プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリ6区にオープン! レストラン「Yoshinori」

長年パリで活躍されている守江慶智シェフがご自身のお名前「Yoshinori」というレストランをオープン、という嬉しいニュースが入ってきました

171015-01.jpg

場所はサンジェルマンエリア、最寄りメトロは10番線「Mabillon」です。
10月3日にオープンしたばかりですが、すでに話題のレストラン。予約必須です。
土曜日のディナー19:30に予約を入れてお伺いしました

171015-02.jpg

座席は地上階&地下1階にあります。
どちらも落ち着いた雰囲気です。
満席でした!

171015-03.jpg

最初に、エーデルフラワーシロップのノンアルコールドリンクを頂きました。
美味しい

171015-04.jpg

この日のディナーのメニューはこちら(クリックすると拡大します)。
夜は70ユーロと95ユーロの2種類。
70ユーロの方は、前菜・メイン・デザートのそれぞれをリストの中から選びます。
95ユーロはすべてシェフにお任せ〝Menu Dégustation Yoshinori"です。
お任せなので構成は日によって変わります。

ちなみにランチは前菜+メインもしくはメイン+デザートの35ユーロ、前菜+メイン+デザートの45ユーロの2種類です。

171015-06.jpg

Menu Dégustation を選びました。
久しぶりの守江シェフのお料理、期待が高まります

お皿の数が多くて全部の写真は載せきれませんが、順番にご紹介します。
↑2種類のアミューズブーシュの後で、前菜の一つ。
仔牛肉のタルタルです。ピンク色の綺麗な仔牛!
中に隠れている貝も素晴らしい~。

171015-05.jpg

パンは「Thierry Delabre」というお店のものだそうですが、初めて聞いた名前でした。
びっくりするくらい美味しいです。
お料理との相性も最高で、「只者じゃないパン」という気がします。

171015-07.jpg

こちらも前菜。
秋の味覚と言えばキノコ。
キノコの王様、セップ茸(ポルチーニ茸)が贅沢にたっぷり乗っています。
下はキヌアです。
個人的にこれが前菜の中で一番感動でした。

171015-08.jpg

こちらも前菜。
かぼちゃのスープ、横に添えられているのはフォアグラです。
このスープの美味しいことと言ったら
いや、やっぱりこれが前菜の一番かな…?
もうすでに甲乙つけがたいです。

171015-09.jpg

お魚のメイン、ヒラメです。
海老のソースと、添えられているお野菜(ネギ、カブ)も美味しい。

171015-10.jpg

お肉のメイン、リードヴォー(仔牛の胸腺肉)。
こちらは1皿追加で頂きました。
キノコはジロール茸です。
この大好物の2種類が登場してとても嬉しいお料理でした
そしてかわいい人参ですが、一般的な人参とはまったく違う味でした。
高貴な香りでとても美味しかったです。

171015-11.jpg

そしてお肉のメイン、本日の大本命!
この季節ならではのジビエ、雷鳥です。
またまたこちらにもセップ茸がふんだんに~
大満足でした。

171015-12.jpg

ここまででかなりおなか一杯だったにもかかわらず、なぜかスルスルと食べられてしまうデザート
どんなに満腹な人も思わずにっこりしてしまうような、ココナッツとパイナップルという最強コンビのアイス。
「デザートは別腹」とはよく言いますが、ここまで完璧な別腹はなかなかないと思います。
やっぱり守江シェフの作られるコースはすごいなぁとしみじみ感じました。

171015-13.jpg

そして最後に旬のいちじくを使ったデザート。
このあとマドレーヌとフィナンシェの小菓子が出て、Menu Dégustation 終了です。
期待を超える満足感でお店をあとにしました。

171015-14.jpg

こうやって写真を見直してみても、また食べたい!と思うお料理ばかり…
ジビエの季節が終わる前に、また行かなくちゃとすでに計画中です

今年イチオシのレストラン「Yoshinori」、自信を持っておすすめします!






店舗情報
レストラン「Yoshinori」
住所:18 rue gregoire de tours 75006 Paris
ホームページ:http://www.yoshinori-paris.com/

Comment

Re: こんばんは

★非公開コメントさま
こんにちは、コメントありがとうございます。
こちらのレストランは夜はもしかしたらお一人のお客様はほとんどいらっしゃらないかもしれません。
お昼はお一人でも問題ないと思います。
先日、ランチ時間に通りかかった時にはお一人でお食事されている方が見えました。
もう来週なんですね。
充実のご滞在になりますように…!

Re: No title

★tabbyさま
そうだったんですね!
ブログを読んで実際に行ってみて下さったと聞くととても嬉しいです。
今後の励みになります。
またお役に立てるような情報、更新できるように頑張ります!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ご回答ありがとうございました。次回は、勇気を出して、行ってみようと思います。こちらで紹介して頂いたいくつかの場所を訪れてみました。とても参考になります。これからも、よろしくお願いします。楽しみにしております。

Re: タイトルなし

★kyutaさま
そうでした!
「雷鳥を食べた」となにげなく書いてしまいましたが日本では天然記念物でしたね。
確かに私も最初に知ったときはとても驚きました。
でも一度食べるとすっかり雷鳥の味に魅了され、大好きになりました。
そうです、おっしゃる通りジビエらしい野性味あふれる味です。
ひょっとしたら人によっては苦手と言われる方もいるかもしれません。
そのくらい強烈な、でも美味しい雷鳥でした。

Re: レストラン Yoshinori

★非公開コメントさま
毎週ブログご覧になって下さり、ありがとうございます!
励みになります。
こちらのレストランですが、現在スタッフの方はみな日本人で、予約もオーダーもすべて日本語でOKでした。
まだオープンして間もないので、今後変更があるかもしれませんが今のところ日本語で大丈夫だと思います。
お料理やワインも日本語で説明して下さったので、わかりやすく楽しめました。

雷鳥!日本では天然記念物ですが、フランスではジビエとして食するのですね。驚きでした!お味はいかがでしたか??やがりジビエらしい、野性味溢れるお味なのでしょうか!?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント