プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

旬の野菜 CEBETTE(セベット)

春から夏にかけて、マルシェやスーパーが鮮やかになってきました。
果物も多くの種類が旬を迎えています
毎年同じようなことをこのブログで書いているような気がしますが、どれもこれも短い旬なので急いで食べなくては~

170611-01.jpg

現在あちこちで山積みになっている「cerise(チェリー)」は毎日食べても飽きません、、、どっさり購入。

170611-03.jpg

「abricot(あんず、アプリコット)」も鮮やかでジューシー!

170611-02.jpg

桃類も豊富です。

170611-04.jpg

特にお気に入りはこちらの「brugnon(ブルニョン)」。
桃と同様、白ブルニョンと黄ブルニョンが混ざっています。
これを食べると夏を感じます

170611-05.jpg

日本と同じようにスイカの切り売りもあります
水分補給にぴったりですね。

そんな中、見慣れない野菜を発見!

170611-06.jpg

いや、見慣れないというか見慣れたというか?
まるで日本のネギ!!

170611-07.jpg

お店のおじさん曰く、南仏でよく栽培されているネギの一つで「cebette(セベット)」と言います。
フランスでネギと言えば太い「poireau(ポロ葱)」が一般的ですが、今の季節はセベットも登場。
たまにこの季節以外でも見かけますが、こんなに立派なセベットは見たことありませんでした

170611-08.jpg

よく似た野菜でこちらの小たまねぎもありますが、おじさんによると「こっちは辛味が強い。セベットは少し柔らかい味だね。」とのこと。
そして「よくアジアの人が使うよね?」とも言っていました。
そうなんです、よくご存じで!

170611-09.jpg

1束2.50ユーロ。
日本の白ねぎよりは細く、青ねぎよりは太い、中間的なサイズです。

170611-10.jpg

フランスのポロ葱も美味しいですが、火を通すとすぐクタクタになって味もマイルド。
日本の薬味的な香りは一切ありません。
一方セベットは香りが強く、シャキッとしています。

170611-11.jpg

なつかしい、、、切るとますます日本のねぎ。

170611-12.jpg

ねぎたっぷりチャーハンを作りました。
火を通してもポロ葱のように柔らかくなり過ぎず、食感が残るのが良いです
日本のねぎよりはやや香りがマイルドなので、日本とフランスの中間のねぎという感じでしょうか。
今までポロ葱ばかり使っていたので、あると便利なセベットです!

Comment

Re: 夏到来

★あつあつさま
ありがとうございます!いえいえ、丁寧ではなく適当なチャーハンです(^_^;)
あつあつさまも海外生活長く過ごしていらっしゃるんですね。
日本のねぎ、恋しいですよね。
杏の色の鮮やかさは見ているだけで元気になりますね。
勢いがあって、味も濃くて、ほんと「夏!」という感じです。

夏到来

とても丁寧に作られたチャーハン。私も海外生活が長くなって日本のネギに「見慣れない」感覚が身に付いて来てしまった感もあるのですが、このネギはとても美味しそうで、早速私も明日、買ってチャーハンを作って見る気になっています。
この時期、杏の色の美しさに惹かれて何個も買って来てはそのまま、皮を洗って丸ごとガブリ。本当にこの時期の果物は美味しい。夏の到来を感じさせてくれます。
パリは本当に食の街ですね。😊
非公開コメント