プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

リール&ブリュッセル1泊旅行 前編

先週、北フランスのリールという街とベルギーのブリュッセルへ1泊旅行に行ってきました!

111217-01.jpg

リールもブリュッセルもパリからとっても近い!
どちらかだけなら日帰りも可能(ブリュッセルは過去3回、日帰りで遊びに行ったことがあります

朝9時発の列車に乗って、こんな感じで移動です。


          パリ北駅出発           
              
              (約1時間)
              
         リール・フランドル駅
              
              (約30分)
              
         ブリュッセル・ミディ駅


今回は1日目のリールについてご紹介

リールはフランスとベルギーの国境近くの街です。
旧市街の雰囲気はのんびりとしていますが、ロンドン-ブリュッセル間を結ぶユーロスターの発着駅でもあり、工業都市として発展してきた歴史もあって意外と近代的です。
パリ北駅からのTGV(フランス高速鉄道)はほぼ満席、スーツを着たビジネスマンがたくさん乗っていました。

111217-02.jpg

リール国鉄駅は「フランドル駅」と「ユーロップ駅」の2つがあり、パリからの到着駅がどちらになるかは列車によって異なります。
でもこの2つの駅は大きなショッピングセンターを挟んで450mしか離れていないのでそんなに大差はないかもしれません。
観光におすすめの旧市街に近いのは「フランドル駅」の方です

駅から歩いてドゴール将軍広場へ。
オペラ座があり、広場には観覧車と大きなツリーが出ていました

111217-03.jpg

111217-04.jpg

建物はやはりベルギーに近いこともあって、細くとんがった屋根が多く、パリの街並みとは全然違います。
赤い煉瓦を使った建物が多かったです!

そして、私がリールに来た最大の目的はこちら…

111217-05.jpg

ここリールに本店を置く、老舗パティスリー・コンフィズリーの「Meert(メール)」です
なんと創業1761年!!
パリに現存する最古のコンフィズリー「ア・ラ・メール・ド・ファミーユ」と同じなのです!

実はこの「メール」、2010年末にパリ3区に小さな支店ができています。
本店のようなサロンドテ(喫茶スペース)は付いておらず、焼き菓子やチョコレートなど日持ちのするお菓子のみ販売されています。

こちらはパリの写真です

111217-06.jpg

111217-07.jpg

雰囲気も本店さながら重厚で、とっても素敵です。
そしてこのワッフルを食べて、感動!!!
ものすご~くおいしい!!!
「こりゃ~ただ者じゃないっ なに?1761創業?なに?リール…??」

それまで見たことも聞いたこともない、いきなり現れた新星メールに興味津々です。
このワッフルがあまりにおいしかったので、ピエール・エルメのワッフルと食べ比べもしてみました
エルメのワッフルは日本で先行発売されていましたね~パリでも大人気です!

111217-09.jpg

私の個人的な好みで言うと、、、メールとエルメのワッフル(バニラ味)はかなり似ていると思います。
でも全体のバランスはメールの方が上
特にメールは中のクリームが完璧!!ブワ~と広がるバニラの風味がとても強いです。

一体、メールって何者?!
徐々にどうやら相当の老舗らしい、北フランスでは有名なお店らしい…と分かってきて、さらにはボンマルシェやラファイエットグルメでもこのワッフルが取り扱われていることが判明。
(2012/04 追記:最近ラファイエットグルメでは見かけなくなりました。)

111217-08.jpg

デパートではこんな箱で売っています(12枚入り、ミニサイズもあり)。
もちろんお店では1枚単位で買うことが出来ます。
箱も立派だし、常温で1週間~10日ぐらい日持ちするのでお土産にもオススメです

そして最近ますます勢力をのばし、ボンマルシェではこの冬3種類のフレーバーのワッフルも登場しました

かなり気になるお店です。こうなったら本店まで行くしかない!!
本店はカフェでお茶も出来ると聞いていて、とっても楽しみ。

…というわけで、メール本店に話は戻ります

パリの支店にはない生菓子もズラリ。

111217-10.jpg

中はカフェ部分、レストラン部分、2階もあってかなり広いです。

111217-11.jpg

111217-12.jpg

老舗の味を測るなら、あまり斬新なものでない方がわかりやすいかな?と思いミルフィーユとババオラムを注文。
どちらも大正解
パリで言うと、ラデュレやアンジェリーナを思い出すような…しっかりとした定番の味です。
このままパリに持ってきても十分張り合えるでしょう。

パン類もたくさんありました~
明日の朝食用に3つ購入。

111217-13.jpg

なんだか似たような形の3つになってしまいました…笑。
特におすすめは奥の「bans」というパン。
なんとこれはバンズの生地に、あのワッフルのバニラクリームが挟まっているのです!!
やっぱりこのクリームはすごいです。
メールのワッフル好きなら是非これも試して頂きたい~

すっかりリールのメール(ややこしいな…)を堪能したところでブリュッセルに向け出発
他にもリールの見どころはたくさんありますが、また次の機会に行ってみたいと思います。
リールのみ日帰りなら、リール市立美術館(ルーブルに次ぐコレクションを所有するフランス第2位の美術館)も気になるところ…
また、リールと言えば毎年9月の第一土曜日から日曜日にかけて開催されるヨーロッパ最大の蚤の市も有名です。
(2012年は9月1~2日)

最後にリール・ユーロップ駅前にて、日本人アーティスト草間弥生さんのオブジェ。

111217-14.jpg

このオブジェを見ることもリールに来た目的でした!
ちょうど今、パリのポンピドゥー・センターでフランス初の展覧会が開催されている草間弥生さん。
1月9日までなので、そろそろ見に行かなくては…と思っているところです


「リール&ブリュッセル1泊旅行 後編」に続く…




Meert(リール本店)
住所 27 rue Esquermoise 59000 Lille
ホームページ http://www.meert.fr/

Meert(パリ支店)
住所 16 rue Elzévir 75003 Paris


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

サンポール

フランス高速鉄道TGVのチケット予約代行もパリ生活社で承っています。
詳細はホームページにてご覧頂けます。
http://www.paris-seikatsu.com/top_ticket.html
お気軽にご相談下さい。

Comment

非公開コメント