プロフィール

パリ生活社

「パリ生活社」の現地スタッフは、パリ市内30件以上の短期レンタルアパートの管理、お客様の入居時のご案内等をさせていただいています。

パリ生活社のサイトへは下記をクリック


パリ生活社フェイスブックページ
170319-13.png

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
パリの天気
Click for パリ, France Forecast
パリ生活社のサイトもご参照ください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ご訪問ありがとうございます

洗濯洗剤いろいろ

先週に引き続き、今週もパリは夏らしい日々です
湿気もなく、爽やかな風もありますが、とにかく日差しが強い!!
日焼け対策、日射病対策、必須です。

120812-12.jpg

さて、今日はパリ生活に欠かせない「洗濯洗剤」のご紹介
パリ生活社のアパートには、洗濯機付きの物件も多くあります。
洗濯機があれば、着替えの荷物も少なくてすむので特に夏は便利ですね。

お客様から「パリでどの洗剤を買ったらいいか、よくわからない」や「おすすめの洗濯洗剤は?」という
質問もあり、中には重い洗剤をわざわざ日本から持って来られる方もいらっしゃいます。
今回ご紹介するのは、どのスーパーでも比較的手に入りやすいメジャーなものばかり。
フランスらしい香りも多いので、ぜひ試してみて下さい

120812-01.jpg

↑まずは液体洗剤。
これはマルセイユ石鹸の香り
使い方は日本と同じで、キャップで洗剤をはかって入れるだけ。

120812-02.jpg

↑フランス語がわからなくてもだいたいみんな絵で説明が書かれています。
洗濯機に付いている洗剤ケースに入れてもOK・衣類に直接かけてもOKというタイプです。

120812-03.jpg

↑続いてこちらはジェルタイプ。
日本でもおなじみの「アリエール」です!
爽やかなアルプスの香り…石鹸らしいシンプルな香りです

120812-04.jpg

↑ジェルタイプは濃厚なので、洗剤ケースに入れてはいけません!
直接衣類にかけます。

120812-05.jpg

↑アリエールはこんなオブラートのようなものに包まれた、柔らかいカプセルタイプもあります。
1回ずつに分かれているので使いやすい

120812-06.jpg

↑オブラートは濡れた手で触ったり、開封してはいけません。
そのまま洗濯機の中に放り込めばOKです。

120812-07.jpg

↑タブレットタイプの洗剤もあります。
付属のネットに入れてドラムの中へ。
白いライラックの香り。
固形なので、余ったら日本に持って帰りやすいですね。

120812-08.jpg

↑タブレットをネットにちゃんと入れるのがポイントらしいです。
一度そのまま入れたことがありますが、違いはよくわからなかったような…?
洗顔ネットのような役割なんでしょうか

120812-09.jpg

↑日本では見かけない「黒物衣類専用の洗剤」です
フランス人は黒い服が大好き!なので、黒物洗剤は大人気です。
たしかに黒物は洗濯を繰り返すと白茶けてきますね。
この洗剤はなんと「色あせた黒をよみがえらせる」もので、洗えば洗うほど黒くなっていくものなのです。
なので、白いものと一緒に洗わないように注意

120812-10.jpg

↑黒以外にも、濃い紫や紺色もOKです。
ちなみに中身の洗剤は黒い液体?と思いきや白でした。

120812-11.jpg

↑最後にこちらは柔軟剤。
フランスは硬水なので日本よりも洗濯物はゴワゴワになりやすく、柔軟剤売り場もとっても充実しています
日本でも見かけるかわいいクマの「ファーファ」、フランスでは「Cajomine(カジョリーヌ)」という名前です。
これは「ティアレの花とワイルドベリーの香り」
洗濯物を干すとベリーの甘い香りが部屋中いっぱいに広がります。
乾くとそんなに強い香りではありません。

色々豊富な洗濯洗剤、パリ生活の参考にしてみて下さいね

Comment

非公開コメント