プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

ホテル・ロワイヤルモンソーでアフタヌーンティー

いよいよ6月、一年で一番日の長い季節です
午後10時のエッフェル塔は、夕焼け空をバックにとてもきれいなシルエット
10時ちょうどにキラキラ光っているところを撮ってみました。

120602-10.jpg

エッフェル塔の下の芝生には午後10時でもたくさん人がいました。
みんな寝っころがって、ワインやおつまみ片手にピクニック。
遅くまで明るいと夜道も安心ですね

そして、一年で一番華やかな季節でもあります
今は街中にバラが咲いていて、まさに「花の都・パリ」!

120602-02.jpg

さて、今回はちょっとリッチにホテルのサロンドテをご紹介
ずっと行ってみたかった「Le Royal Monceau Raffles Paris(ル・ロワイヤル・モンソー・ラッフルズ・パリ」
ここのサロンドテでアフタヌーンティーセットを頂くことができます。

120602-03.jpg

凱旋門から徒歩5分、1泊なんと950ユーロ(!)の4つ星ホテル。
パリには憧れの有名ホテルがいくつかありますが、宿泊せずともレストランやサロンドテでその雰囲気を楽しむ
ことが出来ます

このホテルは2010年に改装されたばかりで、内装はすべてフィリップ・スタルク氏が手掛けています。

120602-06.jpg

入り口を入って正面がレストラン、右側がサロンドテスペースです。

120602-07.jpg

今回ど~しても、ど~~してもロワイヤル・モンソーのアフタヌーンティーに挑戦してみたかった理由は……

120602-04.jpg

じゃじゃん!
ケーキ、チョコ、マカロン、スコーン、ジャム…すべて「ピエール・エルメ」によるものだからなのです
この写真は二人分で、お値段は一人37ユーロです。

英語メニューもあります。

120602-05.jpg

飲み物は紅茶、コーヒー、ホットチョコレートから選べます。
これから大量のケーキやスコーンを食べることを考えると紅茶かコーヒーにしておくのが妥当なのかもしれませんが…
しかし迷わずホットチョコレートをチョイス
なぜならこれもピエール・エルメ製なのです(紅茶とコーヒーは違います)。
意地でも飲みたいっ(笑)

飲み物というよりソースのように濃厚なホットチョコレート。
ポットでサーブされ、3杯分はありました。

120602-08.jpg

カップも変わっていておしゃれ、このホテルのためにフィリップ・スタルクがデザインしたものだそうです。

120602-09.jpg

3段重ねのアフタヌーンティーと言えば本場イギリスが有名ですが、パリにもこんなに贅沢なアフタヌーンティーが
あったんですね~。
最初から最後までピエール・エルメづくし
ティータイムは3時~6時となっていますが、お昼ご飯を抜いて行っても食べきれないぐらいのボリュームです!

一人分の内容は…
 飲み物
 サンドイッチ5種類(サーモン・ローストビーフ・たまご・きゅうり・ツナ)
 スコーン3つ(プレーン・イスパハン・サティーヌ)
 スコーン用ジャム&クロテッドクリーム
 ケーキ4つ
 マカロン3つ
 チョコ2つ

120602-11.jpg

ケーキやジャムなど、種類は季節によって異なるそうです。
もちろん全部素晴らしいお味でした
ただのきゅうりのサンドイッチがどうしてこんなにおいしいのか…?!
ツナサンドには柚子の風味が隠し味として使われていました。
さすがホテルのサンドイッチおかわりしたいぐらいでした。

120602-13.jpg

ジャムもピエール・エルメ製。
普通のジャムではなく、パッションオレンジのジュレの中にマンゴーのペーストがゴロゴロ入っています。
スコーンにつけても、そのまま食べてもおいしかったです

3時から食べ始めて気がつくと6時前、、、ゆっくり時間をかけて楽しみました
夕飯もほとんどいらないぐらいお腹一杯になりましたが、静かで優雅なホテルの雰囲気も楽しめて、大満足の時間でした。

一応予約してから行きましたが、平日だったせいか席はすいていて地元の方やビジネスマンがちらほら座っていました。
観光客らしき人はゼロでした。
この辺りはビジネス街でもあるので仕事の打ち合わせなどでも使われることが多いようです。
週末はもう少し混むのかもしれません。

120602-12.jpg

ホテルの玄関から凱旋門が見えます。
パリ旅行の際に、何かの記念日に、自分へのご褒美に…とってもおすすめのアフタヌーンティーです




店舗情報

「Le Royal Monceau Raffles Paris(ル・ロワイヤル・モンソー・ラッフルズ・パリ」
住所:37 Avenue Hoche 75008 PARIS


この近くのパリ生活社のアパート(クリックすると詳細が出てきます)

エトワール

Comment

非公開コメント