に入りで必ず毎年買っています

小さな缶の飴はお土産にピッタリですね。
一つ一つ絵が違っているので集めたくなります。

170402-07.jpg

そして同じくロレーヌ地方のブースにて、嬉しい発見。
ナンシーまで行かないと手に入らないと思っていたお菓子がありました。

170402-08.jpg

それがこちら、ナンシー名物の昔風マカロンです。
現代マカロンと違ってクリームは挟まっておらず、素朴な焼き菓子。

以前、ナンシー日帰り旅行の記事を書きました(こちらの記事参照)。
その時もちろんこのマカロンもお土産に買ってきて「パリでは買えません!!」と自慢気に書いていましたね。
まさか農業見本市で買えるとは・・・!

170402-09.jpg

カリカリの生地はアーモンドの香ばしさも素晴らしく、究極のシンプルですがとても美味しいです。
12個入り9.50ユーロ。

170402-10.jpg

最後にゲランドの塩です。
フランスを代表する塩「ゲランド」は、農業見本市では生産者から直接買うことが出来ます。
右の「fleur de sel」は、特に希少で高級な塩なのですが、左の1kg袋(あら塩)を買ったらオマケで付けてくれました
後で値段を見たら、あら塩(1.70ユーロ)よりも高価だったので謎のサービスでした。

170402-11.jpg

会場で無料配布されていた農業見本市らしいエコバッグ。
よく似たデザインの有料バージョンもありましたが、そちらは買いませんでした。

以上、国際農業見本市お土産編でした
ぜひ来年の参考に・・・!






国際農業見本市
会場:Paris Parc des Expositions
住所:1 place de la Porte de Versailles 75015 Paris
公式サイト:https://www.salon-agriculture.com/


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

バラール

エグゼルマン

エグゼルマン 2

Comment

非公開コメント