プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

2012年 夏のソルドまであと1カ月!

今さら?!と思われるかもしれませんが……最近「レペット」の靴にはまっています

120519-01.jpg

パリでも男女問わず本当に履いている人が多い「レペット」の靴。
1947年のパリでバレエシューズ専門店として設立され、本店はオペラ座のすぐ近くにあります。
現在はバレエシューズ以外の靴やかばんなど、ファッションとしても「レペット」の名前は広く知られています

「みんな履いているから」
「うすっぺらくて歩きにくそう」

・・・という理由で敬遠してきたので、日本でもパリでも今まで一度も履いたことはありませんでした。

それが今年になって何気なく試着してみたらビックリ
すごく足にフィット、歩きやすい

確かに靴底は薄くて軽いので長時間歩く時には適しませんが、服にも合わせやすくてちょっとしたお出かけに便利
もっと早く履いてみれば良かった……

120519-03.jpg

ワンピースとストッキングでキチンとしたレストランなどにも対応出来るし、色んな柄やカラータイツに合わせても
楽しめます。
軽くてかさばらないので旅行にも1足あると便利ですね。

レペットと言えば「BB」という上の写真のバレリーナシューズが定番ですが、もう一つこちらもお気に入り

120519-02.jpg

「ZIZI」というシリーズの白です!
フランスの俳優、セルジュ・ゲンズブールが愛用していたとのことでちょっと男っぽい雰囲気。
そのせいか日本では男性が履いているのを見かけますが、パリでは女性もよく履いていますよ

これはさらに履きやすい

ただレペットはすごく薄い素材で出来ているので、フィット感が命。
足の形によって、合う合わないは個人差があると思います。

120519-05.jpg

またサイズもいくつか試してみることをおすすめします。
私はずっと自分のサイズは「38」だと思い込んでいてそればかり試着していましたが、ある時「37.5」を履いてみたら
同じデザインの靴だとは思えないほどのフィット感にびっくり。
柔らかい革素材なので本当に足にピッタリのジャストサイズで履かないとそのフィット感はわからないかもしれません。
サイズ展開が自分の足に合うかどうかも重要なポイントだと思いました。
その時はあまりの履き心地の良さに、静かな店内でつい「アハハハハ…!」と笑い出してしまったほどです(笑)

ちなみに今回の写真のレペットは、どちらも冬のソルドにて40%オフでゲットしたものです
なかなか良い買い物が出来たと大満足!!

そしてそして、待ってました!
いよいよ来月は夏のソルドがやってきます

日程は、2012年 6月27日(水)~7月31日(火)です。

お店によってはこの日程とずらして行うところもありますが、ソルドの日程は法律で決まっているので基本的にはどの
お店も一斉にスタートです!

ソルドに合わせてパリ滞在の予定を立てていらっしゃる方も多く、またパリの街全体が活気づく季節になります
今回はどんな掘り出し物が見つかるでしょう…?!
とっても楽しみです


Comment

非公開コメント