プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

週末のブロカント市

今週は一気に20度以上まで気温が上がりました
パリでも春らしくあちこちで桜や水仙の花を見かけるようになりました!

我が家のアパートの中庭にある、小さな桜の木も7分咲きぐらい

120317-01.jpg

暖かくなってくると毎週楽しみにしているのが、パリ市内あちこちで開催されている週末のブロカント市
移動式蚤の市のようなもので、土日限定で道や広場などに白いテントがずらりと並びます。

120317-02.jpg

骨董品・古い美術品を扱うアンティークのお店から、もう少し身近な古い生活道具を扱うブロカントのお店まで
様々出店されます。

120317-03.jpg

パリの蚤の市と言えばクリニャンクールやヴァンヴが有名ですが、わざわざそこまで行かなくても街中で気軽に
見ることができるブロカント市もオススメです
週によって違いますが多いときはパリ市内3、4箇所で開催されているので、たまたま通りかかったら発見!
ということもありました。

120317-04.jpg

事前に日程を知りたいときは、以下のサイトで調べることができます(フランス語のみ)。

http://www.brocabrac.fr/Vide-greniers-75
http://spam.fr/

そして先週の土曜日、ブロカント市にてこんなブースを発見

120317-05.jpg

ホテルから流れてきたカトラリーが山盛り!
よくよく見るとクリストフルのホテル専用製品、銀製で1本5ユーロです。

120317-06.jpg

ルクセンブルクのインターコンチネンタルホテルで使われていたもので、後で調べてみるとこのホテルは数年前に
ヒルトンにかわってしまったようです。
そのときに大量に処分されたものなのか…他にもホテルで使われていたシルバー食器が色々並んでいました

実は以前から“銀食器”に憧れていて、いつか揃いのカトラリーが欲しい!と思っていたのです。
もちろんフランスを代表する銀製品のクリストフルは素敵だなぁとは思っていましたが、新品はちょっとやそっと
では手の出ないお値段…

蚤の市で見かけるたびにチェックしていたのですが、今回見つけたものは理想的なデザイン&値段かも!!
しかも1本ずつバラ売りというのも嬉しい(6本、12本セットになっているものが多いので)

まぁでもやっぱり中古品。
結構汚れて黒ずんでいるものが多いです。

120317-07.jpg

銀製品は磨けば光る、というのを信じて山積みになった中から出来るだけ綺麗なものを選んでフォーク、ナイフを
2本ずつだけ購入しました。
選び終わる頃には手が真っ黒になってしまいました…

そして家に帰ってシルバー磨きで磨いてみたら、これがびっくりするほどピカピカに!!

120317-08.jpg

120317-10.jpg

これは絶対お買い得!ということで、明くる日の日曜日も朝一番でそのブースへ行きさらにスプーン3種を
買い足しました(笑)

120317-09.jpg

銀製品は新品だとピカピカすぎてちょっと気が引けてしまうけど、すでにほどよく使いこまれた風合いになって
いるのでガンガン普段使いにしています。
気を付けているのは洗い終わったらすぐに水気をふくことぐらいで、あとは普通の食器と同じように使ってます!

はるばるルクセンブルクからやって来たのか~どんなホテルだったんだろう?と思うとちょっと嬉しい
そんな背景を想像して楽しめるのもブロカントならではですね!

120317-11.jpg

スープ用スプーンが丸っこくて一番かわいい お気に入りです!
ちなみにこのお皿もブロカントで購入、5ユーロぐらいでした。

上記のサイトによると今週末(3/17・18)はメトロ8番線「Boucicaut」と「Félix Faure」の間で
ブロカント市が開催されるそうです
1カ月ぐらい先まで日程が紹介されているので、土日にパリ滞在予定の方は是非参考にしてみてくださいね!

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント