プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

パリでコーヒータイム

今年は4月初旬~中旬にかけて、パリ市内の桜が満開
年によって多少のずれはありますが、3月終りから咲きはじめ、4月中旬までには満開になることが多いようです。

120415-01.jpg

パリ郊外はそれよりも少し遅くて、例年4月下旬に満開になるそうです。
来週お花見に行く予定なのでまたレポートしますね!



さて、今回はパリのアパート滞在で楽しめるおいしいコーヒーのおすすめ

実は私…コーヒー大好き!一日2回は飲まないとやってられない(?)という性格で、パリに住み始めると同時
に「おいしいコーヒー探し」もスタートしました

現在は「エスプレッソ用」・「ペーパードリップ用」・「ちょっと贅沢用」の3種類のコーヒー豆を使い分けて、家での
コーヒータイムを楽しんでいます

普段使いの「エスプレッソ用」と「ペーパードリップ用」はこちらの2つ。

120415-03.jpg

エスプレッソ用は、右の「CARTE NOIRE(カルトノワール)」を使っています
1袋250gで3.30ユーロぐらいで、すでに挽いてあります。
どのスーパーでも見かける定番のコーヒー豆ですね
色々試した結果、我が家はカルトノワールに落ち着きました。
お湯で溶かすだけのインスタントタイプもおいしいです

ペーパードリップ用は、左のスターバックスのコーヒー豆を使っています
このカフェ・ヴェロナは250g4.90ユーロ…日本のスタバの半額以下!!
“普段使いのコーヒー豆に1袋5ユーロ以上のものは使わない”と決めているので、スタバも便利なお店です。

エスプレッソをいれるのに使っている器具は、こちら「ビアレッティ」です。

120415-08.jpg

日本では家庭に一台・コーヒーメーカーを使うことが多いと思いますが、我が家にはコーヒーメーカーが
ありません!
ビアレッティは下に水、上にコーヒーの粉をセットして火にかけ、圧力をかけながらエスプレッソを抽出
するものです。
1人~12人用まで7種類のサイズが展開されています
大きなエスプレッソマシーンがなくても、ビアレッティがあれば毎朝10分ぐらいで簡単にエスプレッソ
を作ることが出来ます!
軽くてコンパクトなのでキッチンで邪魔になりません。
たっぷりの温かいミルクを注いでカフェオレにしてもいいし、お湯を注げばアメリカン、食後ならエスプレッソ
を一口…と気分に合わせて使うことができます

エスプレッソがあれば、こんなアイスカフェオレも作れます

120415-06.jpg
ミルクに氷を浮かべてからエスプレッソを注ぐときれいなグラデーションに
色々アレンジも出来て楽しめます!

そしてもう一つ、最近こちらを買い足しました

120415-07.jpg

プジョーのコーヒーミルです
コーヒー豆は挽きたてが断然おいしい!
ミルを買うまではいつもスタバで挽いてもらっていたのですが、時間がたつとどんどん風味が抜けていきます。
これを使うようになってからはお店では挽いてもらわず豆のまま買って、飲む分だけを挽いてコーヒーをいれる
ようになりました。
これが同じ豆なのか…?と思うぐらい新鮮な味が楽しめます

プジョーはペッパーミルをお土産にされる方が多いですが、コーヒーミルもおすすめです!
ビアレッティもコーヒーミルも、以前ご紹介した調理器具専門店「a.simon」で購入しました

時間のあるときはこのミルで豆をひいてから、ペーパードリップで1杯ずつコーヒーを落としています。
私にとっておいしいコーヒー(とおいしいケーキがあればなお良し!)は一番のリラックス&リフレッシュタイム
かもしれません。

120415-09.jpg

最後に、「ちょっと贅沢用」のコーヒー豆をご紹介
普段は使わないけれど、来客用やすご~くおいしいコーヒーを飲みたくなったときに1区のカフェ「Verlet
(ヴェルレ)」のコーヒー豆を買ってきます。

250gで7~10ユーロぐらいするので、スーパーで売っているものよりかなり贅沢!
でも値段相応にとってもおいしい

120415-10.jpg

パリでおいしいコーヒー豆を買うならここがおすすめです!!



店舗情報

「Verlet(ヴェルレ)」
住所 256 rue St-Honoré 75001 Paris

この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

パレロワイヤル




おまけ

前回ご紹介したレストラン「ラ・グランド・カスカード」のメニューの中でメインの魚料理に使われていた“ノアムティエ産
小ポテト”というじゃがいもがありました。

たかがじゃがいも、されどじゃがいも…このノアムティエ産のじゃがいもはとっても濃厚で甘みがあってまるで栗
みたいな味のする驚異のじゃがいもなのです!

たまたま近所のマルシェで発見し、もちろん嬉々として買いました

120415-11.jpg

なかなかお目にかかれない、貴重なじゃがいも!
もし出会ったら是非試してみてくださいね

Comment

非公開コメント